海外の鉄道

海外の鉄道の話題や情報、そして実際に訪れた鉄道の旅行記もアップしています。

【書籍】Today’s railways Europe 2019/1 No.277

Img_092

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2019年1号が届きました。
REGULARS
Headlights
Headline News
Timetable changes, longest Czech tunnel opens, new loco for Eurotunnel.
Light Rail News
Metro and tramway extension in Catania, Kehl, Budapest and Hamburg, new trams for Trino and Erfurt, tram train for Zaragoza?
Mail train
News Round Up
End of non-refurbished Eurostars, Dinant Givet study, Arriva FLIRT banned in Belgium.
Heritage News
Belgian Eurostar preserved, Berliner Military Train planned, railway museum for Romania.
Railtours Diary
Reviews
FEATURES
Heritage lines in Sweden
Phillip Groves suggests a visit to Swedish heritage sites in 2019 and Paul Conlan recounts three visits in 2018.
Testing Thello
David Haydock tries out the night train from Paris to Venezia and is less than impressed.
Rail holiday in 2019
Our annual guide to rail-based holidays.
Where to go, what to see in 2019
David Haydock offers suggestions on major events to see in 2019, plus traction and lines to see before they disappear.
Rail centre: Vilnius
Roland Beier looks at what Lithuania’s capital offers to railway enthusiasts.
<表紙 スウェーデン ヨーデボリ/ストックホルムとデゥヴェットと結ぶ夜行列車>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2019年1月号

Img_091

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2019年1月号No973が手に入りました。
<目次>
NEWS
Trams return to El Paso; Luxembourg to make public transport fare; Keolis named as preferred operator for Odense; Docklands to receive GBP291m to support housing growth; Surrey Mayor rescinds light rail funding; Guangzhou launches six metro projects in EUR12.8bn scheme.
LIGHT RAIL DAY
Geoff Butler rounds up a few of the highlights from the 2018 even in Stockholm.
TRAIN ACROSS BORDERS
Reg Harman considers how Strasbourg and Basel utilize tramways as cross border tools, also looking at Mulhouse’s tram train.
BARRIERS TO UK TRAM PROGRESS
Tim Kendell assesses the barriers to UK light rail development both real and perceived.
NAGASAKI: RISEN FORM RUIN
One of Japan’s great survivors re-equips to cope with urban growth. By Neil Pulling.
SYSTEM FACT FILE: GDANSK
Neil Pulling visits this Baltic city to witness how light rail has growth form a traditional tramway into vital integrated transport.
WORLDWIDE REVIEW
Delhi opens elevated metro; Strasbourg’s Kehi Rathaus extension opens: Sofia orders more Pesa trams; Waterloo- Kitchener inauguration delayed further.
MAILBOX
The importance of the right terminology
CALSSIC TRAMS; THE MER AT 125
Mike Russell concludes his review of the party held for the Manx Electric’s 125th year.

<表紙 ルクセンブルクのLRT>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】運輸と経済2018年12月号

Img_084

運輸と経済の2018年12月号が届きました。

運輸と経済2018/12
<目次>
特集:「一帯一路」をどう読み解くか?
●総説
「一帯一路」をどう読み解くか?
〜モンゴル帝国が築いた「寛容」なユーラシア広域交易圏を振り返りつつ
・・・家田 仁
●論考
習近平政権のグローバル戦略「一帯一路」プロジェクトの行方・・・柯 隆
我が国の海外インフラ輸出戦略と第三国における日中民間経済協力・・・相馬弘尚
Ⅰ.「一帯一路」私はこう読む
●特別インタビュー
「一帯一路」は日本と世界になにをもたらすのか?・・・田中明彦/荻原隆子
大中華圏で捉える「一帯一路」・・・寺島実郎/楽 奕平
●論考
「一帯一路」の論理と性格―経済と安全保障の両面から・・・浅野 亮
政治から読み解く「一帯一路」―パックス・アメリカーナへの挑戦と難題―・・・天児 慧
中国の一帯一路政策と国際収支動向・・・梶尾 懐
「一帯一路」構想とAI IBの役割(2016―18)・・・河合正弘
「一帯一路」は中国国内でどのように受け取られているのか?
―特に西部開発の側面から・・・楽 奕平
Ⅱ。「一帯一路」と交通
一帯一路を国際交通の視点から読み解く・・・柴崎隆一
中国国内の交通・インフラ整備政策の視点から見た「一帯一路」・・・町田一兵
交通経済学の観点から一帯一路を語ることができるのか?
―中国のロジスティック評価―・・・宮下國生
「一帯一路」構想と海運事業
―海運・海洋強国を目指す中国の動き・・・川島 真
一帯一路と海運政策
―中国海運業の現状と課題―・・・松田琢磨
Ⅲ.世界は「一帯一路」をどう見ているのか?
一帯一路の地政学
―一帯一路を歓迎する国と批判する国―・・・石川幸一
「一帯一路」構想とインドーなぜ消極的なのか?・・・脇村孝平
ASEANと一帯一路―小国の連合による「バランス外交」お展開―
・・・勝間田 弘/永田伸吾
インドネシアと「一帯一路」構想―チャイナとリスクのはざまでー・・・川村晃一
イスラムは「一帯一路」をこう見ている・・・宮田 律
ユーラシア経済連合と「結合?」―ロシアの見方―木村 汎
中国の「一帯一路」構想とアフリカ・・・白戸圭一
ヨーロッパは「一帯一路」をこう見ている・・・田中素香
Ⅳ.「一帯一路」をより理解するためにー中国の真の姿を知るー
中国の国土政策―広く多様な国土をいかに開発・管理しようとしているのか・・・林家*
2049年の中国の姿―一帯一路完成後の中国・・・近藤大介
中国の地域経済と世帯所得の外観・・・星野 真
中国の財政制度および政策の動向―現状と課題―・・・内藤二郎
中国政府が一帯一路に専念できるのはなぜか?
―中国市民の党・政府への高信頼の背後にあるものー・・・園田茂人
「新しい段階」に向けて日本企業の対中投資ビジネス戦略とは?・・・服部健治
●「一帯一路」構想の沿線国とAIIBに関するデータ
海外交通事情
2018フランス鉄道改革・・・石川佳代
海外トピックス
訪日客が急増する「国境の島」対馬・・・草深陽太
●次号予告 (2019年1月号)特集「スポーツと交通」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2018/12 No.276

Img_083

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2018年12号が届きました。
<目次>
REGULARS
Headline News
Over 500 escape ICE fire, Genova line reopen after bridge collapse, Ruckhalde tunnel opens, new HSL in Norway, High speed freight in Italy.
Light Rail News
Stader Tramlink wins double Swiss contract, Plzen orders Skoda trams, Antwerpen Line 70 opens, trams for Bolzano.
Mail train
News Round Up
More Eurostar to Amsterdam, Stadler wins High Tatras contract, English Electric shunters return to Netherlands.
Heritage News
Madrid metro centenary, Baldwan works passenger train, steam quits Waldenburgerbahn.
Railtours Diary
Reviews
FEATURES
InnoTrans 2018, Part2
David Haydock give his vote for the best, and worst, passenger trains on show at the Berlin railway trade fair.
The rise and fall of GM diesel locomotive in ex-Yugoslavia, Part 2
Toma Bacic traces the history of former JZ GM EMD classes 663,664,666,644 and 645 diesel locomotives.
Short but scenic
Andrew Thompson describes the short Aigle – Leysin rack line which climbs 6.2km into the mountains above Aigle, near Lac Leman.
<表紙 ドイツ鉄道の147形電気機関車(Traxx P160 AC3)が2階建て客車を牽引している試運転列車>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年12月号

Img_082

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2018年12月号No972が手に入りました。
<目次>
NEWS
Opening in Milwaukee and Adelaide; Paris to retire TFS cars after massive 115tram order; Further delays to Sydney CBD project; More MARTA transit masterplan approved.
UK TRAM TRAIN OPENS FOR SERVICE
Neil Pulling reviews the events of the first day.
EVOLUTION OF THE M5000
More detail on the latest order for Manchester Metrolink’s growing network.
KEEPING PACE IN DUBLIN
TAUT considers the latest developments in the Irish capital and looks to the future.
SENSOTY DESIGN TECHINIQUES
How operators are making use of all five senses to attract and retain passengers.
SYSTEM FACTFILE :ALICANTE
Despite majors, the TRAM light rail service has become an important resource for the Costa Blanca, Neil Pulling pays a visit.
WORLD WIDE REVIEW
Canberra opening delayed until 2019; Sofia secures EU funding for tram modernization; Changchun adds a third light rail line; Liberec waves goodbye to the venerable T2; Bern seeks up to 50 new low floor LRVs; Phuket confirms 2023 LRT opening; Free ride on Tampa’s TECO heritage line.
MAIL BOX
More on short termism and air quality.
CLASSIC TRAMS THE MER AT 125
Mike Russell reviews the preparation for a very special anniversary on the Isle of Man.
<表紙 スペイン・バレンシア州アリカンテのLRT>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【海外の鉄道】海外鉄道研究会/会報PENDELZUG2018/09 No69 ペンテルツーク

Img_079

自分が所属している「海外鉄道研究会」の会報が届きました。

海外鉄道研究会会報/ペンデルツークNo.69 2018/09
<目次>
藻谷浩介氏講演録 中南米の珍しい鉄道
2000年夏・中欧ナロー・2題
2016年5月ポーランド乗り鉄記録帳
百花繚乱 韓国の観光鉄道
この夏 樺太縦走記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2018/11 No.275

Img_070

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2018年11号が届きました。
<目次>
REGULARS
Headlights
Headline News
PESA LINK in service with DB, Austrian high speed line plan, base tunnel project on hold.
Light Rail News
Ostrava renews tram fleet, Koln, Milano and Brussels tram and Barcelona metro networks extended, last year for Bytom’s “Enkas”
Mail train
News Round Up
Eurostar e320 to Marseille, more EU class66s to UK, Italy Slovenia trains restored, Dutch level crossing accident kills four children.
Heritage News
RhB electric loco returns, MAV celebrates 150years, by train to Pithiviers, Bulgaria’s n.g steam loco back in action.
Railtour Diary
Reviews
FEATURES
Bi mode locomotive Wanted in France
David Haydock details the many freight train hauled under the wires in France and recommend a solution.
InnoTrans 2018
Bi modes are this year’s stars
David Haydock visits the Innotrans trade fair in Berlin and looks at the many Bi mode and battery powered train on show
FS Class D.341 60 years on
Marco Cacozza recounts the story of these early Italian diesel locomotives and gives detail of the few that sill exist.

表紙 イノトランス2018に出展されたGmeinderのDE75BB形電気式ディーゼル/バッテリー機関車


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年11月号

Img_071

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2018年11月号No971が手に入りました。
<目次>
NEWS
Achievement and excellence at the Global Light Rail Awards; Two openings in a week grow Wuhan’s metro by over 50km; Honolulu metro project given FTA ultimatum; UK tram train to carry passenger in October; Five shortlisted for Tyne & Wear metro fleet replacement; Liege tramway PPP awarded.
INNOTRANS 2018
Geoff Butler and Simon Johnston round up the highlights -and the gossip – from the world’s largest mobility fiar.
MODERNSING THE SUBWAY
Charles Hoskins explains how the Glasgow Subway is being transformed into a 21st century automated network.
SYSTEM FACT FILE :ZURICH
Neil Pilling explores the recent project and future prospects for a city that continues to invest in high quality urban transport.
WORLD WIDE REVIEW
Confederation line delayed until 2019; Skoda wins in Ostrava and Plzen; Aachen to re-examine tram train plans; Messina’s mayor contemplate tramway closure; DART approves DFW – Plano commuter line; FTA confirms funding for Santa Ana streetcar.
MAIL BOX
CLASSIC TRAMS : STUTGART
Mike Russel covers the 150th celebrations for one of Germany’s oldest tramways.
表紙:グラスゴー地下鉄の無人運転車両


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】藻谷浩介著/世界まちかど地政学 90カ国弾丸旅行記

Img_055

世界90カ国を訪れたという地域エコノミストの藻谷浩介氏が、観光客がいかないマイナー国や地域をピックアップして、藻谷視点でそれぞれの国の状況をレポートしています。乗り物好きという同氏だけに、各国で鉄道なども利用していて、特に第5章では、中国、台湾、韓国のいわゆる新幹線比較をしています。車両のテクニカルな情報などはありませんが、海外の鉄道好きならば読んでおきたい情報がある一冊です。

著者:藻谷浩介
定価:1100円+税
単行本: 276ページ
出版社: 毎日新聞出版 (2018/2/23)
言語: 日本語
ISBN-10: 9784620324999
ISBN-13: 978-4620324999
ASIN: 462032499X
発売日: 2018/2/23
梱包サイズ:  17.4 x 11.8 x 2.4 cm

<目次>
前書き
プロローグ
第1章 “ドイツの北方領土”カリニグラードで考えた
ACT1 ロシアの飛び地までたどり着く
ACT2 無人の公園となっていた旧ケーニスベルク中心部
ACT3 随所に残る第二次世界大戦末期の激線跡
ACT4 “ドイツの北方領土”の今後は?
第2章 求心力と遠心力が織り成す英国、その多様性と業
ACT1 雑踏のダブリンからひと気のないベルファストへ
ACT2 残るテロの傷痕、ブレグジットに揺れる北アイルランド
ACT3 確かにイングランドとは違う、でも英国から離れられないウェールズ
ACT4 独立指向のスコットランド、しかし厳しい地べたの現実
ACT5 EUを取るかインフランドを取るか、スコットランドの現実的選択
ACT6 大陸欧州との対峙でまとまる、自身が多様なモザイクのイングランド
第3章 旧ソ連・コーカサス三カ国“世界史の十字路”の混沌と魅惑
ACT1 アゼルバイジャン カスピ海西岸の複雑国家
ACT2 ソ連崩壊で独立を達成したアゼルバイジャンの、地政学的事情
ACT3 火と油の国アゼルバイジャンから、水と緑の国を想う
ACT4 有志依頼の白人国家としては最東端 侵略者より後まで生き残ったジョージア
ACT5 貧しいジョージア、だか今こそ完全独立を謳歌
ACT6 四十二度の硫黄泉に浸かって考えた、多民族国家ジョージアの平和戦略?
ACT7 アルメニアの首都エレヴァン 深夜の空港で警官に取り囲まれる
ACT8 アルメニア 観光客もいないのに、ひたすら綺麗な街並みと住人
ACT9 アララト山のように孤高?孤立するアルメニア
藻谷さんに聞く「私の旅の極意」
第4章 スリランカとミャンマーを巻き込む、インド対中国の地政学
ACT1 一度もインドに支配されなかった、もうひとつのインド
ACT2 スリランカで出くわした、中国「一帯一路」の現場
ACT3 急発展のミャンマー 昭和と中世と二十一世紀が共存
ACT4 インドと中国の挟間にある、ミャンマーのリスクとチャンス
第5章 台湾・韓国・中国の高速鉄道乗り比べ
ACT1 機能的で気軽 日本の新幹線と同感覚の台湾高鐵
ACT2 “岐阜羽島状態”の駅の連続に、台湾高鐵の線路設計の問題を見る
ACT3 欧州方式の採用で、在来線に融通無碍に直通する韓国KTX
ACT4 ソウル一極集中を加速させる、韓国KTXの線路設計
ACT5 個性は無用、高頻度・大量輸送に徹する中国高速鉄道
第6章 南北米州の隅っこから、二十一世紀の地球が見える
ACT1 典型的な米国の地方都市に戻った、かつての航空拠点・アンカレッジ
ACT2 アンカレッジ 大自然に何重にも包み込まれた、小さな人工空間
ACT3 パナマの地形の妙 南アメリカに人類を呼び込み、その後裔のインカ帝国を滅ぼす
ACT4 パナマ運河 富を生み出すこの要衝を守る軍隊はない
ACT5 ひょんなことから訪れた天空都市“ボリヴィアの首都ラパス”
ACT6 毎日が高地トレーニング“登山都市”ラパスに出来たロープウェイからの絶景
ACT7 ボリヴィアの擁する“二十一世紀の戦略的地下資源”は恵みか災いか?
自著解説 二十一世紀の「ソフトパワーの地政学」とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】日本と世界の長距離列車

Img_052

新書サイズの本で、タイトルの通り世界と日本の長距離列車を紹介しています。乗車記をメインにしたルポが並ぶものではなく、ここにはこういう列車があるという情報提供ベースの構成なので、海外の鉄道に興味がある人には参考情報になりえます。但し、日本については既に長距離列車が壊滅状態であるために過去の情報が多くなっています。世界の列車も中国の情報と欧州情報が多く、次いでアメリカ大陸。アジアもベトナム統一鉄道やマレー鉄道がエントリーしてもよさそうですが、紹介はありませんでした。アフリカもほとんどなく、オーストラリアにいたっては皆無で紹介される地域に偏りがあるかもしれません。それでも世界にはこんな長距離列車や鉄道があることを発見させてくれました。情報元としては充分楽しめました。

監修:土屋武之
定価:800円+税
新書: 224ページ
出版社: 実業之日本社; 全書版 (2016/9/16)
言語: 日本語
ISBN-10: 4408112003
ISBN-13: 978-4408112008
発売日: 2016/9/16
梱包サイズ:  17.6 x 11.6 x 1.2 cm

<目次>
国内も国外も!長距離列車の魅力4
列車で行こう!長い長い鉄道旅は楽しい
<長距離列車乗車ルポ①>日が暮れない白夜の北極圏をゆくスカンジナビアの「夜行」列車
PART1 距離とシチュエーションにびっくり!世界の長距離列車
◆世界最長!9000kmを走り続けるシベリア鉄道「ロシア号」の旅
◆標高5000mの高原列車!天上の大地を駆け抜ける青蔵鉄道
◆始発と終着の温度差は30度!中国の3000km超南北縦列車
◆国境で台車の交換が見られる!中国とカザフスタンを結ぶ国際列車
◆大山脈と大砂漠を走る!2階建てのシルクロードトレイン
◆20年で所要時間を半分に短縮!進化する「シルクロード特快」
◆歴史と伝統を乗せて走るカナダの象徴・カナディアン号
◆アメリカの雄大な景色が全部入り!「カルフォルニア・ゼファー」
◆13時間かけて大自然の中を走る「各駅停車」!?インランスバーナン
◆窓ガラスが投石で割れた!イランとトルコを結ぶ国際列車
<長距離列車ルポ②車中2泊!中国大陸を横断する「普通」の長距離列車に乗る
PART2 意外?やっぱり?日本の長距離列車
◆蒸気機関車から新幹線まで。日本の長距離列車の変遷
◆1日でどこまで行ける?乗り継ぎで日本の広さを体感
◆最長距離から短距離まで。日本の鉄道の各駅停車いろいろ
◆山手線は1日何周している?列車番号が決める「1本の列車」
◆平成の長距離列車の伝説を築いた札幌行きの豪華寝台特急たち
◆日本の現役「最長距離」列車は福岡~札幌間を毎日走破している
◆昨日発車した列車がまだ走っている!24時間365日走り続けた寝台列車
◆到着はなんと明後日!二晩走り続ける列車があった
◆2泊3日夜行は急行にもあった!その末裔はあの水戸岡デザイン列車
◆本州を縦断&横断!史上最大の特急列車「白鳥」
◆利用者の声で廃止を撤回!東海道を走り続ける「大垣夜行」
◆100年前の東京駅ではパリ行きの乗車券が買えた!
◆今あったら人気沸騰間違いなし?消えた幻の長距離列車たち
PART3いろいろあるぞ!世界の長距離列車おもしろ話
◆全長約2万km!驚異的なスピードで整備が進む中国の新幹線
◆中国で実現した「幻の寝台新幹線」夜の運行が実現できたのはなぜ?
◆パソコンのデータもチェックする!?国際列車のきびしい越境手続き
◆船に乗って距離を伸ばす!中国・海南島行きの列車
◆中国では長距離列車が増加傾向。その原因は運賃の安さ!?
◆飛行機だけが理由じゃない?中央アジアで長距離列車が衰退した理由
◆発車したらすぐ終着!?世界で最も「短い」鉄道は?
◆食堂車よりもカップラーメン?中国長距離列車の食事事情
◆長距離列車の切符はどこで買う?窓口でも丹後の羅列で切符は買える!
◆スイスの都市間特急では走る「スタバ」が存在する!?
◆スペインでグランクラスに乗ろう!小さい車体の「走るホテル」タルゴ
◆「超満員列車」だけじゃない!インドは世界の鉄道大国だ
◆まるで「陸を走るカーフェリー」!?スイスの峠越えカートレイン
◆ナイル川をさがのぼるエジプトの古代ロマン寝台列車
◆ジャングルと茶畑を縫って走るスリランカのクラシック展望さy
◆分断国家の悲しい現実から生まれた韓国の「レイルクルーズ・ヘラン」
◆悲劇の泰緬鉄道は観光路線に。戦争の歴史を背負うナムトック線
◆現代に蘇ったオリエント急行。バブル時代には夢の来日も実現
◆新幹線や特急「かもめ」も!?台湾を走る日本の電車
◆車両をつないだ長さは2km以上!想像を絶する「マイルトレイン」
◆バスタブで入浴可能!世界に三つだけの列車
<長距離列車乗車ルポ③懐かしの「あさかぜ」用寝台車が今も活躍。チェンマイ~バンコク14列車
主要参考文献
執筆者一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧