書籍

読んでみて面白かった書籍・雑誌を紹介

【書籍】鉄道建築ニュース2018年12月号(No829)

Img_085_2

鉄道建築協会の会報、鉄道建築ニュース2018年11月号が届きました。
<目次>
◆特集
▪️浜松工場建替(その2)
◆ステーション・開発
▪️山田線宮古駅構内避難通路新設
▪️釜石駅旅客上家8号新築
▪️熊谷駅新幹線コンコーストイレ改修
▪️羽越本線中条駅橋上化・東西自由通路
▪️日豊本線延岡駅リニューアル・自由通路施設他
▪️2020東京オリンピック・パラリンピックに伴う駅舎改良
◆技術・ノンセクション
▪️鉄道建築語り部
◆すまい
▪️jr千葉総合ビル新築
▪️横浜総合事務所新築
◆駅舎ニュース・ミニニュース
◆協会催事






| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】運輸と経済2018年12月号

Img_084

運輸と経済の2018年12月号が届きました。

運輸と経済2018/12
<目次>
特集:「一帯一路」をどう読み解くか?
●総説
「一帯一路」をどう読み解くか?
〜モンゴル帝国が築いた「寛容」なユーラシア広域交易圏を振り返りつつ
・・・家田 仁
●論考
習近平政権のグローバル戦略「一帯一路」プロジェクトの行方・・・柯 隆
我が国の海外インフラ輸出戦略と第三国における日中民間経済協力・・・相馬弘尚
Ⅰ.「一帯一路」私はこう読む
●特別インタビュー
「一帯一路」は日本と世界になにをもたらすのか?・・・田中明彦/荻原隆子
大中華圏で捉える「一帯一路」・・・寺島実郎/楽 奕平
●論考
「一帯一路」の論理と性格―経済と安全保障の両面から・・・浅野 亮
政治から読み解く「一帯一路」―パックス・アメリカーナへの挑戦と難題―・・・天児 慧
中国の一帯一路政策と国際収支動向・・・梶尾 懐
「一帯一路」構想とAI IBの役割(2016―18)・・・河合正弘
「一帯一路」は中国国内でどのように受け取られているのか?
―特に西部開発の側面から・・・楽 奕平
Ⅱ。「一帯一路」と交通
一帯一路を国際交通の視点から読み解く・・・柴崎隆一
中国国内の交通・インフラ整備政策の視点から見た「一帯一路」・・・町田一兵
交通経済学の観点から一帯一路を語ることができるのか?
―中国のロジスティック評価―・・・宮下國生
「一帯一路」構想と海運事業
―海運・海洋強国を目指す中国の動き・・・川島 真
一帯一路と海運政策
―中国海運業の現状と課題―・・・松田琢磨
Ⅲ.世界は「一帯一路」をどう見ているのか?
一帯一路の地政学
―一帯一路を歓迎する国と批判する国―・・・石川幸一
「一帯一路」構想とインドーなぜ消極的なのか?・・・脇村孝平
ASEANと一帯一路―小国の連合による「バランス外交」お展開―
・・・勝間田 弘/永田伸吾
インドネシアと「一帯一路」構想―チャイナとリスクのはざまでー・・・川村晃一
イスラムは「一帯一路」をこう見ている・・・宮田 律
ユーラシア経済連合と「結合?」―ロシアの見方―木村 汎
中国の「一帯一路」構想とアフリカ・・・白戸圭一
ヨーロッパは「一帯一路」をこう見ている・・・田中素香
Ⅳ.「一帯一路」をより理解するためにー中国の真の姿を知るー
中国の国土政策―広く多様な国土をいかに開発・管理しようとしているのか・・・林家*
2049年の中国の姿―一帯一路完成後の中国・・・近藤大介
中国の地域経済と世帯所得の外観・・・星野 真
中国の財政制度および政策の動向―現状と課題―・・・内藤二郎
中国政府が一帯一路に専念できるのはなぜか?
―中国市民の党・政府への高信頼の背後にあるものー・・・園田茂人
「新しい段階」に向けて日本企業の対中投資ビジネス戦略とは?・・・服部健治
●「一帯一路」構想の沿線国とAIIBに関するデータ
海外交通事情
2018フランス鉄道改革・・・石川佳代
海外トピックス
訪日客が急増する「国境の島」対馬・・・草深陽太
●次号予告 (2019年1月号)特集「スポーツと交通」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年12月号

Img_082

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2018年12月号No972が手に入りました。
<目次>
NEWS
Opening in Milwaukee and Adelaide; Paris to retire TFS cars after massive 115tram order; Further delays to Sydney CBD project; More MARTA transit masterplan approved.
UK TRAM TRAIN OPENS FOR SERVICE
Neil Pulling reviews the events of the first day.
EVOLUTION OF THE M5000
More detail on the latest order for Manchester Metrolink’s growing network.
KEEPING PACE IN DUBLIN
TAUT considers the latest developments in the Irish capital and looks to the future.
SENSOTY DESIGN TECHINIQUES
How operators are making use of all five senses to attract and retain passengers.
SYSTEM FACTFILE :ALICANTE
Despite majors, the TRAM light rail service has become an important resource for the Costa Blanca, Neil Pulling pays a visit.
WORLD WIDE REVIEW
Canberra opening delayed until 2019; Sofia secures EU funding for tram modernization; Changchun adds a third light rail line; Liberec waves goodbye to the venerable T2; Bern seeks up to 50 new low floor LRVs; Phuket confirms 2023 LRT opening; Free ride on Tampa’s TECO heritage line.
MAIL BOX
More on short termism and air quality.
CLASSIC TRAMS THE MER AT 125
Mike Russell reviews the preparation for a very special anniversary on the Isle of Man.
<表紙 スペイン・バレンシア州アリカンテのLRT>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】鉄道建築ニュース2018年11月号(No828)

Img_078_2

鉄道建築協会の会報、鉄道建築ニュース2018年11月号が届きました。
<目次>
鉄道建築ニュース
◆特集
■広島都市圏における鉄道ネットワークの持続的発展と周辺地域の活性化に向けた取り組み
◆ステーション・開発
■新潟駅付近高架化1期
■花輪線大更駅本屋・東西自由通路新築
■千葉駅改良・駅ビル建替え
◆すまい
■事業所内保育所整備
■JR山手線池袋特別高圧配電所新設
◆技術・ノンセクション
■鉄道建築語り部
◆インターアラン
■2017年ワトフォード会議 施設報告1
◆駅舎ニュース・ミニニュース
◆協会催事・お知らせ
■国際委員会 講演会のお知らせ
■協会だより





| | コメント (0) | トラックバック (0)

【海外の鉄道】海外鉄道研究会/会報PENDELZUG2018/09 No69 ペンテルツーク

Img_079

自分が所属している「海外鉄道研究会」の会報が届きました。

海外鉄道研究会会報/ペンデルツークNo.69 2018/09
<目次>
藻谷浩介氏講演録 中南米の珍しい鉄道
2000年夏・中欧ナロー・2題
2016年5月ポーランド乗り鉄記録帳
百花繚乱 韓国の観光鉄道
この夏 樺太縦走記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】運輸と経済2018年11月号

Img_077_2

運輸と経済の2018年11月号が届きました。

運輸と経済2018/11
<目次>
特集:港湾の中長期政策「PORT 2030」
●特集の趣旨
「PORT 2030」と港湾政策/加藤一誠
Ⅰ.総論
●論稿
 日本の港湾政策―150年のあゆみと展望―/黒田勝彦
●インタビュー
 港湾の中長期政策「PORT2030」の歴史的位置づけと期待/菊池身智雄/加藤一誠
●座談会
 立体的な視点で見た日本の港湾の未来/上村多恵子/小林潔司/瀬野恵三/加藤一誠
●論稿
 未来の港湾が果たす役割/下司弘之
 港湾の中長期政策「PORT2030」のポイント/国土交通省港湾局計画課企画室
 内航海運政策と港湾の中長期政策~
「内航未来創造プラン」と「PORT2030」の関連付けの試み/手塚広一郎
Ⅱ.日本の港湾に影響を与える世界の変化
 スエズ運河とパナマ運河の拡張とグローバル・ロジスティクス・ネットワークへの影響
 /柴崎隆一
 北極海航路の利活用と新たな展開/大塚夏彦
Ⅲ.港湾中長期政策「PORT2030」の取組
 Ⅲ-1.列島をつなぎ、開く港湾【Connected Port】
 ●論稿
 北海道における農水産品の輸出戦略について―北海道国際流通機構の取組―/鳥取義之
 最先端反動ベンチャーの世界戦略と港湾事業連携について/赤星 治
 自律化船実用化に向けた動きと期待/平山明仁
 「Intelligent Logistics」による物流イノベーション/宮田啓友
 トラック隊列走行における各国の取り組みと港湾物流の導入
  /奥野 潤/永久保太一/児玉雄一郎
 Ⅲ-2.新たな価値を創造する空間【Premium Port】
●論稿
 港湾の新たな空間的価値を創造する取り組み/山縣宣彦
 クルーズ市場のこれからの10年-世界市場と日本/市川紗恵
 長崎港におけるクルーズ振興と高質な空間形成/野口順平
 鹿児島港におけるクルーズ振興/古土井 健
 地域の潜在的価値を掘り起こし、活かす京都舞鶴港/酒井敦史
 横浜港における港のスマート化と環境負荷の低減/横浜市港湾局政策調整課
 Ⅲ-3 第4次産業解明を先導するプラットフォーム【Smart Port】
 ●論稿
 情報化が開く港湾の可能性/神成淳司
 世界のコンテナターミナルにおける自動化の動向/篠原正治
 i-Constructionのさらなる進化と生産性向上/野口哲史
海外交通事情
 フランスにおける鉄道の運営手法―地域圏鉄道輸送の現状と課題―/黒崎文雄
海外トピックス
 ドイツ鉄道によるMaaS/土井まりこ
●次号予告(2018年12月号)特集;「『一帯一路』をどう読み解くか?」





| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】池口英司・梅原淳/国鉄形車両 事故の謎とゆくえ

Img_075

鉄道事故に関連した、鉄道システム、車両構造や鉄道事故史の解説というものではなく、概ね戦後から国鉄最後の年となる昭和62年までの間で、国鉄形でも名車といわれる車両について、車両が起こした事故やトラブル、エピソードなどを絡めながら紹介しています。あくまでも鉄道ファン向けの書籍であるために、分かりやすい内容・仕上げとなっています。テーマは「事故」という重いものではありますが、鉄道趣味人でもその車両の、そのくらい出来事は知っておいた方が良い情報ばかりなので、一読する価値があります。

著者:池口英司/梅原 淳
定価:1600円+税
単行本: 229ページ
出版社: 東京堂出版 (2005/09)
ISBN-10: 4490205635
ISBN-13: 978-4490205633
発売日: 2005/09
梱包サイズ:  18.6 x 12.8 x 1.8 cm

<目次>
第一章 機関車
001 9600形蒸気機関車
   国鉄最後の貨物列車を牽引したSLが一瞬のうちに
002 C57蒸気機関車
   波乱万丈の生涯を送り、いまも山口線を走る
003 EF58形電気機関車
   登場時は不安定だったが、後にお召列車を牽引する電気機関車となる
004 EF63形電気機関車
   国鉄の最急勾配で起こった脱線・転落事故
005 DD51形ディーゼル機関車
   名古屋駅で14系寝台客車と衝突
006 DD54形ディーゼル機関車
   西ドイツの最新技術を擁した機関車だったが、日本では
第2章 電車
007 0系新幹線電車
   3216両も製造されながら、事故による廃車は1両もない
008 151系特急形電車
   踏切事故で改造が繰り返されたボンネット形特急車両
009 485系特急形電車
   特急形車両の定番、冬の北海道には勝てなかった
010 583系特急形電車
   昼も夜も全国を走った交直流電車
011 165系・169系急行形電車
   2扉をラッシュ時に使ったために起きた暴動
012 63系・73系通勤形電車
   戦後の復興の主役だが、1両も保存されていない
013 101系通勤形電車
   「魔のカーブ」で事故に巻き込まれる
014 103系通勤形電車
   最も多くつくられた車両は、最も事故に遭う確率の低い車両でもあった
第3章 気動車・客車・貨車
015 キハ81形特急形気動車
   非電化区間に初めて投入された特急形気動車
016 キハ181系特急形気動車
   大出力エンジンを搭載して急勾配に挑んだが
017 キハユニ25/キニ28形荷物気動車
018 オシ17形食堂車(客車)
   北陸トンネル火災事故で活躍の場が一気に消滅する
019 14系客車「みやび」
   餘部鉄橋から転落したジョイフルトレイン
020 オヤ31形建築限界測定車(客車)
   その特殊な構造が感電事故を招く
021 ワラ1形有蓋貨車
   事故を機に貨車も生まれ変わっていた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】とろりい・らいんず2018/10 No280

Img_074

日本路面電車同好会の会報「とろりい・らいんず」2018年10月号が届きました。

<目次>
札幌市電トピックス 2018-10
宇都宮ライトレール、ついに着工
Information 阪堺電車
長崎電気軌道の近況2016-2018
三都市電車チョイ乗り記 私の備忘録(6)
ニースのトラム2018夏 トラム1号線
2018GW そうだ、四国に行こうⅡ NO.02
電車の見えるそば屋さん
希望有る年へ向かって!2
蔵出し写真館
クラブだより


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】見に行ける 西洋建築歴史さんぽ

Img_072

日本各地に残る幕末以降の西洋建築(洋館)をカラー写真で紹介している本で、基本的に公開されているもののみが掲載されています。地域別ではなく、幕末から概ね第二次世界大戦の前までに建築された歴史区分で構成。本屋で見つけた時は、駅舎建築がたくさん登場するものかと期待して手に取った本でしたが、鉄道関係は「旧大社駅」のみがエントリー。この駅舎、曰く、純和風に見えるもののトラス構造など西洋技術を使っているとか。駅舎はほとんどありませんでしたが、全国の西洋建築が紙面で一堂に会しているので、旅先の観光下調べなどにも使えそうな一冊です。

文:玉手義朗
写真:増田彰久
定価:1700円+税
単行本: 224ページ
出版社: 世界文化社 (2017/4/4)
言語: 日本語
ISBN-10: 9784418172146
ISBN-13: 978-4418172146
ASIN: 4418172149
発売日: 2017/4/4
梱包サイズ:  21.2 x 15 x 1.8 cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2018/11 No.275

Img_070

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2018年11号が届きました。
<目次>
REGULARS
Headlights
Headline News
PESA LINK in service with DB, Austrian high speed line plan, base tunnel project on hold.
Light Rail News
Ostrava renews tram fleet, Koln, Milano and Brussels tram and Barcelona metro networks extended, last year for Bytom’s “Enkas”
Mail train
News Round Up
Eurostar e320 to Marseille, more EU class66s to UK, Italy Slovenia trains restored, Dutch level crossing accident kills four children.
Heritage News
RhB electric loco returns, MAV celebrates 150years, by train to Pithiviers, Bulgaria’s n.g steam loco back in action.
Railtour Diary
Reviews
FEATURES
Bi mode locomotive Wanted in France
David Haydock details the many freight train hauled under the wires in France and recommend a solution.
InnoTrans 2018
Bi modes are this year’s stars
David Haydock visits the Innotrans trade fair in Berlin and looks at the many Bi mode and battery powered train on show
FS Class D.341 60 years on
Marco Cacozza recounts the story of these early Italian diesel locomotives and gives detail of the few that sill exist.

表紙 イノトランス2018に出展されたGmeinderのDE75BB形電気式ディーゼル/バッテリー機関車


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧