自転車

毎日乗っているせいか逆に話題薄なのですが、なぜかアクセス数が多いコーナー

【自転車】胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20

国道290号 新潟県道272号

<実施日>R01.5.25(土曜)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>信越本線・新潟駅(有人・売店あり)
<終点>道の駅せきかわ(自販機あり)
<距離>69.3km(新潟駅8:15dp道の駅せきかわ12:15av)

R1.5.25 午前中時間がありましたので、追い風に乗って関川村まで走ることにしました。新潟市から新発田にかけては道を探りながら走りました。新発田からは国道290号線、その先から途中、脇道で胎内へ。胎内からは県道494号で一山超えて大石川に沿って下関まで走りました。今日は、70キロで午前中だけちょうど心地よいツーリングでした。道の駅せきかわで、友達の車にピックアップされて温泉に使ってから戻りました。

胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20
▲阿賀野川を渡って、道を探りながら新発田方面へ

胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20
▲田んぼ道で新発田方面へ

胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20
▲国道7号脇の菊水の酒蔵

胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20
▲国道290号から脇で胎内リゾートを目指す

胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20
▲胎内から関川村へは大石川に沿って下り

胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20
▲大石川の橋の上のバス停

胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20
▲道の駅せきかわで本日終了です

 

| | コメント (0)

【自転車】鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20

国道7号 山形県道210号  秋田県道131号

<実施日>R01.5.19(日曜)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>羽越本線・羽後本荘駅(有人・自販機あり)
<終点>羽越本線・象潟駅(有人・自販機あり)
<距離>90.1km(羽後本荘駅6:30dp象潟駅13:50av)

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲朝6:30羽後本荘駅前をスタートして鳥海山グリーンラインの入り口・吹浦へ向かいます


R1.5.19 鳥海山の8合目(1150m)まで行く鳥海ブルーラインのヒルクライムにチャレンジしました。鳥海ブルーラインは、秋田側が県道131号、山形側が210号と番号がかわりますが、象潟と吹浦を鳥海山経由で結ぶ1本道です。本荘―仁賀保―鳥海山―吹浦―酒田と素直に秋田側から登りたいところですが、ものすごくキツイようなので、距離はかなりながくなりますが、本荘―象潟―吹浦―鳥海山―象潟とし、山形側から登ることにしました。

本荘から吹浦までは基本的に国道7号で海岸線に沿って南下することになりますが、脇道や旧道でなるべく国道を避けます。それでも県境付近となる象潟から女鹿まではう回路がなく国道を走りました。この区間はちょうど高速道路が切れている区間ですが、日曜日の午前中の早いこともあり車は少なめ。女鹿からは旧7号線となる国道345号を走り吹浦へ。

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲象潟付近の国道からは正面に鳥海山。あそこまで登るんだぁ

観光地・十六羅漢岩が見えてくるといよいよ鳥海山ブルーラインの入り口です。海岸線からのスタートなので、海抜数メートルからピークの1150mを目指すことになります。山裾が広い山だけに最初は緩やかな勾配でスタートしますが、これがいつまでも続く訳ではありません。最後の集落を過ぎて標高150mぐらいから坂がキツクなってきました。ところどこで、10%超えの坂もでますが、大部分はヒトけた勾配。本日は、真夏並みの気温まであがるということなので、小まめに休憩して岩塩をなめたりしました。

標高700mぐらいから大平山荘までは連続つづら折り区間となります。この当たりまで来ると、ところどころで眺望が広がり眼下に吹浦や日本海が見え、道路の脇には残雪も目立ってきました。この坂を登り切って、大平山荘で休憩をし、自販機で水分補給です。この間にロードの方2台が休むこともなく力強く登っていきました。すごいです。ここまでで標高1000mですから、あともう少しです。

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲吹浦付近の海岸線

山荘からしばらく登ると秋田・山形県境の案内板。ここを境に道が下っているので、登り切ったと勝手に喜んで記念写真を撮ったものの、その先にまた登り坂がありました。このあたりまで来ると雪がたくさん残っていて、スキーをやっている人を多く見かけます。そのせいか、路上駐車も目立ちます。いよいよ、鉾立山荘の建物が見えてきて、間違いなく1150mに到着です。天気も良いせいか沢山の観光客がいて、展望台から風景を楽しんでいます。山形側から登ったものの約20kmで標高差1150mを登ったので、けっこうお疲れモード。芝生で30分ほど昼寝することにしました。

鉾立山荘からは、下るだけですが、山岳パトロールの方から「気温が高いので、熱中症に注意してください」とお声がけをもらいました。激しい下りつづら折りが続きますが、日本海と山裾の雄大な景色を見ながら走ります。象潟ICの手前まで下り坂でほぼ漕ぐことはなく、ブレーキングだけで30分で降りてきました。途中で振り返ると、鳥海山全体が見渡せ、さっきまであそこにいて、あのルートを下ってきたなということが分かります。

そのまま国道7号に出て、象潟駅近くにある「道の駅 象潟 ねむの丘」で風呂に入ってから象潟駅で終了です。今回は泊ツーリングで荷物が多かったので、ヒルクライムは少々心配したのですが、なんとかピークまで行くことができました。登っているときはかなりツラかったのですが、ピークからの眺望を見ると不思議と「登ってよかったな」という達成感が沸いてきます。鳥海山グリーンラインは、ピーク付近に大平山荘や鉾立山荘があり、飲み物調達が可能なので、登りごたえのある、安心ルートでもあります。

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲いよいよ鳥海山グリーンラインへ

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲山へ向かう道での最後の集落。この先は勾配がキツクなります

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲つづら折り区間までくると見晴らしがよくなります

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲大平山荘で休憩。あと少し

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲ピークと間違えた県境。ピークのもっと先です

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲ピーク付近は大量の残雪。スキーヤーもたくさんいました

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲本日の最高視点1150mに到達

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲雄大な景色が広がります

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲象潟に向かって一気にくだります

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲鉾立駐車場から30分で里についてしまいました

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲無事に象潟駅に到着。道の駅の風呂へ

 

| | コメント (0)

【自転車】由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20

秋田県道32号 287

<実施日>R01.5.18(土曜)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>由利高原鉄道・矢島駅(有人・売店あり)
<終点>羽越本線・羽後本荘駅(有人・自販機あり)
<距離>32.6km(矢島駅12:00dp羽後本荘駅16:15av)

R1.5.18 新潟から酒田・由利高原鉄道方面への格安きっぷである「きらきら日本海パス」(2570円)を使って輪行に出かけました。羽越本線から由利高原鉄道に乗り継ぎ、矢島駅からツーリングをスタートします。

本日の終点は宿を取っている羽後本荘駅。由利高原鉄道沿線・子吉川に沿って走ると緩やかな下りで、距離も短いのですが、それではあまり面白くありません。矢島から県道32号58号で鳥海山麓へと登ります。途中、道路工事で町道へ迂回となりましたが、これが激坂。う回路でせっかく登ったのに、激下り坂で元の県道に戻るのはもったいないので、そのまま町道で鳥海グリーンラインに出ました。

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲売店のまつ子さんとおしゃべりをしてから出発です

グリーンラインまでくると鳥海山がとても近くみえます。途中、鳥海高原花立牧場公園で休憩して、ここからは下りとなります。途中、周回サイクリングコースもある大谷地池から県道287号に入り鮎川に沿って降り、途中、「鳥海山 木のおもちゃ美術館」に立ち寄って見学しました。古い小学校を利用した施設ですが、たくさんおお客さんと明るいスタッフがいて、活気があります。今後はこの地区の観光地のひとつになりそうです。

美術館を後にして、関連施設がある鮎川駅まで来ました。時刻表を見ると数分後には自転車をそのまま列車に積み込める羽後本荘行きがやってきます。乗るか撮るか迷いましたが、体験ということで自転車ごと乗ることにしました。由利高原鉄道のサイクルトレインは、羽後本荘駅が取扱い駅になっていないので、その手前の薬師堂まで。所要は10分足らずですが、そのまま乗せることができるのはとても便利です。薬師堂駅で下車し、10分ほど走った市内中心部にある「鶴舞温泉」で汗を流してから駅前のホテルに向かい終了です。

本日は午後から30kmちょっとのツーリングでしたが、鳥海山もきれいに見えて楽しいポタリングでした。いよいよ明日は鳥海山ヒルクライムです。

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲矢島から県道32号で鳥海グリーンラインへ

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲う回路の市道は野生動物もでてきます

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲途中、だいぶ道があれていましたが、なんとか抜けることができました

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲鳥海グリーンラインへ

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲鳥海山が近くに見えます

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲県道287号で鮎川へ

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲途中、天然ガス田もありました

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲鳥海山おもちゃ美術館を見学

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲鮎川駅から薬師堂駅まではサイクルトレイン体験

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲由利高原鉄道サイクルトレインの様子

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲薬師堂駅から鶴舞温泉まで自転車で10分

由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20
▲まもなく取り壊される羽後本荘駅で終了です

| | コメント (0)

【自転車】新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20

新潟県道2号_1 国道402号 国道352号 008
新潟県道129号 久比岐自転車道

<実施日>R01.5.12(日)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>信越本線・新潟駅(有人・売店あり)
<終点>えちごトキめき鉄道・名立駅(無人)
<距離>146.1km(新潟駅5:45dp名立駅15:20av)

R1.5.12 GW明けの日曜日、天気予報は晴れ、風は北寄りということで、追い風を利用して、新潟を起点に日本海に沿って南下することにしました。新潟市街地を抜けて県道2号で弥彦山のふもとをかすめて寺泊へ。そこから先は、国道402号の日本海沿いルートです。ただし、海沿い走れるのは柏崎原発の手前まで、その先は、原発を迂回するように丘陵地を越えて柏崎市内へアプロ―チします。

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲新潟市内は自転車レーンを明記した道路が多い

柏崎の先からも海沿いを走りますが国道8号で南下することになります。自動車で走ると海が見える景勝ルートですが、一桁国道だけに交通量も激しく、大型車も多いので、自転車にとっては快適ではありません。アップダウンがあっても旧道を探してなるべく国道を避けましたが、米山の手前のトンネルから柿崎まではう回路がなく、しぶしぶ国道を走りました。

柿崎から先は、国道を離れ平行する県道129号で直江津方面へと抜けることができます。この県道は、海に近いものの沿道には集落が続いていて、海岸線を見ることはできませんが、交通量が少ないので、自転車向き。直江津港で小休止し、水族館の脇を抜けて海岸線を進み、いよいよ直江津と糸魚川を結ぶ「久比岐自転車道」へと入ります。本日だいぶ距離を走りましたが、海を見ながら自分ペースで走る事ができるのは快適で、このまま糸魚川まで走ろうとも思ったのですが、名立を過ぎると温泉がないので、今回は名立でやめることにしました。

時刻表を見ると列車の時間まではだいぶあるので、「道の駅うみてらす名立」でゆっくりと風呂に入ってから、名立駅へ向かい終了としました。本日、距離はありましたが、一部で、アップダウンがあるだけで、ほとんどはフラットなので、意外に走りやすいルートでした。

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲弥彦神社の脇を抜けて行きます

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲国道402号で日本海沿いに進む

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲出雲崎の旧油田施設を見る

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲柏崎ー柿崎間では旧道を走る

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲旧道を走りながら国道8号のアーチ橋を見上げる

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲直江津港で小休止

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲直江津からは久比岐自転車へ

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲海を見ながら気持ちよく走ります

新潟・名立 日本海ツーリングby DAHON DASH X20
▲「道の駅 うみてらす名立」で風呂へ


▲えちごトキめき鉄道・名立駅から帰路につきます

 

| | コメント (0)

【自転車】「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20

国道290号 新潟県道273号 新潟県道207号

<実施日>R1.5.3(祝)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>道の駅・せきかわ(新潟県関川村)
<終点>道の駅・せきあわ(新潟県関川村)
<距離>64.6km(せきかわ10:00dpせきかわ13:05av)

「道の駅せきかわ」をベースに、関川―村上―荒川と周回ツーリングをしますが、関川から村上へ国道290号を使って走るのは芸がないので、少し遠回りに県道273号で藤沢川を遡って峠を越えて、門前川に沿って県道207号で海(村上)まで下り、さらに荒川を遡って戻ってくるルートとしました。

県道273号、県道207号ともにほとんど交通量のない中山間地域の道でした。荒川河口からは堤防を遡りましたが、ほぼフラットで、速度を上げることができます。起点の「道の駅せきかわ」に戻ってきましたが、このあたりは温泉が複数あるので、今回は激安公衆浴場の湯沢温泉につかりました。峠あり、海あり、川あり、そして最後は温泉と60km強のツーリングでしたが、満足度の高いルートでした。

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲道の駅せきかわの脇の河原には、菜の花畑

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲国道290号から県道273号へ

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲しばらく藤沢川を遡ります

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲県道273号の峠。名前はないようです

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲門前川に沿って下る県道207号。狭隘道路です

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲瀬波温泉の海岸

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲荒川の堤防に沿って遡りますが、ほとんどフラット

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲堰の上にある磐梯朝日大橋で荒川を渡る

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲荒川の堤防で「道の駅せきかわ」へ

「道の駅せきかわ」起点・周回ツーリングby DAHON DASH X20
▲「道の駅せきかわ」に到着。風呂へ行きます

 

| | コメント (0)

【自転車】弥彦山ヒルクライム by DAHON DASH X20

新潟県道561号 新潟県道55号 新潟県道2号

<実施日>H31.4.29(祝)
<車種>DAHON DASH X20 他1台
<起点>道の駅・国上
<終点>道の駅・国上
<距離>32.1km(国上9;20dp山頂P11:00av国上12:10av)

お友達から「新潟らしいところを走りたいよね」とのリクエストを受けて、弥彦山を登ることにしました。弥彦山麓のある道の駅・国上をベースに弥彦側から弥彦スカイラインを登り、岩室温泉側に降りて、道の駅・国上に戻ってくる時計回りコースにしました。

前日に、時計回りか反時計回りかと検討したのですが、勾配と景色を考えると時計回り。登りは実質1時間半で比較的楽に登ることができました。頂上駐車場からは、天気もよいことから佐渡も新潟平野もきれいに見えたので、気持ちよいヒルクライムとなりました。ビジターにも比較的簡単に登れ、景色が良いので新潟の定番ルートです。

弥彦山ヒルクライム
▲9時すぎに道の駅・国上を出発。GWで既に駐車場は一杯です

弥彦山ヒルクライム
▲弥彦山スカイラインへと入って行きます

弥彦山ヒルクライム
▲弥彦側は上ると最初ですが、後半は楽

弥彦山ヒルクライム
▲無事に2台とも山頂へ

弥彦山ヒルクライム
▲新潟平野もきれいに見えていました

弥彦山ヒルクライム
▲岩室温泉から弥彦神社前を通り道の駅へ

弥彦山ヒルクライム
▲昼過ぎに戻ってきて終了です

| | コメント (0)

【自転車】笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20

国道345号国道07号新潟県道205号

<実施日>H31.4.28(日)
<車種>DAHON DASH X20
    KhodaaBloom FARNA 他1台

<起点>三面川中洲公園
<終点>三面川中洲公園
<距離>80.91km(公園9;15dp公園15:00av)

大型連休の前半、東京と仙台からお友達が来ました。新潟の景勝地「笹川流れ」を走ってみようということで、村上市の「三面川中洲公園」をベースに日本海沿岸を北上、勝木から国道7号線を戻り、途中から鰈山ルートで村上へと向かいました。この鰈山ルートは、積雪冬季閉鎖と看板が出ていたのですが、地元民に聞いても抜けられるのか要領を得ず、「季節も良いので雪はないだろう」とそのまま進行。坂道を登って鰈山清水まで来ると、その先の道路には積雪が・・・。20-30cmぐらい積もっていますが、「雪がある区間もそれほど長くないだろうし、戻って国道7号線のトンネルも面倒」ということで、徒歩で強行突破することとなりました。結局、鰈山清水から天蓋大橋までの5kmを、自転車を押して雪の上を歩く始末となりました。

雪の上を押したのは、誤算でしたが、なんといっても天候がよく、鰈山ルートからは残雪の朝日連峰も見えて、加えて久しぶりの複数ツーリングだったので自分にとってはとても楽しい1日となりました。さらに、いくら暖冬で雪が少ないといってもここは雪国・新潟で、峠道はGWぐらいまで雪が残っているようで、新潟をナメていましたと皆で反省しました。

笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20
▲村上市三面川中洲公園が今回のベース

笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20
▲笹川流れを進んで行きます

笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20
▲勝木からは国道7号へ

笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20
▲車がめったに来ない「鰈山ルート」へ

笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20
▲鰈山清水付近からは朝日連峰がきれい見えました

笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20
▲鰈山清水でのどを潤す

笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20
▲鰈山清水から先は、残雪の上を押すハメに

笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20
▲天蓋大橋からは走行可能でした

笹川流れと鰈山越えツーリング by DAHON DASH X20
▲圧雪を5km歩いて無事に帰還しました

| | コメント (0)

【自転車】桜と菜の花が咲く利根川自転車道を行く(渋川→古河)

利根川自転車道

<実施日>H31.4.6(土)
<車種>DAHON DASH X20
   KhodaaBloom FARNA
<起点>上越線・渋川駅(有人・売店あり)
<終点>東北本線・古河駅(有人・売店あり)
<距離>94.1km(渋川駅10:00dp古河駅15:50av)

H31.4.6利根川自転車道(渋川→古河)を走りました。前の週には「桃ノ木自転車道・高崎自転車道」を走っていますので2週連続の群馬ツーリングですが、今回は久しぶりにお友達も参加しました。風が強い一日でしたが基本は追い風、その上、緩やかな下り、そして桜はちょうど満開で菜の花も咲いていました。関東圏ですが、丸一日車に邪魔されることなく走れた、たいへん楽しいツーリングとなりました。

利根川自転車道ツーリング
▲上越線渋川駅をスタート

利根川自転車道ツーリング
▲前橋市内を走る利根川自転車道

利根川自転車道ツーリング
▲桜は満開です

利根川自転車道ツーリング
▲途中、グライダーの滑空場がありテイクオフを見学

利根川自転車道ツーリング
▲利根川堤防には、菜の花

利根川自転車道ツーリング
▲順調に進み16時前に古河駅到着

利根川自転車道ツーリング
▲駅近くの銭湯「古河浴場」で汗を流しました

 

| | コメント (0)

【自転車】桃ノ木川自転車道・伊勢崎・高崎自転車道を走ってみる

桃ノ木自転車 高崎伊勢崎自転車道 群馬県道121号

<実施日>H31.03.31(日)
<車種>BROMPTON SL6-X
<起点>上越線・群馬総社駅(有人・自販機あり)
<終点>高崎線・高崎駅(有人・売店あり)
<距離>75.9km(群馬総社駅9:50dp高崎駅15:00av)

桃ノ木自転車道・高崎伊勢崎自転車道
▲上越線・群馬総社駅をスタートして前橋市街地へ

天気予報が二転三転していて、H31.4.7前橋方面が晴れ予報となりましたので、桃ノ木川自転車・高崎伊勢崎自転車道を走ってみることにしました。風は北・西寄りの風なので、桃ノ木川と利根川に合流点以降の後半は向かい風の覚悟で走ることにしました。

前橋から桃ノ木川の堤防・河川敷に沿って伊勢崎方面へと進んで行きます。前橋市内では桜が咲き始めということで、お花見には少々早い状態でした。堤防・河川敷を緩やかな下り、加えて追い風ということで速いペースで進み、途中広瀬川に合流し伊勢崎市へ。その後、利根川と合流となり利根川自転車道と高崎伊勢崎自転車道の重複区間となりました。ここから先は利根川を遡るようになりしかも、向かい風なので、かなりのローペースとなってしまいました。

桃ノ木自転車道・高崎伊勢崎自転車道
▲桃ノ木自転車の起点。菜の花は咲いていましたが、桜は咲き始めでした。

向かい風の中、利根川堤防を走り、五科橋で対岸に渡りますが、ここでルートミス。橋を渡った先で、利根川自転車道と高崎伊勢崎自転車道が分岐しますが、そのまま利根川自転車道にいってしまいました。気づいたのは玉村町玉村大橋で、そこからショートカットして五科橋まで戻り、仕切り直しをして走り始めましたが、距離も時間もロスして少々モチベーションダウン。五科橋からも自転車道なので一応走りやすいのですが、ずっと向かい風で微妙な登り。結局、柳瀬橋で自転車道を離れ、県道121号で高崎駅へ向かい終了としました。

高崎駅では、駅に一番近い銭湯「滝の湯」へ。昭和レトロを越えた銭湯でしたが、ゆっくりと汗を流すことができました。

高崎伊勢崎自転車は、あまり目立たない自転車道ですが、前橋・高崎を起点としていて利根川自転車道に接続する枝線なので、広域自転車道の一部として活用できそうです。

桃ノ木自転車道・高崎伊勢崎自転車道
▲桃ノ木川の河川敷を走る

桃ノ木自転車道・高崎伊勢崎自転車道
▲ところどころに広域自転車道の案内図があります

桃ノ木自転車道・高崎伊勢崎自転車道
▲僅かですが、埼玉県も走りました。

T桃ノ木自転車道・高崎伊勢崎自転車道
▲高崎伊勢崎自転車を走り高崎へ

桃ノ木自転車道・高崎伊勢崎自転車道
▲途中からは県道121号で高崎駅前へ

桃ノ木自転車道・高崎伊勢崎自転車道
▲統一地方選で賑やかな高崎駅へ

桃ノ木自転車道・高崎伊勢崎自転車道
▲昭和レトロ以上の雰囲気の「滝の湯」でひと風呂あびます

| | コメント (0)

【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20

国道390号沖縄県道206号沖縄県道209号沖縄県道87号
<実施日>H31.02.10(日)
<車種>DAHON DASH X20
    KhodaaBloom FARNA
<起点>石垣空港
<経由地>伊原間交差点、平久保崎
<終点>石垣港
<距離>72.2km(石垣空港9:20dp石垣港16:20av)

■石垣島遠征1日目
【自転車】石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-96d0.html

■石垣島遠征2日目
【自転車】石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/23-by-dahon-das.html

■石垣島遠征3日目
【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/by-dahon-dash-x.html

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲宿から空港まで送ってもらいスタート

H31.2.10 石垣島で走り残している東北方向に突き出ている半島部分を走ることにします。この半島部分は、周回する道がありませんので、周回道路のある伊原間から半島北端となる平久保崎の間が単純往復となります。

本日の起点は、お友達の足の負担を軽減ということで、石垣空港、ここから北上となります。天気予報は「曇り」、空港出発時点では、陽も照っていましたが国道390号を走り始めて1時間もするとポツポツと雨が降ってきました。少々天気に不安を感じながら走っていると、なんとリアタイヤがパンク!調べると小さいガラスが刺さっていました。チューブを交換して、走り始めましたが、北に向かうにつれて雨がだんだん強くなってきて、途中、雨宿りをする状態となってしまいました。

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲国道390号で北上するものの雲行きが怪しい

伊原間から県道204号の平久保崎への一本道に入ると、さらに雨脚が強まり、雨は降ったり止んだりとなりました。せっかく来ましたので、ツーリング中止とはせずに、強く降ってきたときは、木の影などで雨宿りしながら走り、12:00の島の北端となる平久保崎に到着しました。灯台にいってみると北風に乗って雨雲が向かってくるのが見えて、そう思っているうちに雨粒が落ちてきて、早々に退散です。来た道を戻り始めると、土砂降りとなってしまい、木の影で雨宿り。平久保崎で会ったサイクリストは、諦めたようで土砂降りの中を走り去っていきました。結局、1時間以上大きな木の下で雨宿りをし、小降りになってところで、ようやく再開しました。

散々雨に祟られて、周回道路との合流となる伊原間まで戻って来ると、道路は乾燥、陽も差し青空が広がっていて、今までの雨がうそのようです。途中、石垣島産のコーヒーを飲ませてくれる「人魚の里」に休憩を兼ねて寄り、コーヒーを飲みながら、店主と話しをすると朝パラッと雨が降った後は、ずっと晴れていたとのこと。どうも、今日は、風の影響で島の北と南では、まったく違う天気だったようで、北の方を見ると雲がかかっているので、たぶん終日、雨が降ったり止んだりとなっているのでしょう。

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲国道390号上でなんとパンク

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲周囲にまったく民家がないのに、小さなガラス片が・・・。これが原因でした

「人魚の里」の休憩のあとは、国道390号から県道209号と87号を使い、海岸線ではなく島南部を横断するようにショートカットして石垣港へ向かいました。このルートは、空港・白保経由よりも距離が短いものの、丘陵地を越えるので、港の手前までは緩やかに上り坂。本日の前半は雨のツーリングで、ようやく天気が回復したら、最後の最後でだらだら上り坂となり、疲れなのかお友達は遅れ状態でしかも無言状態となってしまいました。

サミットを越えて石垣港への下り坂の途中、石垣中央運動公園の野球場では、プロ野球のロッテがキャンプをしていて、交流試合もやっていたことから出店など賑やかになっていました。気分転換を兼ねて、こちらを冷やかしてから、石垣港へ無事に戻ってきました。

本日と前日のツーリングと合わせて、石垣島は全走破です。島の北部では雨に当たってしまいましたが、全般的には気温もちょうどよく、楽しい石垣島ツーリングとなりました。この時期に沖縄を走るのは、とても快適でクセになってしまいます。また来年も来たいところです。

■石垣島遠征1日目
【自転車】石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-96d0.html

■石垣島遠征2日目
【自転車】石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/23-by-dahon-das.html

■石垣島遠征3日目
【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/by-dahon-dash-x.html

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲県道206号に入ると雨が降ったりやんだり

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲平久保崎。この直後に土砂降りへ

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲木陰で雨宿り

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲県道206号を南下するほどに天気が回復

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲国道390号に戻ると初夏のような天気

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲島コーヒーと島ババナで休憩

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲土砂降りがウソのようです

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲ロッテマリーンズのキャンプを冷かしてから宿へ

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲石垣港の宿に戻ってきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧