鉄道

鉄道ついてはすべてこのカテゴリーに入れています

【鉄道】ついで参り(44)鼠ヶ関駅でキハ48とキハ47を撮る

「ついで参り」は良くないというけれど、所用で出かけた移動の途中、『ついでに』ちょっと寄って撮った写真です。


H29.11.12 山形県の温海温泉に用事があってやってきました。時間があったちょっと足を延ばして鼠ヶ関駅に行ってみました。駅の時刻表を見てみるとちょうど、鼠ヶ関10:53発824D村上行、11:16発825D酒田行の2本がやってきます。

824D村上行は、キハ48の2連で、羽越本線はキハ47のイメージが強かっただけに、意外でした。先頭はキハ481535-次はキハ48538のペアはもともと石巻線で走っていた編成でした。石巻線から新津に移っていたようで、新津でも少数派の車両なので、撮れてラッキーでした。続いて825Dは、キハ47の4連がやってきました。運用の都合なんでしょうか、日中の列車ですが4連でした。

鼠ヶ関駅にはわずか30分しかいませんでしたが、得にした気分です。

824D羽越本線キハ48(鼠ヶ関)
▲新潟地区では少数派のキハ48

;825D羽越本線キハ478(鼠ヶ関)
▲825D 酒田行はキハ47の4連

<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】特急ひだ3号、展望グリーン車で名古屋から富山へ

特急ひだ3号(キロ85)
▲名古屋駅で出発を待つ特急ひだ3号。名古屋-岐阜間は、グリーン車が最後尾

H29.11.6(火)「特急ひだ3号」で名古屋から富山までを乗り鉄活動をしました。「特急ひだ」の富山乗り入れの場合、特急南紀と違い展望グリーン車を連結しているので、どうせ乗るならばこの車両です。平日ということもあって10号車グリーン車の1番C席という運転室後ろのかぶりつき席もGETできました。

特急ひだ3号(キロ85)
▲行き先表示は「幕」です

特急ひだ3号が、キロ85を先頭に名古屋駅の11番線に8:21に入線してきました。編成はキロ85-キハ84-キハ85-キハ85-キハ84-キハ84-キハ85の7両編成で、キロ85から3両が富山まで、残り4両が高山止まりとなります。岐阜でスイッチバックして高山線に入るため、名古屋発車時点ではキロ85が最後尾となり、岐阜から先頭となります。

定刻名古屋8:45発ですが、ダイヤの乱れから5分遅れて発車。座席は、既に高山線での向きで、全て後ろ向き。車内放送でもその旨を何度か案内していました。この車両、1989年製なので、今では少々古くなっていて、自動車内放送もなく、日本語案内は車掌氏がマイクでしゃべり、英語については、車掌氏がICレコーダーをマイクに付けて流していました。ついでにいえば、方向表示もLEDではなく「幕」。JR化後の車両ですが、ある意味通好みなアイテムを残しています。

特急ひだ3号(キロ85)
▲高山駅で分割するためキハ85の貫通タイプが中間連結されています

流れ去る東海道本線の風景を眺めて、約20分で岐阜に到着です。遅れているとはいえ、あっという間にエンド交換して岐阜を出発しました。非電化区間ではありますが、快調に速度を上げて行きます。美濃太田までは列車本数が多いので、交換、追い抜きなどが何度もありました。

美濃太田からは、車窓には渓谷やダム湖、そして山々が見えてローカル線の風景となります。が、特急だけにどんどん駅を通過してゆきますので、先頭にいるとこれも愉快で、飽きることはありません。下呂に停車し、さらに高山停車中に後ろ4両を切り離し作業。少し遅れが回復するかと思ったものの7分に遅れが拡大。グリーン車は、高山でかなりの人が下車、さらに飛騨古川で名古屋からの乗客は全て降りてしまい、残っているのは自分と高山から乗ってきた乗客数名となりました。

特急ひだ3号(キロ85)
▲グリーン車の1人用シート

11:59に猪谷到着です。ここでJR西日本の乗務員と交代となり、線路もJR西日本となります。ホームを挟んで隣には午後の富山行になると思われるキハ120の2両編成が停車していました。7分程遅れて猪谷を出発しましたが、これまでに比べるとゆっくりと走っている感じで、駅に止まらないだけでスピードは速くないようで、会社が違えば走りも違うようです。越中八尾駅に停車して、貨物列車が停車中の速星駅を通過して、車窓には立山連峰がきれいに見えてきました。ここまで来ると、終点はもうすぐです。結局、名古屋駅で発生した遅れは回復することなく、7分遅れの12:37に富山駅の高山線高架ホームに到着しました。

18きっぷで富山―名古屋を移動するとなるとかなり飽きがきてしまいますが、特急ひだ3号場合だと所要時間3時間44分と乗り通すにはちょうど良い時間で、しかも展望グリーン車付き。今回は、秋の紅葉の時期で天気もよかったので車窓も楽しめ、すばらしい乗り鉄となりました。高山線で「特急ひだ」号に乗るならば乗るなら下りのグリーン車がbestです。

特急ひだ3号(キロ85)
▲かぶり付きのシートは1番C席です

特急ひだ3号(キロ85)
▲蘇原駅で回送列車を追い抜きます

特急ひだ3号(キロ85)
▲川の脇を走り抜けていく

特急ひだ3号(キロ85)
▲猪谷駅に到着。JR西日本の乗務員2人が待っています

特急ひだ3号(キロ85)
▲貨物列車がいる速星駅を通過

特急ひだ3号(キロ85)
▲立山連峰が見えれば富山もすぐ

特急ひだ3号(キロ85)
▲短くなって富山に到着した特急ひだ3号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】運輸と経済2017年11月号

Img_006

運輸と経済の11月号が届きました。

運輸と経済11月号
<目次>
特集:強い物流
●特集の趣旨
強い物流による生産性の向上/根本敏則
●座談会
「強い物流」に込めた思い
野尻俊明/村上敏夫/重田雅史/根本敏則
●論稿
Ⅰ.我が国物流のいまを俯瞰する
我が国の物流政策の現状とこれからの課題/苦瀬博仁
インタビュー:トラック輸送の現状と課題
/小山 誠/本間圭介
鉄道貨物輸送の現状―課題と取り組み/高橋 顕
長距離フェリーからみた内航運輸の現状と課題/辰巳 順
航空貨物輸送の現状および課題と新総合物流施策大綱への期待
/一般社団法人航空貨物輸送協会
インタビュー:倉庫業界の現状と今後の課題/冨取善彦
Ⅱ.海外の取り組み事例と我が国への示唆
欧米の物流施策と我が国への示唆/谷口栄一
トラックの自動運転・隊列走行の現状と課題/景山一郎
世界最長のトラック「ロードトレイン」からみる日本のトレーラ化の将来
/大原みれい
中国における小口保冷配送サービスの現状と課題/楊 絮
Ⅲ.「強い物流」を目指してー我が国の物流における取り組み
新たな総合物流施策大綱の策定/国土交通省総合政策局物流政策課
「ダブル連結トラック実験」について/国土交通省中部地方整備局道路部交通対策課
「道の駅」等を拠点として自動運転サービスの実証実験について
―中山間地域における人流・物流の確保を目指して/馬渡真吾
インタビュー:IT企業の交通事業への挑戦/田中慎也
海外トピックス
苦境に立つドイツ鉄道の貨物鉄道事業/土方まりこ
報告
2017年度第2回日本交通学会関東部会
公共トラックターミナル生成の史的展開
報告者:田村幸士/コメンテーター:鈴木恵一
●次号予告(2017年12月号)
特集:「地域公共交通の未来」(仮)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】世界の果てのありえない場所

Img_003

世界にあるユニークな風景・施設などを紹介する本ですが、メインとなるのは、人の手で作られてその後、使われなくなり朽ちてゆく風景や姿。鉄道関連もあるのかなと見てみると、ロンドンの郵便地下鉄道や北京地下鉄に関連する地下シェルター、そしてシンシナティの地下鉄遺構がありました。表紙こそカラーですが、本文の写真は全てモノクロなので、なおいっそう朽ちた風景を強く表現しています。

著書:トラビス・エルボラフ (著),アラン・ホースフィールド (著),
編集:ナショナル ジオグラフィック (編集),‎   
翻訳:小野 智子 (翻訳)
定価:2600円+税
単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: 日経ナショナルジオグラフィック社 (2017/4/13)
言語: 日本語
ISBN-10: 4863133774
ISBN-13: 978-4863133778
発売日: 2017/4/13
商品パッケージの寸法:  25.9 x 18.5 x 1.9 cm

<目次>
はじめに
夢の構造物
 ・・項目省略・・

廃墟となった場所
 ・・項目省略・・

風変りな建造物
 ・・項目省略・・

隔絶された世界
 ・・項目省略・・

この世とあの世の間
 ・・項目省略・・

地下の世界
 (鉄道関連の項目のみ)
  地下を走る郵便鉄道
    隠れた大動脈/ロンドン(英国)
  北京地下城
    巨大核シェルター/北京(中国)
  シンシナティ
    放棄された地下鉄/オハイオ州シンシナティ(米国)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】陸羽東線100周年記念入場券をなんとかGET

2017年10月の磐越東線100周年に続いて、11月に陸羽東線が100周年を迎え、11月1日に「陸羽東線全線開通100周年記念入場券」が発売されることになりました。

JRの報道資料を見ると発売数は、小牛田、古川、鳴子温泉、新庄の各駅合計で350セットのみ。磐越東線記念入場券が各駅200セットで合計1000セットということを考えると陸羽東線版の購入は至難の業と思える数字。仙台都市圏なんだからもっと売っていいような気もします。発売期間は11/1~30とありますが、発売当日に瞬殺となることは誰の目にも明らかです。

とは言え、あきらめてしまえば何も始まりません。11/1古川駅にチャレンジ。行列に並ぶと購入整理券の番号はなんと97番。ということでギリギリでなんとかGETできました。券版はNo184で、磐越東線版同様にA4版の台紙に各駅の硬券が差し込んであるスタイルでした。

ついでに、陸羽東線に関連して昔の写真を見てみまたら、昭和55年頃の陸前古川駅で撮ったものが出てきましたので、アップします。

陸羽東線全線開通100周年記念入場券

陸前古川駅の駅名表示板
▲陸前古川駅の駅名表示板。まさに純正国鉄スタイル

キハ26(陸前古川駅)
▲キハ26の後ろには当時は新鋭だったキハ48が入っています(陸前古川駅)

陸前古川駅
▲国鉄バスの拠点にもなっていた陸前古川駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】鉄道建築ニュース2017年11月号(No816)

Img_041

鉄道建築協会の会報、鉄道建築ニュース2017年11月号が届きました。

<目次>
◆特集
■JR九州における木材利用の変遷と今後の展望について
◆ステーション・開発
■武蔵小杉駅コンコースリニューアル
■中目黒高架下開発プロジェクト
◆技術・ノンセクション
■「敦賀駅交流施設」及び「太子町新庁舎」のBCS賞受賞について
◆駅舎ニュース・ミニニュース
■この駅 ココに注目 秋葉原駅 西武秩父駅
■鉄道建築魂
◆協会催事・お知らせ
◆グラビア
■JR九州における材木利用の変遷


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No63 2017秋号」

Img_043

日本民営鉄道協会の広報誌である「みんてつ」のNo63.2017秋号がなんとか手に入りました。

<目次>
四つの季節の鉄道ものがたり
 小湊鐡道の思い出
特集
 「群馬型上下分離」-20年の軌跡と展望
 上信電鉄・上毛電鉄の経営努力と地域の支援
REPORT1
公的支援の嚆矢―
 「群馬型上下分離」による鉄道維持の取り組み
REPORT2
 地方鉄道存続への自助・共助の取り組み
TOP INTERVIEW
120余年の歴史を継承して地域の路線を守り続ける
 上信電鉄株式会社代表取締役社長 木内幸一
TOP INTERVIEW
 上毛電鉄株式会社 取締役社長 古澤和秋
基調報告48
 鉄道が地域を支え、地域が鉄道を支えるために
TOPICS
 地域とともに活性化の道を歩む上田電鉄
連載31 地方民鉄紀行
青い森鉄道株式会社
連来41 大正・昭和の鳥瞰図絵師 吉田初三郎の世界
豊橋市とその附近


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No62 2017夏号」

Img_042

日本民営鉄道協会の広報誌である「みんてつ」のNo62.2017夏号がなんとか手に入りました。

<目次>
四つの季節の鉄道ものがたり 夏
 夏の足跡 
特集/沿線エリアの魅力創造 
 南海電鉄にみるブランド・プロモーションと成長戦略
TOP INTERVIEW
 途切れることなく実績を積み上げ、
 沿線エリアの魅力創造へ
   南海電鉄株式会社 取締役社長兼CEO 遠北光彦
REPORT1
 空港線を軸としたインバウンド事業の拡大
COLUMN
 知ってもらうから 好きになってもらう
  ブランド・プロモーション「愛が多すぎる。」
REPORT2
 沿線エリアに誘客する地域の魅力づくり
TOPICS
 沿線エリアの魅力を高め、
 事業基盤をさらに深耕し展げる
みんてつインフォメーション
一般社団法人 日本民営鉄道協会
 第103回 定時総会を開催
 -協会創立50周年記念パーティーも併せて開催―
連載30 地方民鉄紀行
 水島臨海鉄道株式会社
連載40 大正・昭和の鳥瞰図絵師 吉田初三郎の世界
 金沢市


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】黒磯直流化を前に交流車を撮りに行く

H29.10.9(祝)磐越東線の記念きっぷと4連を撮った帰路に、10月改正で交流車が走行しなくなる新白河~黒磯にかけて撮ることにしました。撮ることにしたものの、701系やE721自体が廃車になる訳ではないので、単なる走行写真では面白味はなく、各駅の雰囲気と交流車を合わせた感じで撮影することにしました。

E721系(東北本線・白坂駅)
▲白坂駅を出発するE721のP2編成2連=4両編成の2130M

701系(豊原―白坂間)
▲白坂―豊原間を走る701系F2編成の2132M

E721(豊原駅)
▲豊原駅を出発する2134MはE721系のP4編成でした

E721(豊原駅)
▲豊原駅の交流電車もいよいよ見納め2135M

701系6両編成(黒田原駅)
▲701系6連の2136Mは6両編成(黒田原駅)

E721系4両編成(黒田原駅)
▲黒田原駅に進入するE721系2137M

Dsc_9013
▲2139M郡山駅は701系6両。郡山行も見納めです

Dsc_9043
▲高久駅に到着した2138Mは701系のワンマンでした

Dsc_9151
▲郡山行2141M。黒磯駅の交流車もいよいよ過去帳入りです

Dsc_9239
▲黒磯駅のごちゃついた架線柱も見収めかもしれません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】運輸と経済2017年10月号

Img_037

10月に入ってようやく運輸と経済の10月号が届きました。今回は内容充実の大特集です。

運輸と経済2017/10
<目次>
特別号:ニッポンの地下鉄誕生90周年
●総説
地下鉄の創成と世界展開を俯瞰する
~ニッポンの地下鉄誕生90周年にあたって~/家田 仁
●特別インタビュー
浅田次郎が語る
―創作魂をかきたてる地下鉄の魅力とは?/浅田次郎/茶木 環
●特別座談会
われら東京の地下鉄をかく作れり
中村英夫/森地 茂/矢萩秀一/青木真美
●鼎談
ニッポンの地下鉄誕:その始まりとこれからを語る!
~東京と大阪を題材にして~
/斎藤峻彦/山村明義/家田 仁
●論稿
Ⅰ.日本の二大地下鉄システムの生まれと育ち
 東京メトロの生まれと育ち/小坂彰洋
 東京メトロの路線延伸と輸送力増強の歩み/大石敬司
 地下鉄の父・早川徳次と電鉄王・五島慶太の「地下鉄戦争」/中村建治
 都営地下鉄の生まれと育ち/渡貫貴浩
 大阪市営地下鉄の生まれと育ち/松下 晃
 京阪神都市圏における交通需要の構造変化と地下鉄
 -大阪市営地下鉄を中心に―/水谷 淳
●フリートーク
東京・地下鉄・STORY
/小浜優子/坂本 彰/吉岡あずさ/茶木 環
●論稿
Ⅱ.地下鉄を支える制度と技術 ~世界の地下鉄を視野に入れて~
 都市と地下鉄の90年~資金調達と運営形態を中心に~/今城光英
 地下鉄のトンネル構築技術とその変遷/杉本光隆
 地下鉄整備に対するほぞ制度の変遷/岡野まき子
 アジアに活きる日本の地下鉄ノウハウ―と東京メトロの海外展開/木村直人
 世界の地下鉄と日本の地下鉄/石鳥 徹
●座談会
デザインとサインを通じて探る地下鉄やまちの可能性
/赤瀬達三/川西康之/伊藤香織
●論稿
Ⅲ.より安全、安心、快適な東京地下鉄を目指して
【part1】安全・安定輸送を目指して
 ・さらなる安全性向上の取り組みについて/向井勝宏
 ・自然災害の被害と対策/町田武士
 ・列車遅延とその対策―これまでとこれから―足立茂章
 ・トンネルの技術開発/平野 隆
 ・線路・軌道の技術開発/大澤純一郎
 ・デザインと技術革新-車両設計の観点から―/永井 衆 
 ・東京メトロの環境施策/平野幸一
【part2】次の90年を目指す新たなチャレンジ
 ・伝統×先端の融合―銀座線リニューアルプロジェクト―/佐藤浩樹
 ・60年の時を越えて―丸ノ内線500型復活プロジェクト―/清水昭彦
 ・駅をデザインする―地下の特殊性と街の親和性/村里 誠
 ・エキチカを開発する/井上英樹
 ・マナーポスターの歩み
 ~より快適に地下鉄をご利用いただくことを目指して~/佐藤誠一郎
コラム
 ①地下鉄文学を旅する~文学を背景によみとく地下鉄~/茶木 環
 ②早川徳次の理念と東京メトロの人財育成/藤川祐司
 ③歴史でたどる地下鉄の多角経営/矢島 隆
 ④世界遺産の地下鉄―ブタペスト「ミレニアムライン」-/遠藤俊太郎
 ⑤「地下鉄」のようなもの/岩成政和
●データ集
 世界の地下鉄:開業年と開業当時の人口
●書評
インフラストラクチャー概論~歴史と最新事例に学ぶこれからの事業の進め方から
●次号予告(2017年11月号)
 特集「強い物流」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧