鉄道

鉄道ついてはすべてこのカテゴリーに入れています

【鉄道】嵯峨野観光鉄道/嵯峨野トロッコ列車・桜が散っても激混み

H30.4.8午前に養老鉄道を走破して、桑名→亀山→柘植→草津→京都と列車を乗継、京都の嵯峨野観光鉄道へ向かいます。事前情報で、土日は最終列車を除いて、終日混み合い当日の切符入手は難易度が高いということでしたので、あらかじめネットで予約し、JR西日本管内の指定券発券機で、下記の列車を購入しておきました。
123レ 嵯峨野13号 トロッコ嵯峨15:01→トロッコ亀山15:24
124レ 嵯峨野14号 トロッコ亀岡15:29→トロッコ嵯峨15:55
JR嵐山駅を降りて隣接のトロッコ嵯峨駅に行くとたくさんの観光客でごった返していて大半は外人観光客。案内表示では123レは『満席』となっていますが、案内カウンターで「ザ・リッチ」の空席を聞いてみるとキャンセルが出たようで、意外に簡単に変更できました。

トロッコ嵯峨駅は、複合施設で駅舎こそ大きいのですが、観光施設がメインとなっていて、肝心の乗降ホームは狭く、出発ギリギリまで入場はできません。トロッコ亀岡発のトロッコ列車が到着して、折り返すことになりますが、降車客は写真を撮ったりとなかなか引きあげません。ようやく乗車ですが、車両のドアが少ないので行列し、時間がかかり、席に着くと直ぐに発車です。全席座席指定の列車ですが、立ち席も発行しているようで、デッキには立ち客もいました。

嵯峨野観光鉄道
▲JR嵐山駅の隣にあるトロッコ嵯峨駅

嵯峨野観光鉄道
▲並んでじっと待つ整列乗車です

車両はDE10+トロッコ客車となっていて京都側に機関車。客車の最後尾には運転席があるので、客車を先頭に走行をできるようになっていて、欧州でいうペンデルツークタイプとなっています。トロッコといっているだけに、客車の中は風が通り抜け、振動もよく伝わるので乗り心地の面ではそんなに快適ではないのですが、もちろんこれがウリ。列車は行程の真ん中あたりで保津峡を渡るので、どちら側に座っても渓谷を見る事ができます。残念ながら桜は少し前に散ってしまっていましたが、風に当たり、渓谷の車窓を見ながら20分強で終点・トロッコ亀山着しました。

トロッコ亀山では、折り返し時間は5分。自分もそうですが大半の人は、往復乗車のようで、しかも行きと帰りで車両や座席が違うようです。加えて日本語不案内の方が多く、そして、ここもホームが狭く、降りて車両を移動する人、記念写真を撮る人など、カオス状態。結局、自分の車両にたどり着く前に発車の合図となり、近くのドアからなんとか乗ることができました。帰りは行きとは逆側の座席となったので、上り下りとも景色を堪能することができました。景色もさることながら、混雑もそうとうな観光鉄道でした。

嵯峨野観光鉄道
▲客車1両に対して片側1扉なので乗降に時間がかかります

嵯峨野観光鉄道
▲車窓に広がる嵯峨峡

嵯峨野観光鉄道
▲トロッコ亀山駅では降りる人、乗る人でカオス状態

嵯峨野観光鉄道
▲車両の写真は、JR嵐山線ホームから良く撮れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】しぶい木造駅舎が残る養老鉄道

H30.4.8前日の京都丹後鉄道に続いて、養老鉄道に乗車します。養老鉄道は近鉄時代に、大垣から桑名間を乗車していて、大垣と揖斐間が未乗区間です。大垣から揖斐を往復してから、桑名に抜けて完乗です。車両は近鉄時代から変わっていないので、あまり面白みはありませんが、揖斐駅、西大垣駅、養老駅としぶい木造駅舎が残っていました。近鉄から分離の後は、自転車持ち込み可能となり、自転車持参の乗客もよく見かけました。
乗車した列車は下記の通り。

普通765 大垣7:46→揖斐8:10/3両
普通860 大垣8:14→揖斐8:41/3両
普通822 大垣8:42→西大垣8:45/3両
普通851 西大垣9:23→大垣9:26/2両
普通952 大垣9:46→桑名10:58/2両

養老鉄道
▲ユニークな駅名表示

養老鉄道
▲木造駅舎が残る終点揖斐駅

養老鉄道
▲揖斐駅で折り返す3連

養老鉄道
▲車庫のある西大垣駅も古い木造駅

養老鉄道
▲硬券の入場券GET

養老鉄道
▲大垣市政100周年号運行初日だったようです

養老鉄道
▲途中でリバイバルカラーの車両を交換

養老鉄道
▲桑名に到着です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】京都丹後鉄道・3線区乗車。トイレなし車両が残念!

H30.4.7「18きっぷ」を使い切るために日帰りで京都丹後鉄道に行きました。宮津と西舞鶴間はかなり昔に乗っているものの、後から開業した宮福線(福知山-宮津)間は未乗区間。この線区と宮豊線(宮津-豊岡)、宮舞線(宮津―西舞鶴)と合わせて、全線を乗りつぶしました。今回乗ったのは下記の通り
丹波路快速 → 福知山
4811D快速あおまつ1号 福知山10:17→宮津11:05
229D 宮津11:18→豊岡12:48
230D 豊岡13:00→西舞鶴15:00
→西舞鶴 小浜線

「快速あおまつ1号」は700形1両のみ、福知山線から乗り継いだときは、そこそこの乗車率でしたが、京都方面からの列車が到着すると、たくさんの人が乗り継いできて、立って乗る人も出るほど混んで、しかも大部分は外国人。観光列車ですばらしいインテリアですが、混んでいて興ざめで、せっかくの車内販売もまったく売れていませんでした。この列車は宮津で下車することにします。

 京都丹後鉄道;
▲福知山駅で出発を待つ「あおまつ」

宮津からは豊岡へ。「快速あおまつ」はトイレ付だったので、全車両にはトイレがついているものと勝手に思い込んでいました。豊岡行きは800形で、転換クロスシートですがトイレなし車両。この鉄道では、普通列車でトイレがついているのは700形だけで、800形、100形、200形もトイレなしで、大部分の普通列車にはトイレがないと覚悟した方がよさそうです。

宮津からの列車は、観光客もまばらな「地列車」で、その折り返しも車内はかなり余裕がありましたので、福知山と天橋立を結ぶ列車が圧倒的に混んでいるようです。途中、すれ違った西舞鶴発天橋立行「快速あかまつ3号」には乗客が2人だけと、宮舞線の方は完全なローカル線でした。豊岡では同じ車両がり返しということもあって、トイレはありませんでしたが、結局、宮津→豊岡→西舞鶴と飲み鉄をやってしまいました。

京都丹後鉄道は、大部分の普通列車にトイレがないことが玉に瑕ですが、電化区間や特急車両の乗り入れ、そして観光列車など、バライティに富んでいて、たいへん面白いローカル線で、機会があれば特急や観光列車にも乗ってみたいところです。

京都丹後鉄道
▲こんな感じで天橋立と思ったら、混み合うことになりました

京都丹後鉄道
▲福知山駅のホームには、JRと京都丹後鉄道車両が混結の臨時列車がいました

T_img_8780
▲宮津駅では硬券の入場券がありました

京都丹後鉄道
▲宮津から乗った豊岡行は余裕のある車内

京都丹後鉄道
▲宮舞線の見どころ由良川鉄橋を渡ります

京都丹後鉄道
▲西舞鶴に到着。小浜線に乗り継いで帰りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】鉄道建築ニュース2018年5月号(No822)

Img_037

鉄道建築協会の会報、鉄道建築ニュース2018年5月号が届きました。
<目次>
◆特集
■SL復活運転プロジェクトに伴う施設整備
◆ステーション・開発
■山陽本線大野浦駅橋上化
■仙山線愛子駅本屋改築
■磐越東線赤井駅駅舎改築
■新倉敷駅新幹線トイレリニューアル
◆すまい
■ホテルドリームゲート舞浜アネックス
■神田駅東口女性専用カプセルホテル~「ナインアワーズウーマン神田」
◆インターアラン
■イギリス・ケンブリッジのガイドウェイバス
◆駅舎ニュース・ミニニュース
◆協会催事・お知らせ
◆グラビア
■SL復活運転に伴う施設整備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】石田正治・山田俊明 編著/図説 鉄道の博物誌-ものづくり技術遺産 

Img_036

サブタイトルにある「ものづくり技術遺産」のとおり、全国各地に残っている鉄道関連の機械遺産をベースに日本の鉄道の歴史を解説しています。ひとつひとつ丁寧に解説してあるので、前知識として、またこの本を持って現地(現物)を訪れても良いかしれません。分厚くカラー版の割にリーズナブルな値段なので、手元に一冊置いておきたい本でした。

編著:石田正治・山田俊明
定価:2200円+税
単行本: 412ページ
出版社: 秀和システム (2017/4/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4798048755
ISBN-13: 978-4798048758
発売日: 2017/4/15
梱包サイズ:  21 x 15 x 2.8 cm

<目次>
明治の車両技術者の根性と英知を学ぶ[推薦のことば]
「機械遺産」とは
本書の読み方と表記について
第1章 鉄道創業時の遺産
 ①わが国最古の蒸気機関車
 Column 世界最初の蒸気機関車
 ②阪神間鉄道開業時の蒸気機関車
 Trivia 加悦鉄道
 ③北海道鉄道のスタートランナー
 ④明治の陸蒸気、いまも現役
 Trivia 陸蒸気
 Column 鉄道創業時の機関車のメーカー
 Column 鉄道記念物
 Column 蒸気機関車のタンク式とテンダー式
第2章 鉄道網伸長時代に用いられた機関車
 ①力持ちの英国紳士
 Column 蒸気機関車の名前
 ②量産された初の国産蒸気機関車
 Column 268号蒸気機関車
 Column 日本の鉄道ことはじめ
 Column 日本の鉄道における速度記録
第3章 本格的国産機関車の登場と発展
 ①動く大正期の国産標準機
 ②大正期、昭和期の標準機
 ③大型蒸気機関車の時代
Column 世界最速SL マラード号
④強運と華麗さと備えた女優
Trivia 蒸気機関車のボイラ圧
Trivia 油圧式ブレーキ
Column 国産化技術の確立と発展に尽くした技術者・朝倉希一
Column 阪和電気鉄道「黒潮号」用C57形蒸気機関車
Trivia オランダ領東インド国鉄SS1000形
第4章 蒸気機関車時代の転車台
 ①原理はやじろべえ
 Trivia 客車の「オハ」「オハフ」
 ②蒸気機関車のマイホーム
 Column 鉄道施政制度の歴史
 Column 転車台の形式
 全国扇形機関車庫と転車台図鑑
第5章 急こう配を克服するための技術
 ①アプト式最初の電気機関車
 ②最大両数の国産アプト式電気機関車
 Column 形、型、系
第6章 可動式鉄道橋の技術遺産
 ①水上のターンテーブル
 Trivia 東洋一を誇った京義線鴨緑江の旋回橋
 ②手品のアイデアでつくられた可動橋
 ③陸路と海路の交差点
 Trivia 三岐鉄道
 Trivia プレートガーダー橋
第7章 電気機関車の発展を物語る遺産
 ①純国産第1号の電気機関車
 Column 世界最初の電気機関車
 ②最初の中型標準電気機関車
 ③交流電化の礎
 Column 日本の鉄道の最高速度の変遷
第8章 電車の発展を物語る遺産
 ①わが国最初の路面電車
 Trivia スプレーグ式電車
 ②都市型電車の始祖
 ③一流ブランドで固めた讃岐の阪急
 Trivia トラス棒
 Trivia AEG
 Column ことでん 謎の警笛
 ④日本初の地下鉄電車
 ⑤わが国発の連接車
 ⑥現在の通勤電車の原形
 ⑦初の長距離電車
 Column 日本車輛・豊川製作所のメモリアル車両広場の名車たち
 ⑧日本初のステンレス電気
 ⑨鉄道新時代を拓く
第9章 気動車の発展を物語る遺産
 ①地方鉄道の輸送改善に貢献
 ②星と海、赤と黒
 Trivia ブルートレインことはじめ
 Trivia 特急「かもめ」と展望車
 Trivia C53形蒸気機関車のエピソード
 Column 「こだま」と特撮映画
 Column まぼろしの満鉄ディーゼル超特急「新あじあ」
 Column 乗車体験ができる軽便鉄道の内燃動車
第10章 産業用鉄道の遺産
 ①船のケーブルカー
 ②森林鉄道蒸気機関車唯一の動態保存機
 ③かつての木曾森林鉄道を追体験できる
 ④溶けた鉄を運ぶ製鉄所専用車両
 Trivia 溶銑
 Column 誤解と幻想の東田第一高炉
 ⑤観光用として復活
 Column わが国最古の鉄道技術書
第11章 特殊な鉄道の遺産
 ①わが国最古のケーブルカー
 Column 朝熊登山鉄道の遺構
 ②いまも現役、国内最古の機械遺産
 ③わが国最初のモノレール(懸垂式)
 ④跨座式モノレールここにはじまる
 ⑤わが国最初のゴムタイヤ式地下鉄
第12章 鉄道連絡船および水陸連絡関連遺産
 ①鉄道連絡船の記憶を呼び覚ます大いなる遺産
 ②木材港の発展のモニュメント
 Trivia 跨線テルファー
 Column 鉄道連絡船と車両航送
第13章 鉄道営業における技術革新
 ①世界初の多能式
 Trivia サイバネティックス
 ②通勤ラッシュ対策の技術革新
全国鉄道博物館ガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】常磐(北)線に719系登場!

3月の自転車ツーリングの最中に『試運転』と表示した719系を何度が目撃していて「何でかな?」と思っていました。H30.3.24のツーリングの帰りに原ノ町駅にいってみると719系が原ノ町-浪江のシャトル列車に充当されていました。

試運転は、常磐線での運用を前提としたものだったらしく、H30.3.17ダイヤ改正で、東北本線の運用はなくなり、常磐線での運用になりました。719系の定期運用として浪江まで入るのは初めてではないかと思われます。

改正後の719系の運用は、仙台始発の常磐線で原ノ町まで来て、日中は原ノ町と浪江をシャトルして、夜仙台に戻るという運用になっているようです。なくなるといわれながらもH30.3改正でも常磐線運用が残ったことはすばらしいことです。

719系(常磐線・原ノ町駅)
▲132M浪江行。これまで701系2連がダイヤ改正で719系4連

719系(常磐線・原ノ町駅)
▲昼間は原ノ町と浪江をいったりきたりします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】秋田駅で見かけた719系とキハ40

H30.3.17に秋田で会議があってその後、秋田駅にいってみると719系、そして男鹿線の夜のキハ40の4連がいました。ちょうど同じ時間帯の発車になっていました。秋田色の719系は中身は仙台地区にいたときと変わっていないようですが、にも乗ってみたいところです。

どうやら719系は常時4連で1運用のみのようで、夜:秋田→院内 翌朝:横手→追分→秋田となっていますが、地元以外となるとなかなか乗りにくいダイヤです。

719系(秋田駅)
▲秋田駅で出発を待つ456M院内行719系4連。奥にはキハ40の4連

719系(秋田駅)
▲側面帯の色の他は変化がないようです

719系(秋田駅)
▲パープルの帯もいいかも・・・

キハ40系(秋田駅)
▲719系の入線時間にはキハ40系4連の1143Dもいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】絵・池田邦彦 文・栗原 景/テツ語辞典

Img_033

表紙に「鉄道にまつわる言葉」をイラストと豆知識でプァーン!と読み解く」と書いてあるとおり、鉄道趣味に係る言葉を「あいうえお順」に紹介してあります。技術的なものから、歴史的なキーワード、趣味業界用語・造語など、軽快なイラストとともに紹介しています。、それなりの年齢の趣味人だと新しいキーワードの学習になりますし、若い方は、先輩趣味人の言葉の意味を理解するための有効ツールになりそうです。

文:栗原 景
絵:池田邦彦
定価:1400円
単行本: 199ページ
出版社: 誠文堂新光社 (2018/2/5)
言語: 日本語
ISBN-10: 4416518137
ISBN-13: 978-4416518137
発売日: 2018/2/5
梱包サイズ:  21 x 14.8 x 1.7 cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】探検!世界の駅 くらしと文化が見えてくる/P楽しい調べ学習シリーズ

探検!世界の駅 くらしと文化が見えてくる/P楽しい調べ学習シリーズ

PHP研究所が小学生向けに出している「楽しい調べ学習シリーズ」という図鑑のひとつに「世界の駅」をテーマにしたものがありました。前半1/3は日本における「駅」というものがどういうものなのかを説明しています。残り2/3は世界駅の紹介で、主要、有名な「世界の駅」をほぼ網羅して、児童書だからという妥協はありませんで、大人が見ても楽しめます。

定価:3000円+税
監修:谷川一巳
単行本: 63ページ
出版社: PHP研究所 (2017/12/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 456978724X
ISBN-13: 978-4569787244
発売日: 2017/12/15
梱包サイズ:  28.5 x 21.8 x 2.2 cm

<目次>
探検!世界の駅
もくじ
行ってみたい世界の注目の駅
<はじめに>駅はその国を表している
パート1 こんなにすごい!駅のひみつ
・駅が担っている役割
・さまざまな駅の種類
・駅構内にある施設・設備
・駅で働く人たち
・世界と日本の鉄道の歴史
比べてみよう! ホームの種類
パート2 びっくり!個性的な世界の駅
●セント・パンクロス(イギリス)
●パリ北駅(フランス)
●ユルツェン駅(ドイル)
●サンタ・ルチア駅(イタリア)
●アトーチャ駅(スペイン)
●サン・ベント駅(ポルトガル)
●ゴルナーグラード駅(スイス)
●ソルナ・セントラム駅(スウェーデン)
●ウラジオストック駅(ロシア)
●マヤコフスカヤ駅(ロシア)
●アルセナーリア駅(ウクライナ)
●シルゲジ駅(トルコ)
●ハイダルパシャ駅(トルコ)
●グランドセントラル駅(アメリカ)
●ワールド・トレード・センター・トランスポーテーション駅(アメリカ)
●ユニオン駅(アメリカ)
●フィン・デル・ムンド駅(アルゼンチン)
●サザンクロス駅(オーストラリア)
●キュランダ駅(オーストラリア)
●カイロ中央駅(エジプト)
●マプト駅(モザンビーク)
●プルジュマーン駅(アラブ首長国連邦)
●ダッカ中央駅(バングラデシュ)
●チャントラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(インド)
●メークローン駅(タイ)
●ヤンゴン中央駅(ミャンマー)
●クアラルンプール駅(マレーシア)
●北京西駅(中国)
●タングラ駅(中国)
●エレン駅(中国)
●東京駅(日本)
●金沢駅(日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No65 2018春号」

Img_028

日本民営鉄道協会の広報誌である「みんてつ」のNo65.2018春号がなんとか手に入りました。
<目次>
[特別号]
民鉄文化の伝承と発信
 民営鉄道の博物館・資料館―その使命と役割―
[基調報告50]
トロリー・サバーブス「電鉄郊外住宅地」の明日
 エンジョイ・ザ・民鉄ミュージアム
Interview1
東武博物館
 展示博物館の枠を超えて地域とともに
Interview2
地下鉄博物館
 都市交通としての地下鉄をアカデミックに伝える
Interview3
電車とバスの博物館
 体験型施設でまちづくりと交通機能を学ぶ
Closeup
膨大な資料で中京圏の鉄道史を伝える
Railway Museum Guide
民鉄文化を語る
全国の鉄道博物館・資料館を訪ねて


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧