« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

【自転車】阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)

191231strava

福島県道27号 国道349号 茨城県道27号 茨城県道151号 茨城県道154号

<実施日>R01.12.31(火)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>水郡線・磐城塙駅(無人・自販機あり)
<終点>常磐線・大津港駅(有人・自販機あり)
<距離>57.9km(磐城塙駅8:45dp/大津港駅12:30av)

 

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲どんよりと曇り、路面も湿っている磐城塙駅を出発

R01.12.31(火)福島・茨城県の天気予報も気温もこの時期にして悪くなく、両県境となる阿武隈山地越えのツーリングに出かけました。大晦日ツーリングですから、2019年の漕ぎ納めとなります。

郡山から水郡線に乗り継ぎ磐城塙へ向かいますが、水郡線の車窓はどんよりと厚い雲で覆われていて、ところによっては道が湿っています。それでも磐城塙駅は、福島県の最南端エリアにあるので道も乾燥しているだろうと期待して降り立ったものの、天候は変わりませんでした。ただ、今日の予報ではこのあたりは晴れ、そして目的地の茨城県の太平洋北部は終日晴れですから、この雲は低層に立ち込めているだけで、阿武隈山地を越えれば快晴になるパターンです。雲や道路が湿っていることは気にせず、8:45分に磐城塙駅を出発しました。

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲曇りというよりも霧雨状態で出発

市街地を南下し左折で県道27号へ。本日は一部国道と重複区間があるものの、この県道がメインとなります。塙からは川上川に沿って少しずつ登って行きますので、勾配はキツクありません。途中、県道111号との分岐を過ぎると急坂となり阿武隈山地へとアプローチを始め、そして車もほとんど通らない脇道県道です。そんな坂を上がるにつれて空は明るくなって、途中から雲がなくなり予想通り晴天となりました。そして、連続勾配を登り切って平坦となる名倉集落まで来ると僅かな区間ですが国道349号と重複します。国道と別れ、再び単独の県道27号となると坂も始まって福島・茨城県境を越えることになります。

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲阿武隈山地にアプローチすると標高が上がるにつれ晴れてきました

出発前に勾配表はあらかじめ見ては来ているものの、走っているうちに県境あたりがピークだろうと勘違いしてしまいました。いよいよ県境を越えて、「後は太平洋まで一気に下って終了!」と思いながら北茨木市関本町小川まで下ってくると、その先は坂。しかもかなりの急坂です。地形からすると完全な山越えの雰囲気で、結局、下るつもりが標高800mの峠越え。後からみればここがピークで、「もうあとは下るだけ」と思っていただけに「おっと」という感じでした。

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲途中から雲が切れて日が差してきました

本日のピークを越えると花園川に沿って、ようやく下り坂。そのまま花園川に沿って常磐線・磯原駅に出てもよかったのですが、風呂に期待して、今回は大津港を終点としているので、五田後田集落からちょっとしたサミットを越えて大津港へと向かいました。

比較的朝早く出発したことから大津港12:30着と余裕の時間です。大津港近くの海岸には温泉があるので、こちらに浸かるのも楽しみ。駅で記念写真を撮ってから温泉宿に行ってみると年末ということで「入浴のみはどこもお断り」、風呂は諦めることにしました。大津港駅に戻り、常磐線でいわきに向かいましたが、これが強い西風でノロノロ運転、結局いわき駅には40分遅れで到着しました。

今年の12月は天候も気温も良いコンディションで、今回は峠こそ少し寒かったもののとてもよい漕ぎ納めとなりました。

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲わずかですが、国道349号と重複する県道27号

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲福島・茨城の県境。実はこの先にピークがある

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲県境ではなく、茨城県内に入ってからピークがくる県道27号

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲花園川にある水沼ダム

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲大津港へラストスパート

阿武隈山地越えツーリング(2019年漕ぎ納め)by DAHON
▲お昼すぎに大津港駅に到着です

| | コメント (0)

【自転車】白河の関ツーリング by DAHON dash X20

191222strava_20200126225601

福島県道76号 栃木県道76号 栃木県道60号 国道284号

<実施日>R01.12.22(土)
<車種>DAHON DASH X20
    DAHON DASH P18
<起点>東北本線・白河駅(有人・自販機あり)
<終点>烏山線・烏山駅(有人・自販機あり)
<距離>63.7km(白河駅11:30dp/烏山駅15:45av)

R01.12.22(土)久しぶりにお仲間と都合があったことから福島県南部の白河駅から白河の関を通って烏山までの2人ツーリングを実施しました。天気予報に反して、厚い雲に覆われ気温も低い一日でしたが、雨は降らずに済みました。

白河から烏山方面へ南下する自転車ツーリングルートは、国道284号がスタンダードですが、今回は旧奥州街道・白河の関を経由する県道76号で福島・栃木県境越え。県境まで緩やかに登ったあとは、その先は下りながら国道に出て、那珂川に沿って南下です。当初は、少しがんばって茂木まで行こうと計画していましたが、気温も低くモチベーションもイマイチあがらないので、烏山で終了としました。

北風が吹くことが多い冬期間は、福島→栃木ルートはもってこいのコースです。

白河の関ツーリング
▲雨はないものの霧で路面が湿っています

白河の関ツーリング
▲白河市街地を抜けて旧奥州街道の県道76号へ

白河の関ツーリング
▲途中にある「白河の関跡」

 

白河の関ツーリング
▲白河の関を過ぎると田舎道となり栃木県へ

白河の関ツーリング
▲国道284号と並行する農道なども通り烏山へ

白河の関ツーリング
▲15:45に烏山駅に到着。久しぶりに来たら駅舎が新しくなっていました

白河の関ツーリング
▲烏山線は蓄電池タイプの電車でした

白河の関ツーリング
▲宇都宮で餃子を食って1泊しました

| | コメント (0)

運輸と経済2020年1月号

Img_003_20200126153701

運輸と経済の2020年1月号が届きました。
<目次>
特集:交通と食
●特集の趣旨
交通と食特集に寄せて
●座談会
鉄道と食の魅力―食の均質化と多様化―
白田義彰/堀江周子/小林しのぶ/堀 雅通
●論稿
Ⅰ.交通の食―交通事業における食の位置付け―
インタビュー 進化を続ける飛行機の機内食/鳥巣奈美子
鉄道事業における飲食の役割と今後の展望/白田義彰
「駅そば」から読み解く“交通拠点食”の特色と多様性/鈴木弘毅
新しい観光のあり方と「食」/波潟郁代
コラム 駅弁から見る交通の変遷/泉 和夫
インタビュー 老舗の駅弁ストーリー/若林昭吾
インタビュー 駅弁大会―百貨店からみる駅弁のチカラ―/堀江英輝
ルポルタージュ なぜ欧州の列車には食堂車/カフェテリアがあるのか?/遠藤俊太郎
Ⅱ.食の交通-食を変える交通のチカラ―
交通の進化が食文化にもたらした変化-地域の食の変化に注目して―/中澤弥子
HISの海外における「食分野」進出への挑戦
/(株)HIS法人営業本部新規事業部
食品輸送の現在と温度管理輸送が担う将来/室賀利一
コラム おいしさを届ける秘訣~ビールの鮮度を守るアサヒビールのロジスティクスの仕組み/アサヒビール株式会社
フード・マイレージから見えてくる食品輸送の課題/中田哲也
フード・エコロジーと交通―食の輸送と循環―/天野耕二
コラム 市場からみる食と交通の歴史―鮮魚列車から豊洲へ―/「運輸と経済」編集室
報告
日本交通学会 第78回研究報告会 シンポジウム「交通試乗における女性の役割」
基調講演/藤井直樹
パネルディスカッション/藤井直樹/河本宏子/岡野まさ子/神山和美/矢ケ崎紀子/竹内健蔵
海外トピックス
英国の鉄道運行における信頼性回復の取り組み/小役丸幸子
●次号予告(2020年2月号)
特集:シェアリングエコノミー(仮)

 

| | コメント (0)

【鉄道】松本からの乗り入れ216M+特急伊那路で飯田線を通り抜け

長野・静岡・愛知県を抜ける195.7kmの飯田線には1日に数本、JR東日本のエリアとなる長野や松本との乗り入れ列車があって、前々からとても気になっていました。
時刻表を見ると飯田線下りは、
2209M快速みずず 飯田5:45→長野9:58(所要時間4時間13分)
213M普通 天竜峡6:16→松本9:50(所要時間3時間34分)
飯田線上りは、
210M 普通 長野6:31→飯田11:14(所要時間4時間43分)
216M 普通 松本12:39→飯田15:49(所要時間3時間10分)
2270M快速みすず 松本16:34→19:34(所要時間3時間)
となかなか乗りごたえのある列車ばかりです。

飯田線乗り入れ216M(松本駅)
▲ 松本駅で出発を待つ313系使用の飯田駅行き216M


大井川鉄道に行くことにしたのですが、東海道線で行くのも芸がないので、飯田線を大回りして行くことにして、気になる乗り入れ列車に乗ってみることにしました。4時間越えの長野→飯田の210Mにも乗ってみたいのですが、長野で1泊が必要なことや飯田からその先の接続が良くないことから、飯田で特急伊那路に連絡する216Mをチョイス。この列車も3時間越えなので、充分乗りこたえがありそうです。

R01.12.06(金)篠ノ井線経由で、お昼前に松本駅に着いて、216Mの3時間の乗車に備えて酒やつまみを買って、発車ホームとなる0番線に行きました。JR東の車両なのかJR東海の車両なのかとても気になるところですが、出発の10分ぐらい前にJR東海の車両が入線してきました。フロントガラスにはB152の編成番号の表示があり313系1700番台の3両編成で、転換クロスシート装備でした。ロングシートばかりのJR東日本長野地区では、けっこう美味しい列車かもしれません。平日ということもあって、乗車口に並んでいる人もおらず、余裕で座席を確保です。

12:39に座席の3分1が埋まって状態で松本駅を定時発車。この列車は、中央東線をみどり湖経由で岡谷まで行きそこでスイッチバックして、辰野から飯田線へと入って行きます。岡谷に向かっては乗客が減って行き、岡谷から飯田線方面の乗客が乗ってきました。それでも車内は空いていて、進行方向が変わっても窓側座席をキープできました。

飯田線に入るとこの線の名物である短い距離に存在する駅、ひとつひとつに停まって行きます。岡谷から一方的に乗客が減る訳ではなく、線内の区間利用者や学生も乗っているので、常時3分の1ぐらいの乗客がいましたが、車窓も、走りも、車内はのんびりしたものでした。飯田線は旧型国電がいるころに何度かお度ずれましたが、昔のままという駅もあって、そんなことを思い出しながら乗っていましたら、3時間は苦もなく飯田に到着です。

313系1700番台と特急伊那路373系(飯田駅)
▲松本からの216Mと伊那路4号(飯田駅)

この後は、飯田駅15:58発の伊那路4号へ。始発駅出発時点は、3両で20人ぐらいと普通列車よりも空いていましたが、途中からネクタイを締めた出張の方々なども乗ってきて、豊橋到着時点では1車両に20人ぐらいになっていましたので、平日はビジネス需要も少なからずあるようです。夕方の列車ですので、天竜峡を過ぎたあたりから日も落ちて急速に暗くなり、秘境駅地帯の車窓は駅の灯りだけということも。それはそれで楽しいもので、ちびちび飲みながら豊橋へ。そして今夜の投宿地掛川へと向かいました。

| | コメント (0)

【書籍】鉄道建築ニュース 2020年1月号

Img_002_20200122201901

鉄道建築ニュース 2020年1月号
<目次>
◆特集
―令和元年度第64回鉄道建築協会賞「作品部門」―
■協会賞「作品部門審査概要」
■入賞作品紹介
■応募作品概要紹介
◆ステーション・開発
■秋葉原駅東西自由通路美化及び増改築
◆すまい
■JR東日本ホテルメッツ秋葉原
■JR東日本ホテルメッツ秋葉原
〜「cross  value  Hotel」ここにしかない価値の提供〜
■ザ・ブラッサム博多ビル新築
◆技術・ノンセクション
◆駅舎ニュース・ミニニュース
◆協会催事
■2019年ワトフォート会議報告会
■2019年バックナンバーのご紹介
■協会だより

| | コメント (0)

【鉄道】磐越西線・鹿瀬鉄橋と只見線・会津中川俯瞰に行ってみる

R01.11.30(土曜) 2019年の「SLばんえつものがたり」の運行も終了近くということで、鹿瀬鉄橋のお立ち台と只見線を掛け持ちして撮影しました。まもなく12月というのに、気温もそれほど寒くなく暖冬のようです。しかしながら、どちらも場所も雲は厚く、光は期待できず感度をだいぶ上げたので、眠い写真となってしまいました。

紅葉まっさかりにはたくさんの人が訪れる会津中川俯瞰お立ち台ですが、シーズンオフに入り誰もいませんでした。キハ40があるうちにもう一度来たい中川俯瞰です。

磐越西線・鹿瀬鉄橋
▲2019年復活したSLばんえつものがたりの今年も運行もあとわずか(磐越西線・日出谷ー鹿瀬)

只見線・会津中川俯瞰
▲キハ40の活躍もあとわずかになった只見線(会津川口-会津中川)

只見線・会津中川俯瞰
▲只見川を見ながらまもなく会津川口駅。(只見線・会津川口-会津中川)

| | コメント (0)

【自転車】新潟島一周 by Brompton SL6-X

1911242strava

<実施日>R01.11.24(日曜)
<車種>Brompton SL6-X
<起点>信越本線・新潟駅南口(有人・売店あり)
<終点>信越本線・新潟駅万代口(有人・売店あり)
<距離>19.5km(新潟駅10:30dp新潟駅12:15av)


R01.11.24 天気も良いので久しぶりにブロンプロンを使って、信濃川と新潟島を周回してきました。11月も下旬ですが、風もなく、日本海の向こうに佐渡島も見えるぐらい天候は穏やかでサクッと走って終わりしました。

新潟島一周 by Brompton SL6-X
▲平成大橋から信濃川の堤防を通って新潟島へ

新潟島一周 by Brompton SL6-X
▲越後線の関屋分水鉄橋で列車がきました

新潟島一周 by Brompton SL6-X
▲天気もよく海岸線に沿う自転車道を行きます

新潟島一周 by Brompton SL6-X
▲海の向こうに佐渡が見えました

新潟島一周 by Brompton SL6-X
▲再び信濃川へ

新潟島一周 by Brompton SL6-X
▲新潟駅万代口で終了

 

| | コメント (0)

【自転車】ツールドいわき2019に参加

191110strava


<実施日>R01.11.10(日)
<車種>DAHON DASH X20 他5台
<コース>ミドルコース
<距離>71.5km(アクアマリンパークスタート8:00/ゴール11:30)


2018年に続き、今年もツールドいわき2019のミドルコースに参加してきました。今年のコースは、ほとんど坂がないので楽勝ではあったのですが、序盤から港湾工業地帯をぐるっとまわる距離稼ぎがあり、その先は、四ツ倉まで北上。往復で走る区間も多かったので、少々インパクトには欠けるかなという感じでした。各エイドでの振る舞いは、昨年同様に充実です。日ごろは単独ツーリングが多いので、こういうイベントで東京や仙台の仲間と一緒に走れたので、楽しい一日でした。


ツールド・ド・いわきwebサイト
https://www.tour-de-iwaki.jp/


ツールド・ド・いわき2019
▲ツール・ド・いわき2019のスタート地点。今年はかなり気温高めです


ツールド・ド・いわき2019
▲各ライドでは様々な地場産品が配られました。


| | コメント (0)

【鉄道】日出谷駅俯瞰撮影地にいってみる

以前から日出谷駅俯瞰撮影地が気になっていたのですが、下見に行って見ると材木の伐採をやっていて、結局目的地に辿りつけず・・・。R01.11.23は祝日なので作業も休みではないかとアプローチしてみると、お休みであっけなく目的地に行くことができました。


車を置いて少し歩きますが、駅全体を見渡せてとてもよい場所でした。ここで、110の3連、SL磐越ものがたり、そして目的の臨時列車「快速磐越西線国鉄色旅情号」を撮りました。噂とおりの良い俯瞰撮影地でまた撮りに来たいところです。


磐越西線・日出谷駅俯瞰(快速あがの)
▲110系の3連となる会津若松行き快速あがの


磐越西線・日出谷駅俯瞰(快速ばんえつ物語)
▲快速ばんえつ物語もきました


磐越西線・日出谷駅俯瞰(快速磐越西線国鉄色旅情号)
▲午後の運転となった「快速磐越西線国鉄色旅情号」。昔の風景が蘇ります


磐越西線・五十島駅
▲帰路に五十島駅に寄って110を撮りました

| | コメント (0)

駅を旅する(5)上越線・土樽、越後中里、岩原スキー場前駅

「旅した」というまでではないのですが、R01.11.22 新潟県湯沢町岩原地区に用事があって出かけたので、ちょっと足を伸ばして、近くにある3駅を訪ねてみることにしました。

まず、最初は東京から上越線に乗って来ると県境の清水トンネルを抜けたところにある土樽駅。谷川岳の登山口までは何度か来ていたのですが、駅に寄ったのは久しぶり。上越線の特急ときや急行などを撮りに来たことがある駅で、とても久しぶりに訪れました。昔は、本線上下2線に上下側線2線の計4線がありましたが、現在は上下2線のみになっていました。駅舎は外壁が直してあるものの、昔のままのようです。

上越線・土樽駅
▲国鉄時代から雰囲気を残す土樽駅

次は、越後中里駅。マンサード屋根を持つコンクリート造りの駅舎は国鉄時代から変わらないようです。現在は無人駅ですが、駅舎内には越後中里観光協会が入っています。当駅止まりの列車もあるので中線を有する2面3線の線路配置で、ホームを結ぶ跨線橋は駅裏にも続いていて、中里スキー場まで行けるようになっています。このスキー場には、旧型客車の休憩所もあってこちらも気になる存在です。

上越線・越後中里駅
▲コンクリート造りの越後中里駅

最後は、岩原スキー場前駅。越後湯沢駅を出て魚野川を渡った左カーブ上にある無人駅で、コンクリート造りの待合室があります。線路配置は2面2線となっていて、上り下りそれぞれにホームがあり、入り口も別々になっていました。リゾートマンションや宿屋街も近いのでスキーシーズンには、乗降客を多く見かけますのが、シーズンオフで閑散としていました。

上越線・岩原スキー場前駅
▲上りホームには待合室があります

上越線・岩原スキー場前駅
▲下りホーム専用の地下道入り口

 

今回は上越県境の3駅を訪ねましたが、列車だと遠回りとなって駅間が長く感じます。実際には道はショートカットしていて歩ける距離で、どの駅もなかなか個性的でした。

| | コメント (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2020/1 No.289

Img_043

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2020年1号が届きました。
<目次>
REGULARS
Headlight
Headline News
“Climate Package” windfall for DB, candidates emerge for Spanish high speed open access, record breaking Eurostar power car saved.
Light Rail News
First Zurich Flexity delivered, Avenio for Nurnberg,new Alston trains for Lille metro.
News Round Up
OBB Nightjet stock in Belgium, first loco for Medway Italia, CD to order 230km/h coaches.
Heritage News
SBB Re6/6 prototypes preserved, final run for DSB 736, Christmas main line steam in Dublin.
FEATURES
Lines from Bologna to Firenze Part2: Diretissima and the high speed line
Marco Cacozza concludes his history of railways between Bologna and Firenze with a look at the 1934 route via Prato and the 2009 high speed line.
Appenzell Antiques
Andrew Thompson charts the complex history of Switzerland’s Appenzeller Bahnen and its predecessors through the railway’s remarkable heritage fleet,
Rail holidays in 2020
Our annual guide to rail based holidays.
Where to go, what to see in 2020
As a new decade dawns, we present our annual guide to what’s worth seeing on Europe’s railway in the year ahead.
Rail Centers: Wells
Roland Beier visit this busy Austrian junction, which sees a wide variety of freight and passenger traffic.

(表紙 オーストリア国鉄の1142電気機関車)

| | コメント (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2020年1月号

Img_042

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2020年1月分No985が手に入りました。
<目次>

NEWS
Eleven new tramway in Europe; Controversy over Bucharest tram older; Violent protests cost Santiago Metro EUR339m; Voters back Houston LRT expansion; Porto offer CRRC first European break; Confederation line chaos forces city to bring back buses.
WE NEED A UK LRT STRATEGY NOW
UK Tram Chair George Lowder explains why the time is right for for light rail in the UK.
LOOKING AFTER OUR TRAM ASSETS
Clive Pennington and Olga Evstafyeva from Ameyama explore how digital solutions are making tramways safer and more reliable.
TRAM TRAIN:JOINED UP THINKING
Experts from SYSTRA examine the benefits of tram train schemes in France and the UK.
SYSTEM FACT FILE
Finland’s capital has seen major changes in recent years,  process that is now embracing new light rail schemes. Neil Pulling reports.
WOLD WIDE REVIEW
Acciona to take over stalled São Paulo PPP, Work begins on Toronto Finch West LRT; Partners selected for Panama monorail; Bozankaya wins Iasi tram order; St Louis Loop Trolley future in doubt; BART Berryessa extension ready to open; Government calls for immediate Hanoi metro opening.
MAIL BOX
Why don’t we still use trailler? Beware developers who try to hijack tram schemes.
CLASSIC TRAMS: BRNO’S TRAM PARTY
Mike Russell reviews the street party held to mark 150years of trams in Brno.

表紙:フランス国鉄のパリのトラムトレイン

 

 

| | コメント (0)

謹賀新年2020年

謹賀新年 2020年

今年も当ブログをよろしくお願いいたします。
関係者へ出した年賀状に使った写真を紹介します。


<鉄道バージョン>
羽越本線(桑川-今川)
▲おなじみの桑川ー今川のお立ち台

T_dsc_8651_20200105080601
▲2019年の夏から走り始めたGV-E400系


<自転車バージョン>
信濃川とブロンプロン
▲2020年はブロンプロンの稼働も上げたいところです

六十里越とDAHON DASH X20
▲DAHON DASH X20も10年目となりますが、まだまだ現役

 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »