« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

【鉄道】晩秋の只見線・第1只見橋梁へいってみる

R01.11.09(土) 只見線のキハ40もいつまで走るかわからず、そろそろ撮っておかないとということで、只見線の超有名撮影地である第1只見橋梁の俯瞰お立ち台へ行くことにしました。朝6:30に道の駅尾瀬街道みしま宿に到着しましたが、既に駐車場は8割が埋ます。予想はしていましたが、道の駅から山道を登って俯瞰お立ち台まで来ると、100人ぐらいの人がいて大混雑。しかも外国人旅行者もかなりの数がいて、只見線もインターナショナルな路線になっているようです。既にこの時間では出遅れ感があり、一番上まで登って撮ることになりました。
若松行424D、川口行423Dは、後ろの山には日があたりますが、列車は影の中。次の若松行426Dと川口行425Dでようやく列車にも日があたってくれました。何度も来ている方々は、今年の紅葉は遅くイマイチとか言っておりましたが、それでも只見川の雄大な景色の中を走る只見線を撮ることできました。第1只見橋梁は、比較的楽に雄大な写真が撮れるので国際的な観光スポットになっているようです。


このあと用事があるので、昼の列車はパス。ただ、会津川口駅の俯瞰できる場所がそうなので、その場所をチェックして本日終了としました。


只見線・第1只見橋梁
▲425D会津川口行(只見線会津西方–会津桧原)


只見線・第1只見橋梁
426D会津若松行(只見線会津桧原–会津西方)▲


只見線・会津川口駅 
▲会津川口駅を只見川の対岸から撮る

| | コメント (0)

【書籍】鉄道建築ニュース 2019年12月号

548be962b21c4810b9e3097dbb02acae

鉄道建築ニュース
<目次>
◆特集
■東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
開催に向けた駅舎整備(その1)
◆ステーション・開発
■八高線 丹荘駅コンパクト化
■篠栗線 篠栗駅自由通路新設
◆すまい
■八王子事業所内保育所整備
■鷹取トレーニング施設新設
◆駅舎ニュース・ミニニュース
■私の仕事場
■鉄道建築魂
■駅前ひろば
◆協会催事・お知らせ

| | コメント (0)

【書籍】住友電工グループ PR冊子 「id」vol.09インド貨物専用鉄道建設プロジェクト

Fcdf9f03be9f4c868d62c572c2321e7c

住友電工グループのPR冊子にインドの貨物専用鉄道建設プロジェクトの記事が載っていたととから、お友達がたまたま見つけて、持ってきてくれました。企業PR冊子で海外の鉄道のことが特集されるのはとてもめずらしいかと思います。

住友電工グループ・未来情報マガジン
idvol.09
発行 2019年夏号
企画・発行 住友電気工業株式会社 広報部
編集・制作  ユニバーサル・コンボ有限会社

<目次>
特集
インドの経済成長を加速させる貨物専用鉄道建設プロジェクト
急速な成長を遂げる大国・インド
―デリー〜ムンバイ間1500km、一大動脈を実現せよ〜
日本とインドの友好が生んだプロジェクト
―飛躍的な大容量・高速輸送を実現する貨物専用鉄道―
トロリ線受注に向けて一丸となった想い
―インドビジネスへの果敢な挑戦―
厳しい要求に応えた製造の現場
―営業と技術の強力な連携が生んだトロリ線
日本の新幹線がインド国土を駆け抜ける
―住友電工グループの鉄道事業ビジョンー
もう一つのインド戦略
「明電舎」の変圧器納入―All住友で新たなビジネス創造をー

 

| | コメント (0)

【書籍】運輸と経済 2019年12月号

05df67ea946049428c5271017df5de14

<目次>
特集:コンセッションー官民連携の論理と実際―
●特集の趣旨
PPP/PFIと官民連携
●座談会
わが国におけるコンセッション、PFIのこれまでとこれから
/井熊 均/柘植浩史/波々伯郎/山内弘隆
●論稿
Ⅰ.官民連携の論理
コンセッションとは何か/柳澤泰洋/中井計雄
コンセッション台頭の背景/植田和男
日本とフランスの比較からみるコンセッション方式の導入・展開/福田健一郎
財政の観点からみたコンセッション/佐藤主光
Ⅱ.民連携の実際(1)国内編
仙台空港におけるコンセッションへの参入と地域振興に向けた取り組み
/緒方義規
空港は地域活性化のゲートウェイ/三菱地所
官民連携による国際クルーズ拠点の形成/国土交通港湾局
愛知県国際展示場AICHI SKY EXPOにおけるコンセッション
/愛知県観光コンベンション局
インタビュー わが国下水道コンセッション事業の先駆者を目指して
―浜松ウォーターシンフォニーの挑戦―/佐藤丈弘
びわ湖ブルーエナジーの設立と事業方針について
―日本初のコンセッション方式によるガズ事業の運営―/深野裕一
旧奈良監獄保存活用事業の特徴と敬意
北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業が目指す新たなまちづくり
「青山共倉創」
―都市インフラの創出とエリアマネジメントによる持続的な運営
/青山共創株式会社
Ⅲ.官民連携の実際(2)海外編
フランスにおけるコンセッション導入とわが国への示唆
―契約スキームや事業期間の多様性t事業実績を蓄積できる参加者体制を学ぶべきー
/小宮一眞
英国におけるPFI/PPPの変遷と今後の展望/橋本直樹
オーストリアにおけるPPPの現状及び我が国への示唆/冨樫哲之
アジアにおけるコンセッションPPP事業と我が国への示唆/高井史代
アジアにおkる都市鉄道PPPプロジェクトの比較分析/伊東 誠
海外交通事情
コンセッション方式による仏南ヨーロッパ大西洋高速線の整備/萩原隆子
海外トピックス
ヘルシンキの公共交通が大事にする「Design for All」の概念/伊藤佳克
●次号予告(2020年1月号)
特集:食と交通(仮)

| | コメント (0)

【書籍】田中宏昌著 南の島の新幹線ー鉄道エンジニアの台湾技術協力奮戦記―

Img_036_20191228090701

著者:田中宏昌
定価:1700円+税
単行本(ソフトカバー): 238ページ
出版社: ウェッジ (2018/2/16)
言語: 日本語
ISBN-10: 4863101961
ISBN-13: 978-4863101968
発売日: 2018/2/16
梱包サイズ:  19 x 13 x 1.3 cm

 

新幹線の初の海外輸出と注目される台湾新幹線ですが、当初は欧州車両システムだったものが逆転して新幹線へ。しかし、インフラ部分は欧州規格のまま、そして欧州と日本のベストミックスを頑なに主張する台湾側、新幹線へのネガティブキャンペーンを張り、我田引水を図る欧州メーカー、新幹線はインフラ、ソフトを含めた全体システムと主張するも理解されない日本側のジレンマ・・・。台湾新幹線プロジェクトに携わった鉄道エンジニアが、そんな紆余曲折のエピソードをまとめた一冊で、台湾新幹線に乗るならば、ぜったい読んでおきたい本です。

はじめに
第1章 年の瀬の台湾高速鉄道紀行
 1 台湾高速鉄道に乗りたい理由
 2 久しぶりの台湾
第2章 台湾高速鉄道受注競争
 1 台湾高速鉄道の概要
 2 敗者復活戦
 3 プレゼンテーション
 4 鍵握るJR
 5 啓蒙活動
 6 張栄発氏からのコメント
第3章 知的格闘技
 1 ユーロトレインの戦略とネガティブキャンペーン
 2 日本側の戦略
 3 ネガティブキャンペーンへの反論
 4 地震セミナーと正式調印
【解説】システムインテグレーション
第4章 車両とインフラのシステムインテグレーション
 1 機電システムとインフラ建設
 2 車両とトンネルのシステムインテグレーション
 3 車両と橋梁のシステムインテグレーション
 4 レールと分岐器と小さな駅
 5 ドイツ製分岐器の後日談
第5章 機電システムのシステムインテグレーション
 1 機電システムの契約調印とスペック変更協議キックオフ
 2 台湾高鐵のスタンス
 3 JR/JARTSのスタンス
 4 日本連合のスタンス
第6章 機電システム 新幹線と技術的相違点
 1 運転室のレイアウト
 2 700T車両
 3 通信システム
 4 信号システム
 5 総合指定室とユニバーサルコンソール
第7章 機電システム 実績ある技術への変更努力
 1 料理のレシピならば
 2 台湾への働きかけ
第8章 台湾高鐵の要員養成
 1 リファレンスシステム教育
 2 台湾高速鉄道と九州新幹線
 3 KTXの開業準備行程
 4 リファレンスシステム教育の開始
 5 規程類の改訂と技術者派遣
第9章 運転士の海外調達と開業延期
 1 運転士の海外調達
 2 スケープゴードにされたJR
第10章 走行試験
 1 走行試験開始
 2 遭遇したトラブルやハプニング
 3 台湾高速鉄道の開業と日本連合支援の終了
第11章 高雄にて
おわりに

T_dsc_6995

| | コメント (0)

【鉄道】米沢盆地で米坂線を撮る

D52b8e00f262481d8372328023f68b17

R01.11.4 山形からの帰り道にちょうど、米坂線1130D(坂町→米沢)が来る時間でしたので、吾妻連峰が見える手ノ子ー羽前椿で撮影しました。既に時雨れる季節となり、時々雨がぱらつきましたが、山には日が差していました。11月になると米坂線沿線はなかなかすっきり晴れることがなくなります。

| | コメント (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2019/12 No.288

Img_035_20191219201201

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2019年12号が届きました。
<目次>
REGULARS
Headlights
Headline News
Overnight trains return to Brussels, Lastochka visits Finland, new stock on show at TRAKO
Light Rail News
Berlin U bahn train order delayed, Avignon tramway opens, Zurich tram shortage.
Mail train
News Round Up
RegioJet double deckers enter service in  Bratislava, CP resurrects withdrawn stock, BLS Cargo oeders more Vectrons.
Heritage News
PTG tour visit threatened line s in Hungary, 50 years of Musemszug Haltingen – Kandern.
Railtours Diary
Reviews
FEATURES
Rail adventure arrives in Frence
David Haydock profiles the diverse fleet and operations of Railadvanture, which specialised in moving new rolling stock.
Railways in Russia’s northern capital
Toma Bacic explores the main line and urban rail networks of St Peterburg.
Voralpen variety
With the full launch of SOB’s new Traverso EMUs on Varalpen Express service this month, Keith Barrow looks at the electric mix locos and stock previously use on these working.
Lines between Bologna and Firenze
Part 1; Bologna-Porretta Terme Pistoia
Marco Cacozza traces the history of the original main line across the Appennino mountains between Bologna and Firenze.
VFLI put EuroDual into seivce
David Haydock takes a look at the French freight operator’s first electro diesel loco.
<スイスのファアルペン急行>

 

| | コメント (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2019年12月号

Img_034_20191219194401


イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2019年12月分No984が手に入りました。
<目次>
NEWS
New report shows slow progress in meeting sustainable transport goals; Foshan fuel cell tramway undergoes final tests; Bremerhaven considers tram reinstatement; Siemens expands automation research; APTA leads coalition against drastic public transport cuts; Rio completes VLT network; Chinese Led JV supports Lahore tram plan; private sector partners sought for Conventry VLR project.
OTTAWA’S BUS REPLACEMENT
Vic Simons report on the long-awaited opening of Ottawa’s Confederation Line light rail service and the plans for the future.
ALGERIA’S TRAMWAY REVOLUTION
The second of out two part special focus on development in North Africa’s oil capital.
SYSTEM FACTFILE: MUNICH
Neil Puilling explores a German city with a comprehensive transport system that is set for further expansion.
WORLDWIDE REVIEW
Tender s invited for Bogota tram train project; Sankt Peterburg sing second PPP tram consession; CAF workers dispute Jerusalem tram contract; TfL launched Bekerloo line consultation; St Louis Delmar Loop faces insolvency.
MAIL BOX
Will light rail lose its green advantage?
CLASSIC TRAMS: BRNO
Mike Russell report from a Czech city that went all out to mark 150year of its tramway.
<表紙 カナダ・オタワのLRT>


<Light Rail Transit Associationのwebサイトはこちら>
http://www.lrta.org/archive/


| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »