« 【自転車】国道345号一本木峠ツーリング(鼠ヶ関→余目) | トップページ | 【自転車】六十里越ツーリング(国道252号) »

【鉄道】新津のGV-E400系が営業運転開始

R1.8.19 アナウンスのあった通り、新津の国鉄型気動車を置き換えるための新車GV-E400系の営業運転が開始されました。投入された運用は、前日までキハ40系の3連固定で、夕方に新津から馬下と往復した後に、羽越本線で新発田を往復、そして鼠ヶ関に行って1泊後、始発として新津へ戻ってくるもの。新車になっても減車せず3両で登場でした。併合や開放がない単純運用なので、ますはここからスタートのようです。

夕方に新津行き、新津発新発田行133Dに初乗車してみます。片運転台の2両1ユニットのGV-E401+402に会津若松方に両運転台のGV-E400を加えた3両編成。室内の座席はピンク色のモケットで半分にロング、半分がクロスシートというE129電車の配置に似ています。しかし、クロスシート部分は2人掛けと4人掛けになって通路を確保しているので、このあたりは110系を踏襲しています。外見は、最近の車両の割に、電車のようなスマートさがなく、なんとなくごっついイメージがします。これもいずれ慣れるのかもしれませんが、もしもHB-E210と同じボディーならば、E129と瓜二つなので、新潟ではこっちの方が良さそうな気がしますが、あえて一新したのかもしれません。

ハイブリッド車だから仙石線のHB-E210のようにエンジン音が煩いのかと思っていましたが、そこは新系列ということで、静かな感じがします。乗り心地は、やはり国鉄型に比べると立揺れが少なく、最近の電車にあるふわふわ感でした。

初日ということで、趣味人がかなり乗っていましたが、通勤・通学の利用者から「お!新しくなっている」と喜びの言葉がちらほら聞こえていました。まずは新潟周辺でお試しをして、いずれ運用が拡大していき、来春にはいよいよ置き換え完了となります。

GV-E400系
▲磐越西線・馬下往復後、一旦側線へ引き上げて、再度入線します。

GV-E400系
▲2両1組のGV-E401と402が新発田方

GV-E400系
▲若松寄りのGV-E400は両運転台

GV-E400系
▲ワイドボディではないの少々狭く感じますが、E129と似ています

GV-E400系
▲運転装置は、基本電車です

GV-E400系
▲新発田で新津へ折り返し、今晩は、最終列車として鼠ヶ関まで走ります

|

« 【自転車】国道345号一本木峠ツーリング(鼠ヶ関→余目) | トップページ | 【自転車】六十里越ツーリング(国道252号) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【自転車】国道345号一本木峠ツーリング(鼠ヶ関→余目) | トップページ | 【自転車】六十里越ツーリング(国道252号) »