« 【自転車】由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20 | トップページ | 【自転車】胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20 »

【自転車】鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20

国道7号 山形県道210号  秋田県道131号

<実施日>R01.5.19(日曜)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>羽越本線・羽後本荘駅(有人・自販機あり)
<終点>羽越本線・象潟駅(有人・自販機あり)
<距離>90.1km(羽後本荘駅6:30dp象潟駅13:50av)

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲朝6:30羽後本荘駅前をスタートして鳥海山グリーンラインの入り口・吹浦へ向かいます


R1.5.19 鳥海山の8合目(1150m)まで行く鳥海ブルーラインのヒルクライムにチャレンジしました。鳥海ブルーラインは、秋田側が県道131号、山形側が210号と番号がかわりますが、象潟と吹浦を鳥海山経由で結ぶ1本道です。本荘―仁賀保―鳥海山―吹浦―酒田と素直に秋田側から登りたいところですが、ものすごくキツイようなので、距離はかなりながくなりますが、本荘―象潟―吹浦―鳥海山―象潟とし、山形側から登ることにしました。

本荘から吹浦までは基本的に国道7号で海岸線に沿って南下することになりますが、脇道や旧道でなるべく国道を避けます。それでも県境付近となる象潟から女鹿まではう回路がなく国道を走りました。この区間はちょうど高速道路が切れている区間ですが、日曜日の午前中の早いこともあり車は少なめ。女鹿からは旧7号線となる国道345号を走り吹浦へ。

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲象潟付近の国道からは正面に鳥海山。あそこまで登るんだぁ

観光地・十六羅漢岩が見えてくるといよいよ鳥海山ブルーラインの入り口です。海岸線からのスタートなので、海抜数メートルからピークの1150mを目指すことになります。山裾が広い山だけに最初は緩やかな勾配でスタートしますが、これがいつまでも続く訳ではありません。最後の集落を過ぎて標高150mぐらいから坂がキツクなってきました。ところどこで、10%超えの坂もでますが、大部分はヒトけた勾配。本日は、真夏並みの気温まであがるということなので、小まめに休憩して岩塩をなめたりしました。

標高700mぐらいから大平山荘までは連続つづら折り区間となります。この当たりまで来ると、ところどころで眺望が広がり眼下に吹浦や日本海が見え、道路の脇には残雪も目立ってきました。この坂を登り切って、大平山荘で休憩をし、自販機で水分補給です。この間にロードの方2台が休むこともなく力強く登っていきました。すごいです。ここまでで標高1000mですから、あともう少しです。

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲吹浦付近の海岸線

山荘からしばらく登ると秋田・山形県境の案内板。ここを境に道が下っているので、登り切ったと勝手に喜んで記念写真を撮ったものの、その先にまた登り坂がありました。このあたりまで来ると雪がたくさん残っていて、スキーをやっている人を多く見かけます。そのせいか、路上駐車も目立ちます。いよいよ、鉾立山荘の建物が見えてきて、間違いなく1150mに到着です。天気も良いせいか沢山の観光客がいて、展望台から風景を楽しんでいます。山形側から登ったものの約20kmで標高差1150mを登ったので、けっこうお疲れモード。芝生で30分ほど昼寝することにしました。

鉾立山荘からは、下るだけですが、山岳パトロールの方から「気温が高いので、熱中症に注意してください」とお声がけをもらいました。激しい下りつづら折りが続きますが、日本海と山裾の雄大な景色を見ながら走ります。象潟ICの手前まで下り坂でほぼ漕ぐことはなく、ブレーキングだけで30分で降りてきました。途中で振り返ると、鳥海山全体が見渡せ、さっきまであそこにいて、あのルートを下ってきたなということが分かります。

そのまま国道7号に出て、象潟駅近くにある「道の駅 象潟 ねむの丘」で風呂に入ってから象潟駅で終了です。今回は泊ツーリングで荷物が多かったので、ヒルクライムは少々心配したのですが、なんとかピークまで行くことができました。登っているときはかなりツラかったのですが、ピークからの眺望を見ると不思議と「登ってよかったな」という達成感が沸いてきます。鳥海山グリーンラインは、ピーク付近に大平山荘や鉾立山荘があり、飲み物調達が可能なので、登りごたえのある、安心ルートでもあります。

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲いよいよ鳥海山グリーンラインへ

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲山へ向かう道での最後の集落。この先は勾配がキツクなります

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲つづら折り区間までくると見晴らしがよくなります

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲大平山荘で休憩。あと少し

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲ピークと間違えた県境。ピークのもっと先です

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲ピーク付近は大量の残雪。スキーヤーもたくさんいました

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲本日の最高視点1150mに到達

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲雄大な景色が広がります

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲象潟に向かって一気にくだります

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲鉾立駐車場から30分で里についてしまいました

鳥海山ヒルクライム by DAHON DASH X20
▲無事に象潟駅に到着。道の駅の風呂へ

 

|

« 【自転車】由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20 | トップページ | 【自転車】胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【自転車】由利高原鉄道ポタリング(矢島→羽後本荘)by Dahon DASH x20 | トップページ | 【自転車】胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20 »