« 【鉄道】大都市のローカル線―東海交通事業・城北線. | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース 2019年6月号 »

【鉄道】全線開業したばかりのおおさか東線に乗ってみる

JR西日本・おおさか東線
▲新大阪駅で出発を待つおおさか東線・久宝寺行き201系

R1.5.6 前日にパッとしない名古屋の「城北線」の乗車に続き、R1.3月に全線開業したJR西日本の「おおさか東線」に乗ってみます。この路線は、先行開業していた放出と久宝寺の間は既に乗っていますが、新線開業区間だけではなく、ここはやはり運転系統の新大阪から久宝寺までを往復してみました。

新大阪駅のおおさか東線の乗り場となる1番2番線ホームに行くとウグイス色の201系が停まっています。今までこのカラーは新大阪駅ではレアケースだったので、おおさか東線とはっきり区別できるかもしれません。

JR西日本・おおさか東線
▲単線貨物線転用とは思えないぐらいグレードアップしたおおさか東線

8:14発久宝寺行きに乗車して出発です。ノロノロ走ることもなく加速し、東海道本線をオーバーハングして乗り越して、おおさか東線へと入っていきます。車内は座席が全て埋まり立っている人もたくさんいる状態でした。新大阪→久宝寺と乗り換え検索すると関西本線の大和路快速が最速と案内されることもありますが、乗り換なしということで使い勝手は悪くなく、各駅では各民鉄、地下鉄、JR線と乗り換えが可能なので、利用者も多く、同じく貨物線転用で前日に乗った「城北線」とは雲泥差となっています。

以前は単線だった城東貨物線を複線化していますが、併せてハイグレード化しているようで、実質はあたらしい通勤新線となっていて、きびきびと走っていました。途中、片町線とは、乗り換え方向により鴫野駅と放出駅を使い分けると対面乗り換えができるようになっています。

新大阪駅から久宝寺まで所要は35分。この路線では、新大阪―奈良の快速が数本運転されていますが、もう少し増発してもよさそうですし、大阪―新大阪―奈良―関西本線経由―名古屋の急行かすがを復活させてもよいかなと今回乗車して妄想していまいました。全線が開業したことで、いろいろな可能性を秘めた鉄道ができたと思いました。

JR西日本・おおさか東線
▲今年開業した「城北公園通駅」

JR西日本・おおさか東線
▲城北公園通駅に進入する新大阪駅。線路がヘロヘロしているところが貨物線のなごり?

 

|

« 【鉄道】大都市のローカル線―東海交通事業・城北線. | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース 2019年6月号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【鉄道】大都市のローカル線―東海交通事業・城北線. | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース 2019年6月号 »