« 【自転車】胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20 | トップページ | 【書籍】東北福祉大・鉄道交流stブックレット04 むかし秋保まで鉄道が走ってた。 »

【自転車】信濃川ショートツーリング by Brompton SL6-X

国道403号 新潟県道141号

<実施日>R01.06.01(土曜)
<車種>Brompton SL6-X
<起点>信越本線・新潟駅(有人・売店あり)
<終点>信越本線・新潟駅(有人・売店あり)
<距離>73km(新潟駅9:50dp加茂駅12:10av新潟駅14:15av)

R1.6.1 本日は、久しぶりにブロンプトンを使って新潟近くの信濃川周辺の探検ツーリングに出かけました。予報では風は南、行きは向かい風ですが、帰路は堤防の上を追い風で戻ってくる計算です。

信濃川ショートツーリング by Brompton SL6-X
▲鳥屋野潟スポーツ公園で記念写真

新潟中心部から鳥屋野潟スポーツ公園を目指し、そこから先は新潟市から南に延びる広域農道を走りました。広域農道といっても車の抜け道になっていて交通量は多く、舗装もあまりよくありません。途中クランク状に曲がってさらに広域農道を進むと交通量が多く高速で車が走る国道403号バイパスと並行するようになります。ただ、平行も長くは続かず、バイパス、さらには国道403号の既存ルートに合流となります。

国道403号は、バイパスが建設中で、未開通区間となる既存国道は、いずれ国道からずれので、もう手をかけないのか舗装も良くありません。昔からの集落内を走り抜けていることから改良も進んでおらず、路側帯がほとんどない狭隘国道です。そんな状態のところに、バイパスから車が流入するので、積極的に走りたいと思うルートではありませんでした。いずれ、バイパスが開通するとガラガラルートになるのでしょうが、今は我慢です。しぶしぶですが、加茂市街地まで走り、そこでようやく国道403号を離れることができました。

信濃川ショートツーリング by Brompton SL6-X
▲道の駅にいつで休憩

加茂の市内では、マスカガミ酒造の建物で記念写真を撮ってから、アーケード街を抜けて加茂駅へ。ここで新潟へと折り返すことにしました。

加茂からは、加茂川に沿って信濃川合流点へと走ります。信濃川に出てからは、下流に向かって左側の堤防を走りました。最初は県道141号ですが、途中から市道へと変わり、信濃川と中之口川の合流点付近のV字ルートの迷いそうなポイントがありますが、新潟市中心部手前まで堤防でアプローチすることが可能です。

ただ、堤防ルートは川が蛇行しているので、新潟市街地のビル群が見えてからけっこう走る感じがします。左側堤防に限れば交通量が少ないので、たいへん走りやすく、使えるルートのようです。ここをベースにバーションアップしたルートもできそうです。本日は新潟―加茂往復と越後平野どまんなかツーリングで坂はなしでした。

信濃川ショートツーリング by Brompton SL6-X
▲加茂市街地の加茂川

信濃川ショートツーリング by Brompton SL6-X
▲マスカガミ酒造で記念写真

信濃川ショートツーリング by Brompton SL6-X
▲加茂駅で新潟へ折り返し

信濃川ショートツーリング by Brompton SL6-X
▲信濃川堤防の県道141号、交通量は少なく走りやすい

信濃川ショートツーリング by Brompton SL6-X
▲市街地は旧街道と思われるルートで新潟駅へ

信濃川ショートツーリング by Brompton SL6-X
▲新潟駅南口まで直ぐ

|

« 【自転車】胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20 | トップページ | 【書籍】東北福祉大・鉄道交流stブックレット04 むかし秋保まで鉄道が走ってた。 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【自転車】胎内・せきかわツーリング by DAHON DASH X20 | トップページ | 【書籍】東北福祉大・鉄道交流stブックレット04 むかし秋保まで鉄道が走ってた。 »