« 【自転車】桜と菜の花が咲く利根川自転車道を行く(渋川→古河) | トップページ | 【鉄道】桜を期待して米坂線へ。まだ早かった。 »

【鉄道】名鉄資料館と名古屋市交「レトロ市電館」「市営交通資料センター」へ

名鉄資料館
▲名鉄資料館の展示ケースには紙資料、興味深いものも多い

H31.3月の飛び石連休を利用して名鉄全線・名古屋市交通局地下鉄全線を走破するついでに、名鉄と名古屋市交通局で資料展示施設を設けているので、足を運んでみました。

名鉄資料館は、平日のみ開館でしかも電話予約制なので、H31.3.22(金)の平日に行ってみました。研修施設の敷地にありますが、駅隣接とはなっておらず、可児線の日本ライン今渡駅から歩いて30分弱かかりました。車両の展示はなく、大きなものでも台車やパンタグラフ程度で、どちらかというと書類や制服、小物類が多く展示されていました。

長い歴史を持つ同社だけに、古い資料も多くあって、また吉田初三郎の沿線鳥観図の原画と思われるものも展示してあって、じっくり見ると1時間以上はかかってしまいます。またパノラマカーの先頭についていた列車種別と行き先表示の作動やミュージックホンの体験もあって楽しませてもらいました。

名鉄資料館
▲台車、パンタグラフなどが資料館のなかでの大きな展示物

一方、名古屋市交通局も負けてはいません。地下鉄赤池駅から徒歩圏内の日進工場の敷地に「レトロ電車館」という名古屋市電3両、地下鉄東山線の初代車両2両の展示施設と中心部には、書籍や書類、シミュレーターなどを配備している「市営交通資料センター」の2館があります。レトロ電車館では、隣接する日進工場の見学会も月曜日と金曜日に行っていて、電話してみるとH31.3.22(金)は見学がお休みということだったので、市営交通資料センターとともにH31.3.23に訪問してみました。

名古屋市交通局レトロ電車館
▲名古屋市電の連接路面電車3000形。車内も見る事が可能です

レトロ電車館の保存車両5両は、全て屋内保存となっていることからたいへんきれいに手入れされています。どの車両も室内に入ることが可能で、外見、車内、台車などの機器類をじっくり見学することができます。展示車両の中でも日本では珍しい連接型路面電車の3000形は当施設の目玉といえるでしょう。また1400形や2000形は交通局以外で保存されていたもの再整備して展示しているとのことです。一方の地下鉄100形は、昭和30年代初頭の電車ということですが、きれいに保存されていて、路面電車とは違い、昭和の高度成長期を感じることができました。5両のみの保存ですが、ご当地車両の展示中心だけにかなりじっくりと見る事ができてたいへん素晴らしい施設でした。

名古屋市交通局レトロ電車館
▲名古屋地下鉄の初代車両100形も2両が保存展示

さて、もうひとつの「市営交通資料センター」は、地下鉄鶴舞線丸の内駅から少し歩いたビルの一室にありました。シミュレーターがおいてあるぐらいかと期待しないで、いったのですが、さすがに実物はないにしても、シミュレーター、車両の部品、模型ジオラマコーナーと小ぶりながら多彩で充実していて、館内は親子連れでそこそこにぎわっていました。展示物はさておき、公開図書資料の蔵書が多いことに驚きです。定期刊行物のほか、全国各地の鉄道事業者やバス事業者などから贈呈されたと思われる社史などが充実。思わず手に取って立ち読みしてしまいました。加えて、ここにくれば主要な鉄道雑誌も立ち読み可能です。また、期限切れの記念乗車券、交通局で発行した記念誌が発行当時そのままの値段で販売されていてびっくり。丁寧な造りの本で、下記の通り1万円近くを出して購入してしまいました。
・ナゴヤの地下鉄 メモリアル30(1987年11月発行)。
・名古屋を走って77年(1974年3月発行)
・市営交通70年のあゆみ AYUMI1992(1992年8月発行)
・市営50年史(昭和48年発行)

名古屋地区は企業博物館を設ける文化が根付いているようで、鉄道好きなら一度は立ち寄りたい3館です。

名鉄資料館
https://www.meitetsu.co.jp/recommend/library/
名古屋市交通局レトロ電車館
https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/ENJOY/TRP0000498.htm
名古屋市交通局交通資料センター
https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/ENJOY/TRP0000497.htm

名古屋市営交通資料センター
▲名古屋市営交通資料センターの書棚には、各地の鉄道企業史もあります

名古屋市営交通資料センター
▲鉄道の展示のほかにバス関係もあります

|

« 【自転車】桜と菜の花が咲く利根川自転車道を行く(渋川→古河) | トップページ | 【鉄道】桜を期待して米坂線へ。まだ早かった。 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【自転車】桜と菜の花が咲く利根川自転車道を行く(渋川→古河) | トップページ | 【鉄道】桜を期待して米坂線へ。まだ早かった。 »