« 【鉄道】新潟県立図書館企画展「北陸の鉄道・交通」 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2019年4月号 »

【鉄道】ノーマル姿を見に、「快速きらきらうえつ」に乗りに行く

「快速きらきらうえつ」も2019.9末で運行を終了とのアナウンスがありました。使用されている485-700はその後、しばらく臨時列車に使用した後、いよいよ廃車になるようです。さらにJR東日本の新潟支社のwebサイトを見ると「快速きらきらうえつ」は、4月以降は月替わりでさよならヘッドマークがつきますので、ノーマルな姿は3月一杯となります。

ノーマルな姿を撮って、さらに乗り納めをしようと、3月末の土日の運行の指定席をえきねっとで探すと、新潟→酒田は、既に満席。一方、他からの列車の接続が悪い酒田→新潟は、座席に余裕があり、こちらの指定席をGETしました。ということで、H30.3.30 快速「きらきらうえつ」に乗るべく、酒田へ向かいました。

当日は、駅撮りしたいと思っていたのですが、酒田駅の出発は3番線で向かい側ホームからの撮影が不可。そして新潟駅着は5番線でしたが、4番線で村上行普通列車が停まっていて、やはり撮れませんでした。なんとか酒田駅で留置してあるところを撮影できましたが、これも隣に先発の「いなほ」が留置してあり、それが移動した後となので、そんなの多くの時間はありませんでした。


485-700は一見、だいぶ派手な外観ですが、慣れてくると意外に厚化粧感がなく、車両にフィットしているように思います。最近はシックな車両が多いので、こういう車両も良い気がします。「快速きらきらうえつ」の4両編成のうち1両は売店兼ラウンジカーなので、実質は3両が座席車、シートピッチも広くとっているので、かなり贅沢な造りとなっています。同じ区間を走る特急「いなほ」よりもグレードが高く、速度もそんなに変わらず、しかも510円の指定券だけで乗れるので、土日に関してはどうせなら「快速きらきらうえつ」というのが、新潟地区や沿線では趣味人でなくても知っている人が多いように思います。

いよいよ、秋の定期運用終了に向けてカウントダウンへ。そのあとは、臨時列車として走るとのことで、長野方面や交直性能をいかして北陸方面へも面白いと思うのですが・・・。ラストランは、どこを走るのか楽しみなところです。

 

きらきらうえつ
▲酒田駅の留置線に停車中

きらきらうえつ
▲引き揚げ線から酒田駅3番線へ入線

きらきらうえつ
▲4月からヘッドマークが付く「快速きらきらうえつ」

きらきらうえつ
▲慣れると485-700に対して違和感のないカラーリング

きらきらうえつ
▲実質の食堂車ともいえるラウンジカーは魅力的

きらきらうえつ
▲新潟駅は5番線到着。隣の村上行きがじゃまで向かい側ホームから撮影は不可

|

« 【鉄道】新潟県立図書館企画展「北陸の鉄道・交通」 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2019年4月号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【鉄道】新潟県立図書館企画展「北陸の鉄道・交通」 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2019年4月号 »