« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20

国道390号沖縄県道206号沖縄県道209号沖縄県道87号
<実施日>H31.02.10(日)
<車種>DAHON DASH X20
    KhodaaBloom FARNA
<起点>石垣空港
<経由地>伊原間交差点、平久保崎
<終点>石垣港
<距離>72.2km(石垣空港9:20dp石垣港16:20av)

■石垣島遠征1日目
【自転車】石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-96d0.html

■石垣島遠征2日目
【自転車】石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/23-by-dahon-das.html

■石垣島遠征3日目
【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/by-dahon-dash-x.html

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲宿から空港まで送ってもらいスタート

H31.2.10 石垣島で走り残している東北方向に突き出ている半島部分を走ることにします。この半島部分は、周回する道がありませんので、周回道路のある伊原間から半島北端となる平久保崎の間が単純往復となります。

本日の起点は、お友達の足の負担を軽減ということで、石垣空港、ここから北上となります。天気予報は「曇り」、空港出発時点では、陽も照っていましたが国道390号を走り始めて1時間もするとポツポツと雨が降ってきました。少々天気に不安を感じながら走っていると、なんとリアタイヤがパンク!調べると小さいガラスが刺さっていました。チューブを交換して、走り始めましたが、北に向かうにつれて雨がだんだん強くなってきて、途中、雨宿りをする状態となってしまいました。

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲国道390号で北上するものの雲行きが怪しい

伊原間から県道204号の平久保崎への一本道に入ると、さらに雨脚が強まり、雨は降ったり止んだりとなりました。せっかく来ましたので、ツーリング中止とはせずに、強く降ってきたときは、木の影などで雨宿りしながら走り、12:00の島の北端となる平久保崎に到着しました。灯台にいってみると北風に乗って雨雲が向かってくるのが見えて、そう思っているうちに雨粒が落ちてきて、早々に退散です。来た道を戻り始めると、土砂降りとなってしまい、木の影で雨宿り。平久保崎で会ったサイクリストは、諦めたようで土砂降りの中を走り去っていきました。結局、1時間以上大きな木の下で雨宿りをし、小降りになってところで、ようやく再開しました。

散々雨に祟られて、周回道路との合流となる伊原間まで戻って来ると、道路は乾燥、陽も差し青空が広がっていて、今までの雨がうそのようです。途中、石垣島産のコーヒーを飲ませてくれる「人魚の里」に休憩を兼ねて寄り、コーヒーを飲みながら、店主と話しをすると朝パラッと雨が降った後は、ずっと晴れていたとのこと。どうも、今日は、風の影響で島の北と南では、まったく違う天気だったようで、北の方を見ると雲がかかっているので、たぶん終日、雨が降ったり止んだりとなっているのでしょう。

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲国道390号上でなんとパンク

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲周囲にまったく民家がないのに、小さなガラス片が・・・。これが原因でした

「人魚の里」の休憩のあとは、国道390号から県道209号と87号を使い、海岸線ではなく島南部を横断するようにショートカットして石垣港へ向かいました。このルートは、空港・白保経由よりも距離が短いものの、丘陵地を越えるので、港の手前までは緩やかに上り坂。本日の前半は雨のツーリングで、ようやく天気が回復したら、最後の最後でだらだら上り坂となり、疲れなのかお友達は遅れ状態でしかも無言状態となってしまいました。

サミットを越えて石垣港への下り坂の途中、石垣中央運動公園の野球場では、プロ野球のロッテがキャンプをしていて、交流試合もやっていたことから出店など賑やかになっていました。気分転換を兼ねて、こちらを冷やかしてから、石垣港へ無事に戻ってきました。

本日と前日のツーリングと合わせて、石垣島は全走破です。島の北部では雨に当たってしまいましたが、全般的には気温もちょうどよく、楽しい石垣島ツーリングとなりました。この時期に沖縄を走るのは、とても快適でクセになってしまいます。また来年も来たいところです。

■石垣島遠征1日目
【自転車】石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-96d0.html

■石垣島遠征2日目
【自転車】石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/23-by-dahon-das.html

■石垣島遠征3日目
【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/by-dahon-dash-x.html

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲県道206号に入ると雨が降ったりやんだり

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲平久保崎。この直後に土砂降りへ

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲木陰で雨宿り

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲県道206号を南下するほどに天気が回復

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲国道390号に戻ると初夏のような天気

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲島コーヒーと島ババナで休憩

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲土砂降りがウソのようです

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲ロッテマリーンズのキャンプを冷かしてから宿へ

石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
▲石垣港の宿に戻ってきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20

沖縄県道79号国道390号

<実施日>H31.02.09(土)
<車種>DAHON DASH X20
      KhodaaBloom FARNA
<起点>石垣市役所
<経由地>川平湾、伊原間交差点、石垣空港
<終点>石垣市役所
<距離>89.8km(市役所8:30dp市役所16:30av)

 

■石垣島遠征1日目
【自転車】石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-96d0.html

■石垣島遠征2日目
【自転車】石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/23-by-dahon-das.html

■石垣島遠征3日目
【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/by-dahon-dash-x.html

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲石垣市役所でスタートの記念写真

H31.2.9予想最高気温23度、天気は晴れと絶好のツーリング日和となりました。石垣島は、一周120kmなのでがんばれば一日で走れる距離ではありますが、お友達にとってこの距離は未知の領域ですし、急ぐ必要もありませんので2分割して2日間で島一周を目指します。

本日は、石垣市役所を起点に、海岸線をなるべくトレースしながら島を時計周りに回ります。まずは市街地を出て海岸線を沿って、そして西御神崎付近をぐるっと遠回りして川平湾へ。その先は、お友達の体力を見ながら距離を調整し市街地へ戻る(周回する)こととなります。結果的には、当初予定していたよりもだいぶがんばりまして、島の北西半島の県道79号・国道390号との接続となる伊原間交差点まで北上して、そこから国道390号を走って石垣空港南端をかすめて、無事に石垣港に戻ってきて、石垣島2/3一周完了です。これにより伊原間から北へ突き出た半島部分を残しましたが、これは翌日走ることとなります。

少々北風が強かったものの、気温はちょうどよく、日差しも柔らかで、たいへん走りやすいコンディションでした。市街地こそ、車は多いですが、そこを離れると一気に激減しますし、大型車両も少ないので、その点は安心。本日のルートはそれほど激しい坂はなく、ダラダラと上ったり、下ったりという感じで、初心者でもがんばれるコースでした。なんといっても走りながら見える海は青く、きれいなので、気分がよく、あっという間に一日が過ぎました。

■石垣島遠征1日目
【自転車】石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-96d0.html

■石垣島遠征2日目
【自転車】石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/23-by-dahon-das.html

■石垣島遠征3日目
【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/by-dahon-dash-x.html

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲市街地を抜けて、名蔵アンバルを走る

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲海岸にはマングローブ

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲県道79号から別れ遠回りで、御神崎へ

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲御神崎で記念写真

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲再び県道79号へ。ヤエヤマサクラが満開でした

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲地元産のパイナップルのスムージーを食べました

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲観光地の定番「川平湾」。まさにガイドブックの通りでした

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲川平でランチタイムに

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲川平から県道79号で北上

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲浦底湾を見ながら北上

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲県道79号、県道205号、国号390号が交差する「伊原間交差点点」から南下

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲国道390号で空港南端をかすめて、市街地へ。

石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
▲島の2/3周を完了して石垣港の宿に戻ってきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)

T石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
▲石垣空港で自転車をセットして、石垣港までウォーミングアップ

■石垣島遠征1日目
【自転車】石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-96d0.html

■石垣島遠征2日目
【自転車】石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/23-by-dahon-das.html

■石垣島遠征3日目
【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/by-dahon-dash-x.html

H31.2.8今年も初漕ぎを兼ねて恒例の遠征で、昨年は、沖縄の宮古島でしたが、今年はさらに南にある石垣島へ。羽田発朝6時15分の飛行機で石垣空港に到着し、少し遅れてお友達も到着し合流しました。今回同行するお友達は、昨年の宮古島一周で、1日に2回パンクする憂き目にあったことから、今回は息子のロードバイクを持参(飛行機輪行)しました。友達に至っては、初輪行は飛行機でかつ、石垣島なので、今後どこにでも遠征できそうなツワモノになりそうです。

ということで、2人とも空港から走れる訳で、まずはウォーミングアップを兼ねて、石垣島から宿泊先となる石垣港までの約15kmを走ることにしました。空港敷地を出ると町の中心部への道には「テリハボク」といわれる南方系の街路樹が続いていて早速、南国ムード。途中、渡った橋の下にはマングローブが当たり前にありました。

石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
▲東南アジアの街道のような空港から中心部への道

約40分で石垣港到着。午後からの行動に備えるためにホテルに荷物を降ろしてしまいます。午後は竹富島を往復する予定ですが、聞けば、石垣と竹富島の船の輪行料金が片道1000円もし、しかも島は小さく貸し自転車もあるとのことで、輪行はやめてレンタサイクルとしました。

石垣港から所要約15分で到着。船着場には各旅行サービス会社の送迎車が待っていて、そこから島の真ん中にある事務所で自転車をレンタルすることとなります。変速なし自転車1時間300円、変速付き400円ということで、後者を借りました。この島はおむすび型で周囲9kmと大きくありません。観光スポットは、伝統的街並みが残る島の中心地区と南西部の海岸ぐらいです。観光地のひとつコンドイ浜にいってみるとたくさんの観光客が星砂を必死に探しています。「ならば!」と自分たちも砂をよく見て探したら、たくさんの星砂が発見できました。基本的に島は平坦でアップダウンはありませんので、海岸と伝統的保存地区だけを押さえるなら、自転車で2時間もあると回れてしまいます。

竹富島はほぼ一回しましたので、自転車を事務所に返却。後払いで料金はひとり600円でしたから、輪行よりもかなり安くつきました。再び船着場に送迎してもらうとちょうど、石垣島行きの船が到着していて、余韻も味わうこともなく、慌てて乗って島を離れてしまいました。竹富島は、ほんと小さな島の割りに、船の本数は多く、観光客もいっぱいでびっくりでしたが、それを差し引いてもとてもよい場所でした。

■石垣島遠征1日目
【自転車】石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-96d0.html

■石垣島遠征2日目
【自転車】石垣島2/3周ツーリング by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/23-by-dahon-das.html

■石垣島遠征3日目
【自転車】石垣島北東部ツーリング by dahon dash x20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/by-dahon-dash-x.html

石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
▲石垣港ターミナル

石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
▲竹富島のコンドイ浜に到着

石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
▲よーく探すと簡単に見つかる星砂

石垣島スタートアップ(空港アクセス&竹富島)
▲竹富島の伝統的保存地区

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】鉄道建築ニュース2019年2月号(No831)

Img_101

鉄道建築協会の会報、鉄道建築ニュース2019年2月号が届きました。
<目次>
◆特集
■えちぜん鉄道高架化完成
◆ステーション・開発
■盛岡駅1階コンコースリニューアル
◆すまい
■高崎支社ビル別棟建設
■JR東日本研修センター事故の歴史展示館拡充
■RIETEC/日本リーテック総合研修センター
◆インターアラン
■2017年ワトフォード会議視察報告(2)
  《哀愁の国》ポルトガルの駅・まち探訪
◆駅舎ニュース・ミニニュース
◆協会催事
■協会だより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】運輸と経済2019年2月号

Img_100

運輸と経済の2019年2月号が届きました。
<目次>
運輸と経済2019/02
特集:第三セクターのこれまでとこれから―鉄道を中心に―
●特集の趣旨
第三セクター鉄道の今後/正司健一
●座談会
第三セクター鉄道経営のこれまでとこれから/横澤 豊/佐々木弘/盛山正仁/正司健一
Ⅰ.第三セクターの歴史的経緯と基本的論点
 欧米型サード・セクターと日本における第三セクターの展開/前田成東
 第三セクターの本質的問題と進化に向けた課題/宮脇 淳
 第三セクター事業者の経営の効率性と要因分析―鉄道を例にー/倉本宜史
Ⅱ.鉄道分野の第三セクター
 第三セクター鉄道の歴史的変遷と今後のあり方/香川正俊
 会計・財務情報から見る第三セクター鉄道の存在意義
-日本の第三セクター鉄道とアメリアの公営鉄道/伊藤尋志
 北大阪急行電鉄のこれまでと今後の展望/二神健悟
 民間の知恵を活かした地域鉄道再生の取組・第二幕/村尾俊道
 智頭急行のこれまでと今後の展望/寺坂茂文
 信楽高原鉄道のこれまでと今後の展望/友田啓視
 IGRいわて銀河鉄道株式会社のこれまでと課題解決に向けた取組について/浅沼康揮
コラム 鉄道大国スイスの「民鉄」-地域輸送を担う第三セクター鉄道/遠藤俊太郎
Ⅲ.空港分野の第三セクター
 中部国際空港における第三セクター経営の特徴と今後の課題/上用敏弘
 アメリカの空港オーソリティによる空港経営/加藤一誠/中村知識
海外交通事情
 シンガポールにおけるMobilty-X社によるMaasの取組/東野祥策
海外トピックス
 ボゴタにおける自転車利用促進計画
哀悼 斎藤峻彦先生
 斎藤峻彦先生を偲んで―都市交通研修所での思い出を中心に/正司健一
 斎藤峻彦先生の急逝を悼んで―主著3冊が語りかけること―/高橋愛典
●次号予告(2019年3月号)
特集:「日本の『田園都市』創生から100年―その歴史的意味とこれから―」(仮)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2019/2 No.278

Img_099

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2019年2号が届きました。

<目次>
REGULARS
Headlights
Headline News
New Danish speed record, DB to scrap Schones Wochenende Ticket, CFL orders 34 double deck EMUs.
Light Rail News
Nice tramway reaches airport, Amsterdam buys metros from CAF, Wine flexity in service.
Mail train
News Round Up
NS orders 88 more Sprinters, SNCF buys more Franciliens, electrification of lonic route.
Heritage News
AB railcar in Jenbach, AGV coach in Doncaster, two TGVs preserved.
Railtours Diary
Reviews
FEATURES
RBS: the “Clockwork Orange”
Andrew Thompson describes the RBS meter gauge network which carries heavy local traffic around Bern.
WESTbahn continues expansion
Toma Bacic describes the operation of Austrian private operator WESTbahn and takes a cab ride from Salzburg to Wien.
RhB: the next decade
Toma Bacic looks at the Swiss Rhatische Bahn’s plans for modernization and expansion.
Endangered species: Lynettes
Rony Wilson describes the history of these characterful Danish DMU and gives tips on where to find the find the last ones in service. 
<表紙>スイス RhbのGe4/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】越後線の吉田以南で115系を撮る

H31.1.19珍しく朝から日が差しているので、越後線の115系を撮りにでかけました。起きた時間が遅いこともあって、朝の柏崎→吉田→弥彦線往復は間に合わず、柏崎からお昼前に吉田へ向かう141Mとその折り返し140Mを撮ることにしました。撮影場所は、吉田以南では撮ったことがないので、無難に分水―寺泊間にある信濃川分水橋で141M、140Mはロケハンしながら出雲崎―妙法寺間のカーブで狙いました。晴れたといっても西風が強く、雲が次々に流れていて、直射だったり、陰ったり・・・。今回の140M-141Mは、湘南色3連で、上空の雲の動きを見ながら絞りを変えたりしていましたが、分水橋では、通過直前で陰ってアンダー気味、対して出雲崎では直前で直射になってオーバーぎみとなってしまいました。

越後線115系(分水―寺泊)
▲トラスとガーターの組み合わせの分水橋(分水―寺泊)

出雲崎―妙法寺
▲日の長い時期ならサイドにも日があたりそう(出雲崎―妙法寺)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】DAHON DASH X20のディレイラーハンガー交換

DAHON DASH X20のディレイラーハンガー交換
▲最近購入した中古の軽バンでピックアップ。自転車は余裕です

H31.1.14 DAHON DASH X20のディレイラーハンガーの交換が完了したとのことで、車でピックアップしてきました。2011年の購入以来、ハードな輪行で徐々に曲がっていたようで、昨年後半のツーリングでは、ギアを一番軽くするとリアディレイラーがわずかにスポークに擦っていることが判明。2月に石垣島に出かけることを考えて、年末にメンテナンスに出し交換となりました。

ピックアップしてきたものの連日の雨・雪・積雪でなかなか試運転ができず、天気の合間を縫って、近所を走って確認しました。ディレイラーが擦ることはなく、まずは石垣島へ問題なく行けそうです。

DAHON DASH X20のディレイラーハンガー交換
▲交換によりスポークとの干渉は解消です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2019年2月号

Img_098_2

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2019年2月号No974が手に入りました。
<目次>
NEWS
New tramline in Shanghai and Chengdu; Ulm double the size of its tramway; TfL funding shortfall grows; Construction contracts award in Parramatta and Dallas; Mumbai cansels Monorail concession.
MILWAUKEE ON THE HOP
Vic Simons visits the Wisconsin city to find out how the new streetcar service is helping to revitalize the downtown core.
NO MORE COMPLAINTS
Thomas Lorent looks at how modern innovations can help to keep the peace between residents and rail
TRAM TRAIN:LEARNING LESSONS
Tim Kendell and Ian Ambrose recount lesson from the UK’s tram train pilot and consider how to apply these elsewhere.
SYTEM FACTFILE:OLOMOUC
This Moravian city has a small network, but one that is gradually growing despite financial constraints, finds Neil Pulling.
WORLDWIDE REVIEW
Budapest confirms EUR3.1bn HEV upgrade; Indian cities start work on three new metro project; Tel Aviv plans 130km three line metro; Corruption inquiry halts latest Riga tramline; Five offers received for 203 tram Warsaw order; Taipei opens first LRT line; Metrolink’s record breaking month.
MAIL BOX
Where is the pipeline of new UK schemes? Why cost is the major barrier to light rail.
CALSSIC TRAM; GRAZ
City wide co-ordination ensured a perfect tramway celebration, explains Mike Ballinger.
<表紙 アメリカ ミルウォーキーのLRT>






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »