« 【書籍】とろりい・らいんず2018/10 No280 | トップページ | 【鉄道】「第30回新津鉄道まつり」をさらっと見る with Brompton S6L-X »

【自転車】ブロンプトンS6L-Xにキックスタンドを付けてみる

ブロンプトンは、基本的にスタンドがついておらず、駐輪するときは、フレームを折り後ろのタイヤを格納したような状態で立てることとなります。いろいろなところでブロンプトンオーナーが書いていますが、この作業に両手が必要ということで、一瞬ではあるものの意外に面倒臭い。

ブロンプトンS6L-Xにキックスタンド
▲ブトンプトン用チタン製のキックスタンド。やっぱり軽いです

ブロンプトンS6L-Xにキックスタンド
▲これをボルトと本体の間に挟みこみ回転防止としていますが、回ってしまいます

ミノウラのDB-1用のキックスタンドが良いようなのですが、どうやら現在、入手するのが簡単ではないようです。アマゾンで「ブロンプトン キックスタンド」と検索すると「TIPSUM BROMPTON用チタン製キックスタンド」7680円というのがヒットしました。スタンドにしてみると、かなり高額なのですが『チタン製』に惹かれて購入ボタンを押してしまいました。それから、口コミ情報を見ると評判が良くありません・・・。やばいと思いキャンセルを申し出たのですが、中国の会社が現地から直に発送されるらしく、「お客さまの都合によるキャンセルは不可」との回答でした。待つこと1カ月、10月の頭についに届きました。

まあ、勉強料と思いつつ10月6日にブロンプトンに取り付けてみました。後輪の軸にボルトで締めて行きますが、回転止めが良くないようで、スタンドの固定があまくなり、ちょっと力を加えると回ってしまいます。これでは口コミ通り、自転車本体に荷物を積んだりした状態では、まわってしまうだろうというのが正直なという感じです。

なんとなくだましだましの装着ではあるものの、今のところ大きな荷物や重いものは積んでいないので、ちゃんとブロンプトンは自立していて、回転して倒れることもありません。怪しげブランドのキックスタンドですが、はやり、ついているとことでブロンプトンが使いやすくなりました。けど、いずれ交換する必要がありそうです。

ブロンプトンS6L-Xにキックスタンド
▲装着状況。自転車本体だけながら充分自立します

ブロンプトンS6L-Xにキックスタンド
▲折り畳み状態でも邪魔にはなりません

ブロンプトンS6L-Xにキックスタンド
▲スタンドで立てた状態。ちょっとたよりない感じはあります・・・。

|

« 【書籍】とろりい・らいんず2018/10 No280 | トップページ | 【鉄道】「第30回新津鉄道まつり」をさらっと見る with Brompton S6L-X »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】ブロンプトンS6L-Xにキックスタンドを付けてみる:

« 【書籍】とろりい・らいんず2018/10 No280 | トップページ | 【鉄道】「第30回新津鉄道まつり」をさらっと見る with Brompton S6L-X »