« 【書籍】Today’s railways Europe 2018/11 No.275 | トップページ | 【書籍】とろりい・らいんず2018/10 No280 »

【書籍】見に行ける 西洋建築歴史さんぽ

Img_072

日本各地に残る幕末以降の西洋建築(洋館)をカラー写真で紹介している本で、基本的に公開されているもののみが掲載されています。地域別ではなく、幕末から概ね第二次世界大戦の前までに建築された歴史区分で構成。本屋で見つけた時は、駅舎建築がたくさん登場するものかと期待して手に取った本でしたが、鉄道関係は「旧大社駅」のみがエントリー。この駅舎、曰く、純和風に見えるもののトラス構造など西洋技術を使っているとか。駅舎はほとんどありませんでしたが、全国の西洋建築が紙面で一堂に会しているので、旅先の観光下調べなどにも使えそうな一冊です。

文:玉手義朗
写真:増田彰久
定価:1700円+税
単行本: 224ページ
出版社: 世界文化社 (2017/4/4)
言語: 日本語
ISBN-10: 9784418172146
ISBN-13: 978-4418172146
ASIN: 4418172149
発売日: 2017/4/4
梱包サイズ:  21.2 x 15 x 1.8 cm

|

« 【書籍】Today’s railways Europe 2018/11 No.275 | トップページ | 【書籍】とろりい・らいんず2018/10 No280 »

鉄道」カテゴリの記事

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】見に行ける 西洋建築歴史さんぽ:

« 【書籍】Today’s railways Europe 2018/11 No.275 | トップページ | 【書籍】とろりい・らいんず2018/10 No280 »