« 【鉄道】早起きは三文の得(14)磐越西線の5両編成を撮影しに行く | トップページ | 【書籍】藻谷浩介著/世界まちかど地政学 90カ国弾丸旅行記 »

【書籍】運輸と経済2018年10月号

Img_069

運輸と経済の2018年10月号が届きました。

運輸と経済2018/10
<目次>
特集:海峡を越える―四島がつながって30年―
●総説
越えて、つながる~地理学的空港スケールで俯瞰する~/家田 仁
●鼎談
海峡で読み解く世界と日本の歴史
昆 政明/宮崎正勝/廻 洋子
●特別インタビュー
ベテランが語る青函と本四/岡田 宏/深尾和代
国土計画と海峡/奥野信宏/辻村博則
●論稿
Ⅰ.「一本列島」創出から30年
 本州と北海道をつなぐ歴史といま/佐藤肇一
 本州と四国をつなぐに至る歴史といま/井原健雄
 国土の要として悠久の時を刻む関門海峡/樗木 武
Ⅱ.海峡をめぐる地政学
 もう一つのヨーロッパ統合―英仏海峡トンネルと二つの自由主義経済/工藤芽衣
 遥かなるジブラルタル/岩根圀和
 国際政治におけるトルコ海峡の重要性/今井宏平
 ウーアソン海峡横断施設(ウーアソン・リンク)の出現とデンマーク人の国境意識
/村井誠人
Ⅲ.海峡を越える技術
 橋とトンネルの技術小史/三浦基宏
 近代土木遺産「関門鉄道トンネル」を支える技術/深江良輔
 関門国道トンネルおよび関門橋を支える技術/前 浩久
 世界最長の海底トンネルを支える技術-青函トンネル―
 /佐々木裕/鈴木喜弥
 世界最長の吊橋・明石海峡大橋を支える技術―/貴志友基
 トルコ150年の夢―ボスポラス海峡横断鉄道トンネル建設工事―/今石 尚
Ⅳ.「つながる」ことの意味
 青函トンネル開通および北海道新幹線開業が地域の交通・交流にもたらした影響
 /櫛引素夫
 東京湾アクアラインの建設の経緯と開通後の効果/飯干貴彰
 本州四国連絡橋、とくに瀬戸大橋の開通がもたらした社会経済効果/中村良平
 港珠澳大橋―三つの「体制」をつなぐメガリージョンプロジェクト/塩出浩和
 北海道~サハリン鉄道接続の実現可能性/辻 久子
 自転車で海峡を越える「瀬戸内サイクリングロード」/三原恵子
 未知の世界への好奇心と海外パッケージツアー/野口洋平
コラム
 文学と海峡~海峡とかかわり、人は何を得るか/基木 環
 スエズ戦争をめぐる欧米諸国の対応と運河通航/池田 亮
 大東亜縦貫鉄道構想にみる海峡の克服と東アジア一体化/林 采成
 アハムド・ハムディ・トンネル(スエズ運河横断トンネル)改修工事/大塚孝義
 紀淡海峡ルートの実現と期待/竹中雅昭
 ブルックリン橋とローブリング親子の物語/川崎謙次
海外交通事情
 ワシントンDCにおける自転車利用環境とシェアサイクルの現状/永瀬雄一
海外トピックス
 ヘルシンキ都市圏の交通運営―広域公共交通の運営事例として―/黒崎文雄
●次号予告(2018年11月)特集:「港湾の中長期政策PORT2030」(仮)


|

« 【鉄道】早起きは三文の得(14)磐越西線の5両編成を撮影しに行く | トップページ | 【書籍】藻谷浩介著/世界まちかど地政学 90カ国弾丸旅行記 »

鉄道」カテゴリの記事

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】運輸と経済2018年10月号:

« 【鉄道】早起きは三文の得(14)磐越西線の5両編成を撮影しに行く | トップページ | 【書籍】藻谷浩介著/世界まちかど地政学 90カ国弾丸旅行記 »