« 【鉄道】「あいの風とやま鉄道」の車両による「えちごトキめき鉄道」乗り入れ運用 | トップページ | 【書籍】運輸と経済2018年9月号 »

【鉄道】新潟地区のお得列車「らくらくトレイン村上」と快速3950M

H30.8.24本日まで有効のフリーパスもあるので、仕事が終わってから電車で一杯やるかと思い、ビールをもって新潟地区のお得列車である新潟発村上行き「快速らくらくトレイン村上」とその折り返しの村上発新潟行快速3950Mに乗ってみることにしました。この列車は特急いなほ用E653系を使っているので、新潟・村上1往復を特急車両で2時間ほど飲むことが可能です。行って帰ってきて所要2時間というのは、ちょうど良い時間かと思います。
時刻は下記の通り。
快速らくらくトレイン村上 新潟20:03→村上21:01
快速 3950M  村上21:17→新潟22:12

快速らくらくトレイン村上(新潟駅)
▲新潟駅5番線で乗客を待つ「快速らくらくトレイン村上」村上行

その昔、首都圏ではたくさん走っていた、いわゆるホームライナータイプの列車で、土休日運休ではなく毎日運行となっています。特急型E653系(7両編成)を定員制としているので、乗車するためには乗車整理券310円が必要です。購入は、改札内コンコースにある「らくらくトレイン用」の券売機で、乗車整理券を買うことになります。

出発ホームとなる新幹線・在来線対面乗り換えのできる5番線にいくとホームに乗り場案内の看板が置いてありました。乗車口は、先頭1号車のグリーン車の入り口1カ所のみで、そこで乗車整理券のチェックが行われます。発車20分前にもかかわらず既に4-5人が並んでいます。その昔、宇都宮線や高崎線のホームライナーは早い者勝ちでグリーン車利用を認めていたので、行列はグリーン車狙いかとも思ったのですが、利用は普通車限定となっていました。

発車15分ぐらい前にドアが開けられ、チェックがはじまりました。今日は、平日の金曜なので、通勤・通学客らで混むものと思っていたのですが、結局、1車両に5~10人ぐらいを乗せて出発しました。この先、乗客が乗ってくる可能性は低く、座席を回転させても迷惑にはならなそうなので、4人BOX席にして飲み鉄です。ほどよい線路のつなぎ目音を聞き、窓に流れる街の光を見ながらビールなどを開けて飲みます。途中の駅・豊栄で「ぱらっ」と降りて、続いて停車した新発田では、大部分が下車して車内はガラガラへ・・・。さらに中条、坂町で乗客を降ろすと村上まで乗ったのは20-30人ぐらいでした。

約1時間で村上に到着した「快速らくらくトレイン村上」は、16分後、快速3950Mとなり新潟へ折り返します。この列車は、予想はしていましたが、村上以北からの連絡列車がないので、村上からの利用者は10人程度。18きっぷのシーズンなので、私のように趣味で乗る人もいるのではと思ったものの、そのような方もいませんでした。この状態ですので、もちろん持参したお酒をいただきます。結局、新潟まで停車ごとに1-2人が乗車するという感じで、回送列車状態で戻ってきました。

両列車とも特急車両というお得感があるにもかかわらず、乗客は少なく、お酒を飲んでも迷惑になることはなさそうです。18きっぷやフリーパスホルダーの地元民はもとより、出張や観光旅行で新潟泊でも有効乗車券を持っているなら、特急車両で1往復2時間ほど「飲み鉄」はどうでしょうか?プラス310円で楽しむとすることができます。
ひとつ注意することは、折り返しの村上発では酒の調達はできませんので、新潟駅で調達しておく必要があります。

快速らくらくトレイン村上(新潟駅)
▲乗車には乗車整理券310円が必要です

快速らくらくトレイン村上(新潟駅)
▲乗車口は1号車。発車ギリギリでも余裕で座れます

E653使用快速3950M(村上駅)
▲村上に到着して、新潟へ快速として折り返します

E653使用快速3950M(村上駅)
▲行き先表示は快速・新潟行

E653使用快速3950M(村上駅)
▲村上発車時点で6号車は、乗客は自分だけ・・・

E653使用快速3950M(村上駅)
▲7号車を先頭に村上駅1番線から出発します

|

« 【鉄道】「あいの風とやま鉄道」の車両による「えちごトキめき鉄道」乗り入れ運用 | トップページ | 【書籍】運輸と経済2018年9月号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】新潟地区のお得列車「らくらくトレイン村上」と快速3950M:

« 【鉄道】「あいの風とやま鉄道」の車両による「えちごトキめき鉄道」乗り入れ運用 | トップページ | 【書籍】運輸と経済2018年9月号 »