« 【書籍】池澤夏樹著/のりものづくし(中公文庫) | トップページ | 【自転車】[航送]佐渡・世界遺産候補見物ツーリング by DAHON »

【自転車】[航送]佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON

新潟県道45号国道350号新潟県道65号


<実施日>H30.7.15(日)
<車種>DAHON DASH X20
        Tyrell FSX
<起点>佐渡汽船・両津港(有人・売店あり)
<終点>佐渡汽船・両津港(有人・売店あり)
<距離>120.9km(両津港8:45dp小木港14:00av両津港18:30av)

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲両津港ターミナルを出発です

7月の連休を利用して1泊2日の佐渡ツーリングに出かけました。今回は、久しぶりにミニベロ仲間のFSX氏も参戦、2台で佐渡に渡りました。「佐渡ロングライド210」が有名なことから、1日で島一周というイメージもありますが、海岸線をトレースすると実際には260kmぐらいありので、よほどの健脚でなければ1日一周は無理です。今回は、2日間で1周を目標に、初日は東半分を周回としてスタートしました。結論から先に言うと、初日で半分120kmは終わったものの暑さが厳しく残り半分は断念して帰ってきました(涙

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲両津湾に沿って時計周りに進む

朝6時の佐渡汽船に乗り両津港8:30着。今回は航送で来ているので、自転車の組み立て作業はなく、楽チンです。港近くの今夜泊まる宿に、荷物を置いてから時計周りに半周スタートです。佐渡一周道路となっている新潟県道45号を両津湾に沿って海を見ながら進みます。道路から海を見ると、自分たちが乗ってきた船が折り返して、新潟に向かっていく姿が見えました。灯台のある姫崎を回りこむと、その先は対岸に弥彦山を見ながら、小木港まで60km以上、岸ベタルートとなり、アップダウンもほとんどありません。

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲東海岸は、海が近くフラットな道が続きます

景色ヨシ、フラットルートで道路条件は最高ですが、気温は35度以上。少々の向かい風なので、体感温度は少し低いものの、やはり体には堪えます。無理をせず、小まめに水分補給のための小休止のほか、途中にあった佐渡海洋深層水分水施設の塩アイスを食べ、赤泊港では酒蔵見学と昼食、そして小木港ではタライ舟の見学など観光もして休み休み進みました。そんなゆっくりペースということもあって前半60km地点となる小木港の到着は14:00。残りはアップダウンの区間となり、日没までに宿に着くのか少々心配なところですが、日は長いのでなんとかなるだろうということで後半スタ―トです。

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲雲一つない天候・・・。が、暑い

小木港からはアップダウンが始まります。途中、佐渡島西端となる沢崎灯台に立ち寄り記念写真。佐渡ライドでは、この先は、県道+国道で佐和田ゴールに向かっていきますが、そのルートではなく、海岸線に沿った市道を走ります。このルートは小さな集落を通り、アップダウンを繰り返しながらとなるので、後半ということに加えて暑さで疲れが顕著になってきました。真野湾に入ってきて穏やかな海の景色ですが、さすがにFSX氏も自分も無言となってしまいました。そんな疲労状態で海岸線を走っていると途中、椿尾海水浴場の手前まで来ると、非舗装でしかも水が出ている悪路。あと数百メートルと思われ、MTBならば行ってしまうところですが、こちらはミニベロロードなので断念。ここを迂回して国道350号に出ることにしましたが、標高差100mほどを無駄に登ることになってしまいました。

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲海洋深層水のところで塩アイスを購入

国道350号に入ると車が少々多くなりましたが、勾配は緩やかで速度も上あがり、順調に進んで真野に到着。ここからは、県道65号で両津に向かいました。このあたりは「国仲平野」といわれる佐渡島の平野部でアップダウンはなく、走りやすい区間となります。頭の中で、真野まで来れば両津まで10kmぐらい、時間にして20-30分位で両津と勝手に思い込んでいたこともあって、なかなか両津市街地に着きません。コンビニで休憩のときにスマホで見たら真野・両津間は20km。離島ということで、なめていたことに反省・・・、やはり佐渡島は大きいのでした。

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲赤泊にある「北雪酒造」を見学

ようやく加茂湖、そして両津港地区の建物も見えてきました。市街地の手前にあるコンビニで今晩のアルコールなどを調達から、両津港のターミナルに戻ってきて半周完了です。時計の針は、18:30となっていて、出発の際、宿屋に「早ければ4時半、遅くても5時半には着きます」と豪語していたたけに、だいぶ遅れての到着となってしまいました。

風呂に入り、お楽しみの夕飯でしたが、暑さと疲労で「ぼー」としていて、食事がなかなか進まず、熱中症気味のようでした。天気予報を見ると明日も酷暑、FSX氏も疲労困憊のようで、相談の上、翌日の残り半分(120km)は中止にして、軽いツーリングにすることにしました。ただ、昼間は酷暑でしたが、夜になると気温がぐっと下がり、海からの心地よい風もあって、宿屋の窓を開けるとエアコンなしで快適に寝ることができました。

佐渡後半は次回に持ち越しです。

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲古い町並みが残る赤泊

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲小木港のタライ舟を見学

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲佐渡、最西端の沢崎灯台

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲真野湾に沿う市道を走る

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲アップダウンもあります

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲あと数百メートルで椿尾海水浴に抜けられると思いきや悪路に阻まれる

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲国道350号で真野へ

佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON
▲18;30両津港へ戻ってきた東半分周回完了

|

« 【書籍】池澤夏樹著/のりものづくし(中公文庫) | トップページ | 【自転車】[航送]佐渡・世界遺産候補見物ツーリング by DAHON »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[航送]佐渡ケ島・東半周ツーリングbyDAHON:

« 【書籍】池澤夏樹著/のりものづくし(中公文庫) | トップページ | 【自転車】[航送]佐渡・世界遺産候補見物ツーリング by DAHON »