« 【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No66 2018夏号」 | トップページ | 【鉄道模型】鉄道BAR「北斗七星」臨時復活営業 »

【自転車】奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20

福島県道37号国道118号福島県道347号

<実施日>H30.6.9(土)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>東北本線・白河駅(有人・自販機あり)
<終点>会津鉄道・会津田島駅(有人・売店あり)
<距離>79.4km(白河駅10:00dp会津田島駅14:30av)

<この前の区間は
【自転車】福島・浜通りから中通りへ横断ツーリング by Dahon
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/daho-7f5d.html

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲レトロ建築の白河駅を出発

東北横断ツーリングは、福島県浜通りから中通りへのルートが終了しました。次は、中通りの白河市から会津地方・南会津町への奥羽山脈越えとなります。白河市から会津地区へのルートは、国道118号、そして国道289号の2つが考えられますが、後者の289号は距離こそ短いものの交通量が多く、しかも長大な甲子トンネルがあるのでルートから外しました。今回は、白河市から県道37号で羽鳥湖へ登り、その先で国道118号に合流して下郷町へ。そこからは大川を遡るように会津田島へと向かいました。

地図だけで見ると、ルート上のピークは、中通りの天栄村と会津地方の下郷町の境目となる蝉トンネルかなと思ったのですが、ピークはずっと手前の道の駅「羽鳥湖高原」の手前でした。白河市からは緩やかな坂道でスタートしますが、そのままは続かず、羽鳥湖の手前で急坂とつづら折りで一気に高度を稼ぎます。道の駅で休み、再び県道37号で湖の脇を走りますが、湖面は林に隠れていて、羽鳥ダムのあたりでようやく見えました。ダムを渡れば、国道118号に合流します。川は会津に向かって流れていて、国道もそれに沿うように緩やかに下郷町へ下り坂です。車はそれほど多くなく、快適に走行して国道121号合流点に到着しました。そして、少し国道を走って藁吹き屋根で有名な湯野上温泉駅で休憩しました。

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲県道37号しばらくは緩い坂で油断します

本日は、この先、会津田島駅まで走りますが、メインルートとなる国道121号は、車が多い上に道が狭いのでパスし、大川を挟んだ対岸に国道と平行する県道347号を使います。この道は、塔のへつりを過ぎるまではアップダウンと狭隘区間がある完全な田舎道で、車はほとんど走りませんでした。塔のへつりを過ぎると古い街道だったらしく、ときどき古い集落の中を走っていきました。そして、今回パスした白河から最短ルートである国道289号を交差しましたので、大回りを実感です。そのまま県道を進み、会津鉄道の駅や線路を見ながら本日の終点会津田島駅に14:30に到着しました。

駅前で早速輪行準備に取り掛かり、会津田島15:43発会津若松行きに余裕で乗れると思っていたところ、なんとこの列車は土休日運休でした。ということで会津田島駅のお土産コーナー、観光パンフレットコーナーや日本の自動販売機などを冷やかしながら時間をつぶしました。次回以降は、いよいよ奥会津ツーリングとなります。

南会津地方への道は、少し南に那須と国道121号を結ぶ国道400号がありますが、こちらは、東北道首都圏方面から南会津へのルートに加えて、塩原温泉郷もあるのでけっこう車が走っています。国道289号も甲子トンネルが自転車には向いていませんので、消去法で、南会津へは、今回走った福島県道37号~国道118号が自転車にとってはベストルートかと思います。

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲羽鳥湖の手前で急坂とつづら折りで一気に高度を稼ぎます

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲通ってきた道がしたに見えます

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲道の駅・羽鳥湖高原でひと休み

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲羽鳥ダムサイドで湖が見えました

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲ダムから下郷町へ緩やかな下り坂

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲会津鉄道・湯野上温泉駅

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲ちょうど会津鉄道の列車が来ました

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲国道121号と並行する県道347号田舎道で自転車向きです

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲遠く那須連山を見ながら会津田島へ

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲南会津の拠点会津田島駅到着

奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20
▲会津鉄道は初輪行です

|

« 【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No66 2018夏号」 | トップページ | 【鉄道模型】鉄道BAR「北斗七星」臨時復活営業 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/67032345

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】奥羽山脈・羽鳥湖越えツーリング by dahon DASH X20:

« 【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No66 2018夏号」 | トップページ | 【鉄道模型】鉄道BAR「北斗七星」臨時復活営業 »