« 【書籍】鉄道建築ニュース2018年7月号(No824) | トップページ | 【書籍】運輸と経済2018年7月号 »

【自転車】[輪行]富良野・美瑛サイクリングロード

富良野・美瑛サイクリングロード

<実施日>H30.6.2(土)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>富良野線・富良野駅(有人・自販機あり)
<終点>富良野線・上富良野駅(有人・自販機あり)
<距離>79.4km(富良野駅9:30dp上富良野駅16:30av)

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲「花には早いよ」と言われつつ富良野駅をスタート

H30.6.2宿泊費の高い札幌圏を避けて旭川に宿泊したので、旭川から富良野まで輪行をして「富良野・美瑛サイクリングロート」にいってみることにしました。このサイクリングロートは、道道や市道、町道が自転車道になっているわけではなく、富良野美瑛広域観光推進協議会がいろいろな道をつなぎ合わせてコースを形成していて、この地区の観光拠点や景勝地を結ぶ自転車による観光ルートといっても良いかもしれません。今回は、富良野駅を発着としているAコース(約80km)を走りますが、自分なりにアレンジして最後に風呂に入ってから上富良野駅を終点としました。

9時過ぎの列車で富良野駅に降り立ち、自転車を組み立てていると、
地元人が声を掛けてくれました。
地元の方:「今日はどこまで?」
私:「サイクリングロードをいって上富良野まで」
地元の方:「今は花には早すぎるし、今は何も見るところはないよ」
私:「まあ、いかにも北海道という感じのところ走れればいいです」
地元の方:「6月の下旬に来た方がいいよ」
とのやり取りが・・・。結果的には、地元の方のいう通りで、サイクリングコースの景勝地以外は、花の見どころを巡っていて、実際、坂を登って行った先で今は何もないということが何度かありました。

それでもパッチワーク状の畑、北海道らしいアップダウンの一直線道路など、花がなくても十分満喫できる一日となりました。最初こそフラットなコース設定ですが、中盤からはアップダウンがけっこうあり、走りごたえも十分ありました。

次回は、花のシーズンどんピタの時期にいってみたいところです。

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲スタートしてしばらくはフラットな田舎道

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲遠回りしながら丘の上にある「彩香の里」もちろん花はありません・・・

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲丘を降りきて町営ラベンダー園。もちろん花はありません・・・

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲富田メロンハウスでひと休み

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲北海道ならではのアップダン一直線道路

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲パッチワークの畑も広がります

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲コース中盤は景色こそ良いのですが、アップダウンが連続します

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲美馬牛駅で休憩

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲美瑛の四季彩の丘にいってみましたが、外国人観光客でごったえしていて退散

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲ラストは東4線広域道路を緩やかに下ります

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲上富良野駅近くのフラヌイ温泉で汗を流してから駅へ

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲踏切で待っていると富良野行が通過してゆきました

富良野・美瑛サイクリングロード by dahon dash x20
▲上富良野駅から輪行で旭川へ

|

« 【書籍】鉄道建築ニュース2018年7月号(No824) | トップページ | 【書籍】運輸と経済2018年7月号 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/67003740

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]富良野・美瑛サイクリングロード:

« 【書籍】鉄道建築ニュース2018年7月号(No824) | トップページ | 【書籍】運輸と経済2018年7月号 »