« 【書籍】都市問題2018年6月号VOL.109 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年7月号 »

【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(前編)

長崎県道49号国道384号長崎県道50号

<実施日>H30.5.3(木)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>福江島・福江第一ホテル
<通過>鬼岳インフォメーションセンター
<終点>福江島・福江第一ホテル
<距離>131.1km(ホテル07:00dp鬼岳info16:30ホテル18:00av)

五島列島関連のコンテンツはこちら
【自転車】今後は人気上昇?五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/by-dahon-dash-x.html
【世界の乗り物】超小型EVトヨタ・コムスで五島列島奈留島を一周
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/ev-0c9b.html
【自転車】五島列島・福江島/鬼岳早朝周回ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-3555-1.html
【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(前編)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-ddee.html
【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(後編)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-4feb.html

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲福江島のコンビニはポプラ。ここで調達。

●いよいよ天気回復!福江島一周ツーリングへ
福江島にやってきて以来、雨続きでしたがH30.6.3(木)にようやく天気が回復しました。いよいよ福江島の一周にチャレンジです。ルートは、海側車線を走るように福江を起点に時計回り。但し、鬼岳裾野外周は既に走っているため長崎県道49号で、福江から富江地区へショートカットします。その先は、国道384号を走り、三井楽半島から先は、長崎県道162号で福江まで戻ってきます。コース中、難所となるのが富江地区から大宝地区の山越えで、150mと200mの峠を2つ越えることになります。ここをクリアすることが一周できるかのキモとなります。

●気温20度、天気晴れ、午前7時に福江のホテル出発
朝7:00にホテルを出発しますが、まずは中心市街地にあるコンビニで食料と飲料水の調達です。市街地の外れから長崎県道49号に入り、一昨日通った浜町まで来くると海と砂浜は見えてきました。一昨日は、今にも雨が降りそうな天気でしたが、本日は快晴。すばらしい景色で印象がまったく違いました。浜町からは道路改良が行われたようで、海側ではなく少し内陸の方をトンネルでショートカット。カーブは少ないもののトンネルが連続し、しかも海は見えません。富江地区の手前でようやく海が見えてきます。富江地区も円形の半島状になっているので、外回りできますが、国道384号でショートカットします。これまでは県道でしたが、国道の起点となる富江交差点から国道区間となります。しかし、国道に入ったとたんに沿線民家が少なくなって走っている車はほとんどいなくなってしまいました。富江の半島の付け根を走り抜けて海岸線が見えてきて、黒瀬漁港で小休止。海岸線の先にはこれから越える山々が見えていて、海抜0mから登ることを考えてみるとけっこうな高さです。

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲県道49号で鬼岳の麓、本山地区を抜ける

●険しいものの絶景が続く国道384号線
黒瀬地区からの国道384号線は、カーブの連続で狭隘、しかも急勾配もあり、大型車は通行止め。いよいよ本日の難所がはじまりましたが、坂を登って標高を稼いでいくと美しい海岸線が見えてきました。今、通てきた漁港や海岸線、これから降りていく海岸線を見ながら「一山越えて海岸線まで降りてまた登る」を繰り返しながら進んで行きます。風は強めの西で、本来であれば向かい風になりますが、山でブロックされて影響はまったくありません。一部で厳しい坂もありますが、大宝までの山岳区間は絶景の連続で、自転車で福江島を一周するときは、外せない区間かと思います。途中、記念写真を撮ろうとして坂道で止めようとして、立ちコケをしましたが、大宝集落まで無事に到着しました。

●大宝から玉之浦へ、さらに島山島へ
長崎県道50号、国道384号の大宝交差点に着きましたが時間は9:25、ここまでの走行距離は33km。難所を超えましたが、時間的にも体力的にも余裕がありましたので、福江島から細く長く伸びた半島の先端にある玉之浦集落を往復することにしました。大宝から玉之浦へは玉之浦湾を見ながら県道50号を進みます。このあたりは、細く伸びた半島、無人島により、海が複雑に入り組んでいて、外海に面していない静かな海が見えました。風は相変わらず少し強めの西で、大宝から走りはじめたときは山にブロックされて気になりませんでしたが、途中からは強い向かい風。風に負けずに漕いで玉之浦に到着しました。島の西端ですが、寂しい辺境というより町という感じで、漁港にはたくさんの船が係留され、民家も多く、郵便局や学校、そしてキリスト教の教会などもありました。

県道50号線は玉之浦で終点ですが、道は、さらに梁口瀬戸を玉之浦大橋で渡り、対岸にある「島山島」に続いています。島は眼の前で「橋でつながっているならば」と行ってみることにしました。橋の上はかなり強い横風で、飛ばされそうになりながら島山島・向小浦にやってきました。この島で人が住んでいるのは、玉之浦の対岸となる向小浦の1地区だけで、地区外には道もありません。外洋から吹きつける西風がもろに入ってくるため風が強く、福江からのバスの終点となっている『向小浦バス停』で記念写真を撮って退散することにしました。

<後半に続く【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(後編)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-4feb.html

五島列島関連のコンテンツはこちら
【自転車】今後は人気上昇?五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/by-dahon-dash-x.html
【世界の乗り物】超小型EVトヨタ・コムスで五島列島奈留島を一周
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/ev-0c9b.html
【自転車】五島列島・福江島/鬼岳早朝周回ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-3555-1.html
【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(前編)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-ddee.html
【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(後編)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-4feb.html

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲富江へ向かう県道49号、トンネルが連続します

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲国道384号の起点富江交差点

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲黒瀬漁港まで来るとこれから越える山々が迫る

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲きついアップダウンが続きます

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲先ほど通った黒瀬漁港が見える

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲頂上付近になる東シナ海を見ながら進みます

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲大宝まではあともう一息

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲山越え完了。大宝交差点に到着

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲玉之浦湾に沿って玉之浦へ

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲玉之浦大橋を渡って島山島へ

五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング by DAHON X20
▲向小浦バス停で記念写真。折り返し福江に向かうバスが待機中

|

« 【書籍】都市問題2018年6月号VOL.109 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年7月号 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(前編):

« 【書籍】都市問題2018年6月号VOL.109 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年7月号 »