« 【自転車】五島列島の前日に長崎ポタリング | トップページ | 【自転車】五島列島・福江島/鬼岳早朝周回ツーリング »

【自転車】今後は人気上昇?五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20

長崎県道167号長崎県道162号

<実施日>H30.4.30(月)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>久賀島・田ノ浦港
<終点>久賀島・田ノ浦港
<距離>31.4km(田ノ浦港14:10dp田ノ浦港16:30av)

五島列島関連のコンテンツはこちら
【自転車】今後は人気上昇?五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/by-dahon-dash-x.html
【世界の乗り物】超小型EVトヨタ・コムスで五島列島奈留島を一周
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/ev-0c9b.html
【自転車】五島列島・福江島/鬼岳早朝周回ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-3555-1.html
【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(前編)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-ddee.html
【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(後編)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-4feb.html

●自転車持ち込みOKなので、福江島から木口汽船で久賀島へ
H30.4.30 長崎港から九州商船のフェリーで福江島へ。出航した頃は雨でしたが、福江島が見えてくるころにはすっきりしないものの、雨は上がり、定刻11:15に福江港到着しました。本日は、半日しかツーリングに使えませんので、どうしようかと迷っていました。ちょうど港に「久賀島-福江島航路」の木口汽船の旅客船「シーガル」が待機中で、船員に自転車を積めるかどうか聞いてみると「OK」とのこと。半日を利用して「久賀島」にいってみることとしました。但し、フェリーが検査のため旅客船「シーガル」一隻で運行しているため時刻が大幅変更となっていて、行きは福江港13:40発→久賀島・田ノ浦港14:00着、帰りは田ノ浦港17:20発→福江島・奥浦港17:30着で、帰りは違う港に戻ることになり、奥浦港から福江市街地まで6kmほどを走ることになります。出航まで時間もありますので、港から福江空港まで足慣らしに1往復しました。

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲木口汽船の旅客船「シーガル」で久賀島に到着

●久賀島の滞在時間3時間半を利用したツーリング
14:00に久賀島・田ノ浦港に到着しました。港の周りには建物はほとんどなく、待合室はぽつんとあるだけで、離島というと港が一番賑やかな場所と思っていただけに拍子抜けです。久賀島は馬蹄型をしていて、島の中心は一山超えた向こう側の入り江に面した平場にあり、乗客たちは、迎え車や駐車していた車ですぐにいなくなってしまいました。久賀島は、外周する道路がなく、周回ツーリングはできません。なので、島を南北に縦断して世界遺産となる明治期の木造教会建築が残る「旧五輪教会」にいってみることにしました。田ノ浦港から教会のある五輪地区までは約片道15km、途中アップダウンがあるので、帰りの17:20発の船まで、それほど余裕があるツーリングはできません。

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲県道167号で田の浦を出発!世界遺産・浜脇教会は改修中で残念

●田ノ浦港を起点に長崎県道167号で島を縦断
港に面しているのが長崎県道167号で、これが島の主要道です。港を出発して、世界遺産になる浜脇教会あたりまでは海岸線に沿って走ります。浜脇教会は改修中で、足場が組んであるので建物全体は見えませんでした。この教会を過ぎると勾配がキツクなり標高100mの峠を越えます。峠付近から上下2車線の整備された道となり、入り江と島の中心の「久賀集落」が見えてきました。中心地らしく学校や行政機関などの建物もありましたが、ここには帰路で立ち寄ることとして、そのまま県道を進みます。少しアップダウンがありますが、島の真ん中付近はフラットで順調に島北部にある「蕨集落」に到着しました。

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲島の北部・蕨集落から五輪へは簡易舗装の狭隘道路

●世界遺産・旧五輪教会への最終アクセスは徒歩
「蕨集落」から先は、ぐっと道が狭くなりカーブの連続ですが、一応の舗装道路。しかし、「奈留島」が目の前に見える「福見集落」から先は簡易舗装となり、地形に沿ってカーブとアップダウンの連続となりました。乗用車でも行き違うのがたいへんなぐらいの狭隘道路です。そして、舗装が終わりダートへとなり、200-300mを進むと自動車用の駐車場があって車両が走れる道路は終了。その先は、遊歩道状になっていて、徒歩で五輪地区まで向かうこととなります。せっかくなので、自転車を担いで階段状の坂道を海岸線まで降りて、歩くこと5分ほどで旧五輪教会と集落が見えてきました。集落といっても民家は1軒だけ、そこに新旧の教会がありました。昔はたくさんの人が住んでいたとは思いますが、今は過疎となっているようです。世界遺産の「旧五輪教会」は、もともと明治初期に港の近くにある浜脇教会として建てられ、のちに五輪地区に移築されたとのこと。木造の教会建築はとても珍しいようで、記念写真を撮って戻ることにしました。それにしても世界遺産といっても、観光客はゼロ。やはり、離島の離島で、島へのアクセスが限られ、さらに足がなければここまで来くることは難しいのが現実。世界遺産として注目され、今後は増えるかもしれません。

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲五輪地区へは、距離は短いもののダート道。そして、その先は遊歩道に

●GWでも観光客がほとんどいない久賀島
時計を見ると15:10。地図では、五輪地区から白岳(標高292m)通って島の中心・久賀に出る距離の短い山道もあるようですが、自転車では無理と思われるので、来た道を戻ります。来るときよりも道が分かっていると気持ちに余裕がでますが、船に乗り遅れるとまずいので、先を急ぎます。16:10、五輪からちょうど1時間走り、久賀集落まできました。ここまで来れば、ちょっと余裕が出てきて寄り道をしても大丈夫そうなので、集落をぐるっと回ってみることにしました。集落には、古民家を利用した「久賀島観光交流拠点センター」があり、寄ってみると地場産品の販売のほか飲食できるですが、さらっと見るだけにしました。島内では、飲料類を買える場所が少ないので、持参していない場合は、このセンターや周囲の自販機が唯一の調達先となります。

GWとはいえ離島を訪れる人は少ないようで、交流センターでレンタサイクルに乗った観光客2人が滞在3時間で見かけた唯一。まして自転車でツーリングしている人は、自分以外はいませんでした。今回は港と五輪の単純往復でしたが、島のV字状にある道を使うと50kmのコースができて、ツーリングもそこそこできる島だと思いました。久賀集落を後にして、来るときに越えた峠を目指します。港側から上がるとたいへんキツイ坂でしたが、集落側からだとそれほどでもなく、難なくパスして16:50田ノ浦港に到着し、久賀島ツーリングを終了しました。

自転車はそのまま17:30発福江島・奥浦行の旅客船に積み込みます。乗客は10人で、自転車はもちろん自分だけ。約10分で福江島奥浦港に到着し、県道162号で福江市街地まで30分を走ってホテルに戻りました。天気は曇天で雨も覚悟したツーリングでしたが、雨にあたることはなく幸いでした。全行程30km強と楽しい半日離島ツーリングでしたが、滞在時間限定ということから、アップテンポで一生懸命漕いだので、距離の割にけっこう疲れました。

五島列島関連のコンテンツはこちら
【自転車】今後は人気上昇?五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/by-dahon-dash-x.html
【世界の乗り物】超小型EVトヨタ・コムスで五島列島奈留島を一周
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/ev-0c9b.html
【自転車】五島列島・福江島/鬼岳早朝周回ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-3555-1.html
【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(前編)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-ddee.html
【自転車】五島列島・福江島一周+鬼岳ツーリング(後編)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-4feb.html

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲島の端っこにある五輪地区にある世界遺産・旧五輪教会

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲福見集落で記念写真

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲久賀島の中心地「久賀集落」にある交流センター

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲小学校には二宮金次郎像がありました

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲県道167号の峠から浜脇地区を見る。つづら折りの道で海岸線まで下る

五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20
▲シーガルで奥浦港到着。ここから福江までは走ります

|

« 【自転車】五島列島の前日に長崎ポタリング | トップページ | 【自転車】五島列島・福江島/鬼岳早朝周回ツーリング »

自転車」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
清水と申します。
ブログを読ませてもらって興味があり、コメントをさせていただきました。

私もDahonのバイクを買って日本を旅してまわりたいと思ってます。
そこで教えていただきたいのですが、今乗られているバイクを飛行機に
預けられるときにはどのようにされていますか?事前に予約をしたり、
手数料を取られたりするのでしょうか?

私も貴方のお持ちのDASH X20もしくは、P8のどちらかを買おうと思っています。
もしこれからそういう乗り方をするのに、購入するモデル、注意点等アドバイス
をいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: しみず | 2018年6月23日 (土) 04時55分

こんにちは。
ブログを見ていただきましてありがとうございます。

自転車を飛行機に積む、飛行機輪行ですが、
私の場合は、行き(ツーリング前に壊れて困る)は、主要な部分を段ボールで養生してから、
軽量輪行袋(オーストリッチL-100)に入れて預け荷物としています。

段ボールは到着空港で捨ててしまいます。
帰り(壊れても帰宅後して直せる)は、特別な養生をせずに輪行袋に入れて預けます。
今までに壊れたり不調となったことはありません。
JR輪行と同じく飛行機でもアバウトにやっています。
ただし、国内線の話で、国際線はがっちり養生が必要のようです。

ANA、JALグループ、スカイマークであれば、荷物の予約なし、
追加料金なしで預けることができます。バニラは事前予約が必要で、有料です。
ピーチは原則、自転車は不可です。

X20にずっと乗っていますが、携行性にすぐれ、軽いし、
ドロップハンドル疲れず、ギアも多いのでそこそこスピードも出るので、
たいへん気に入っています。タイヤも細く、ホイールも軽量なので、
走行抵抗も少ないですので、x20の方がオススメです。
小さくなるdahonは、どこにでも持っていけるので、
たいへん面白い自転車旅ができるかと思います。

今後もブログともどもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ブログ管理人 | 2018年6月23日 (土) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/66819428

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】今後は人気上昇?五島列島・久賀島ツーリング by Dahon Dash X20:

« 【自転車】五島列島の前日に長崎ポタリング | トップページ | 【自転車】五島列島・福江島/鬼岳早朝周回ツーリング »