« 【書籍】石田正治・山田俊明 編著/図説 鉄道の博物誌-ものづくり技術遺産  | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2018年5月号(No822) »

【自転車】東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)

国道289号国道349号


<実施日>H30.3.31(土)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>常磐線・勿来駅(有人・自販機あり)
<終点>水郡線・磐城棚倉駅(有人・自販機あり)
<距離>76.3km(勿来駅10:10dp磐城棚倉駅15:50av)

<この前の区間>
【自転車】東北外周ツーリングのゴール!(四ツ倉・勿来・湯本)ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-d17a.html

<この次の区間>
【自転車】福島・浜通りから中通りへ横断ツーリング by Dahon
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/daho-7f5d.html

H29.12.23に勿来まで走ったことで東北地方外周(村上市~龍飛崎~尻屋崎~いわき市)ツーリングは完了しました。このまま終わらせては、面白くないので「その続き」ということで、東北地方を横断して新潟県村上市を目指すことにします。これにより、勿来から村上までをつなぎ『東北一周達成』ということになりますでしょうか。

太平洋側のいわき市から日本海側の村上市までは、一気に行けませんので、今回は、福島県いわき市勿来から国道289号~国道349号で阿武隈山地を越えて矢祭町へ。そして、その先は「白河方面に行けるところまで」ということで、勿来駅を出発しました。毎度のごとく輪行ですので、矢祭町まで行ってしまえば水郡線が走っているので、体調と気分でどこからでも帰ることができます。いずれ山越え次第となります。今回の一部区間は、2016年1月に逆向きで走っています。
<参考>
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/289by-7965.html
【自転車】国道289号阿武隈山地ツーリング(塙→勿来)by自転車

勿来駅からはいきなり国道289号に出ず、駅西側にある勿来市街地を抜け、その先は、旧289号線と思われる道で四時ダム手前まで走ります。そこから国道289号線を走らねばなりませんが、地図を見てみるとダムサイドに旧道が残っていて、行ってみることに。だいぶ道は荒れていましたが、一応の舗装道で、途中に車止めがあるので4輪の通り抜けはできませんが、二輪なら可能で、結果的には戻ることなく通過できました。そして、そのまま市道で四時川に沿って遡り、その先ではじめて国道289号に合流しました。

田人地区を過ぎると、高度をぐっと稼ぐ勾配区間となります。地図を見るとこの区間の国道289号線は、荷路夫(にちぶ)トンネル+朝日トンネル+セミループ橋で勾配をクリアする「荷路夫バイパス」と従来からのつづら折りで勾配を登る旧道両方に国道の色がついていることが多いのですが、実際には旧道は進入できなくなっていて、バイパスのみが国道になっています。この登り勾配のトンネル2本とセミループ橋を抜けて180mほど高度を稼ぎ、朝日トンネルの少し先で本日の最高地点736mに到着です。ここを登り切ってしまうと高原地帯で、アップダウンをしながら進んで行きますが、矢祭山町まで基本下り坂となります。

そのまま国道289号を行けば、磐城棚倉経由で白河方面への近道となりますが、それでは面白くありません。青生野のT字路から国道349号で矢祭山方面へ。人家も少ないことから、車はほとんど走っていませんが、上下2車線の立派な道で、峠も気になるほどの坂もなく、快適走行です。「湯遊ランドはなわ」という温泉施設入り口まで来ると、矢祭山町の東館駅までは8km。ここから先は一方的な下り勾配で標高差350mを一気に下りました。国道118号と国道349号の合流地点近くにある水郡線・東館駅に14:10到着しました。この駅は無人化されていますが、近くにコンビニや温泉がある便利な駅。本日の終点としても悪くない・・・。しかし気分的には、まだ走れそうです。

東館駅から先は、すぐ近くを走る久慈川自転車道に出て、棚倉方面へと走ることにしました。川の流れとは逆ルートなので勾配があるはずですが、ほとんどフラットにしか感じない登りで、舗装も良いのでたいへん走りやすい自転車道です。途中、水郡線の鉄橋をくぐる際にちょうど列車がきたので、記念写真を撮ったりしながら、自転車道の起点となる棚倉町へ。ここは城址公園もある城下町ですが、いい時間になってきましたので、公園は次回に取っておくこととして、本日は白河まで行くことをやめて、水郡線・磐城棚倉駅を終点とし、輪行で帰路につきました。今回は、前半は連続勾配の阿武隈山地越えと後半はフラットが続く久慈川自転車道とメリハリのあるツーリングとなり、楽しい一日でした。

<この次の区間>
【自転車】福島・浜通りから中通りへ横断ツーリング by Dahon
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/daho-7f5d.html

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲「勿来の関」を意識した勿来駅を出発

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲少し山に入ってくると桜の花が残っていました

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲四時ダムの旧道。一応、舗装が残っています

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲荷路夫バイパスのセミループ橋。完全な登り坂です

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲本日の最高地点。あとは下りです

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲ほんの少しですが、国道349号と国道289号が重複します

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲一気に坂を下って矢祭山町へ

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲木造駅舎が残る矢祭山町にある「東館駅」。周囲に温泉、コンビニと意外に便利。

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲東館駅から磐城棚倉へは久慈川自転車経由。

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲途中、水郡線の列車が走って行きました。

東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉)by dahon dash x20
▲水郡線・磐城棚倉駅到着。本日はここまでとします。

|

« 【書籍】石田正治・山田俊明 編著/図説 鉄道の博物誌-ものづくり技術遺産  | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2018年5月号(No822) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/66737050

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】東北横断(阿武隈山地)ツーリング(勿来→磐城棚倉):

« 【書籍】石田正治・山田俊明 編著/図説 鉄道の博物誌-ものづくり技術遺産  | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2018年5月号(No822) »