« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年4月号 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2018/4 No.268 »

【書籍】川尻 定著/鉄道ふしぎ探検隊(日経プレミアムシリーズ)

Img_022

日経プレミアムシリーズの鉄道をテーマにした新書です。同新書から出ている『東京ふしぎ探検隊』の続編的な位置づけとなっていて、首都圏の話題が中心となっています。内容は鉄道がメインではなく、鉄道にまつわる歴史・地理のエピソードという感じになっています。首都圏在住者鉄道利用者や首都圏の鉄道に詳しい人には、楽しめる内容だと思います。

著者:河尻 定
定価:870円+税
新書: 256ページ
シリーズ:日経プレミアシリーズ(新書)
出版社: 日本経済新聞出版社 (2018/2/9)
言語: 日本語
ISBN-10: 4532263662
ISBN-13: 978-4532263669
発売日: 2018/2/9
梱包サイズ:  17.4 x 11 x 1.4 cm

<目次>
第1章 新幹線のヒミツ
「東北~東海道」はつながるはずだった
東京駅、1つだけカーブする東海道新幹線のホームの謎
東北新幹線のキャッチコピーは「ひかりは北へ」
1980年代に直通計画が再浮上
JR東日本と東海、計画中止をめぐって火花を散らす
リニア開業でどうなる―北海道から鹿児島までつながる?
東海道新幹線が、品川で折り返せない理由
 品川駅は大量の折り返しを想定していない
 乗務員の手配、乗客の移動も難題
 品川駅と車両基地は直結してない
 そもそも品川駅の構造に問題があった
 JR東海と東日本、品川駅開業をめぐって「兄弟げんか」
 かつて新幹線の遅延は冬の風物詩だった
東京駅、中央線ホームがなぜ高い
 なぜか高架上にある中央線ホーム
 北陸新幹線の乗り入れでホームが不足
 地下には、国賓が通るための通路があった
 東京発の新幹線、1号車は先頭?それとも最後尾?
 京葉線東京駅は、成田新幹線計画の名残
 東海道新幹線の座席、幅が一番広いのは・・・
東京行きの長野行新幹線?北陸新幹線秘話
 4つの電力会社の管轄を通り、周波数が3回変わる
  E7系はJR東、W7系はJR西、ではN700系のNは?
  北陸新幹線?長野行新幹線?名前をめぐり紛糾
  東京~直江津なら北陸新幹線より北越急行
  金沢・富山への移動時間への移動時間、首都圏が関西に逆転!
第2章 東西、関東・・・境界線はどこ?
富士急は関東の鉄道か、山梨と静岡は関東なのか?
 教科書の関東は「1都6県」、スポーツは+山梨県
 関東が広域化する裏に「政治力な力」
 静岡も関東?-お役所の管轄
 かつては濃尾平野も関東だった
JRの境界はどこに―福井や三重は東日本?
 中部地方は東日本か西日本か―割れる辞書の記述
 東西を分ける「糸魚川静岡構造線」
 日本語のアクセント、新潟・長野・岐阜・愛知が東京式
 天気予報は福井・岐阜・三重までが東日本
 高校野球、石川県はかつて東日本だった
北関東は「宇都宮県」に―幻の28道府県案
 1871年、3府302県から3府72県に
 1876年、3府35県に―四国は愛媛と高知だけ
 名古屋圏、金沢県、松江県・・・衝撃の府県統合案
町田駅はかつて神奈川県だった
 町田駅は神奈川県だと思っていましたが・・・
 多摩の東京移管問題の背後に政治的思惑?
 東京でコレラ流行、水資源管理が問題に
 「反権力」の自由党を東京へ―神奈川県知事の思惑
 西多摩、南多摩では抗議運動―北多摩では賛成論も
 武蔵県、千代田県、多摩県・・・乱立する構想
東京にも領土問題 千葉・埼玉と紛争
 京葉線の開業時のイメージキャラ、その名も「マリン」
 京葉線、東京と千葉の境界は?
 東京湾の境界線―東京は真南、千葉は西南を主張
 海ほたるは神奈川県?それとも千葉県?
 旧江戸川と江戸川の分岐で生まれた「番外地」
 東京都葛飾区と埼玉県三郷市、ため池をめぐる抗争
 全国では17カ所もある「未確定地域」
第3章 歴史を変えた?かもしれない幻の計画
富士山に登山鉄道―過去には頂上への計画も
 河口湖から5合目、スバルラインを鉄道に衣替え
 「ハイヒールで日帰り登山」-60年代に地下ケーブルカー計画
 高尾山と山中湖を結ぶ構想もあった
 終戦直後、登山鉄道と地下ケーブルを組み合わせた構想も
井の頭線、吉祥寺から延伸構想
 吉祥寺から北上、西武池袋線に接続
 西武鉄道は多摩川線延伸で対抗
 京王・西武が狙う「日本一の野球場」へのアクセス権
 東京スダディアムは、なぜ1年しか稼働しなかった?
西武鉄道、幻の奥多摩開発―第二の箱根に
 「豊島園の倍の努力と資金」を奥多摩に
 ホテルや遊園地、ケーブルカー、そして温泉も整備
 西武秩父線、軽井沢延伸構想の真相は?
 西武幹部が述懐「やらなくてよかった」
 失敗続きの秩父開発
東京駅から6キロ 夢の島に空港計画があった
 羽田より東京駅に近い夢の島―飛行場建設が決定
 夢の島、名前の由来は海水浴場―「東京のハワイ」
 神田や日本橋、赤坂、麻布にもゴミの埋め立て地があった
 晴海や豊洲にかつて貨物鉄道があった
第4章 五輪と鉄道
1940年、幻の東京五輪-渋谷~成城の鉄道計画
 東京横浜電鉄「渋谷から成城学園前」を構想
 同じ年に札幌でも冬季五輪が開催予定だった
 日中戦争で批判を浴び、開催権を返上
 代々木、青山、品川、駒沢・・・決まらない主会場
 昔の五輪では「綱引き」が正式種目だった
 陸上の60メートル走があった―金メダルは7秒ちょっうど
 五輪と同時に東京万博が予定されていた
 晴海に日本館、豊洲に外国館
 東京万博の入場券は大阪・愛知万博でも使われた
 1940年の日本の分岐点
駅名だけ残った「原宿」-五輪で消えた町名
 JR原宿駅、住所は神宮前―原宿という町名はない
 「五輪前にわかりやすい住所を」-町を再編成
 新宿駅は「新宿」ではなく角筈?
 大塚の北に南大塚?-各地で珍現象
 有楽町はあわや有楽1丁目―神田では旧町名が復活も
 東京は「水の都」だった
第5章 東京、鉄道の謎
山手線は「やまてせん」か「やまのてせん」か
 内回りと外回りと、とっさに見分ける方法
 ヨドバシカメラのテーマソング、歌詞を変更していた
 標高1位は代々木駅、最低は品川駅―その差40m
 鉄道発祥の地、実は品川駅だった?
 かつて山手線の車体は、カナリア色だった
池袋駅、なぜ「東が西武で西、東武」なのか
 先に駅を作ったのは東上鉄道―「東京と上州を結ぶ」
 東上線、新潟への延伸構想がった
 池袋がターミナルになったは偶然だった
 山手線も池袋を通らない予定だった
快速、急行、快速急行・・・もっとも速いのは?
 東急東横線→副都心線、急行が途中から各駅停車に
 東武東上線では、快速が急行より速い
 急行と通勤急行、どっちが速い?
 各停なのか?それとも普通なのか?
二子玉川園や向ヶ丘遊園―私鉄遊園地はいま
 京成電鉄の谷津遊園、プロ野球・巨人発祥の地だった
 ニコタマの二子玉川園は一時期、読売遊園だった
 京王多摩川駅前の京王閣「東京の宝塚」?
 向ヶ丘遊園の「花の大階段」は廃墟に
 向ヶ丘遊園、開園当初は無料、園内に俳優学校も
 ロッキード社のモノレールがあった
 としまえんが、練馬区にある不思議
 横浜ドリームランド、奇抜なホテルは図書館に
 小山ゆうえんちはショッピングセンターに

|

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年4月号 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2018/4 No.268 »

鉄道」カテゴリの記事

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】川尻 定著/鉄道ふしぎ探検隊(日経プレミアムシリーズ):

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年4月号 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2018/4 No.268 »