« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)

宮古島一周ツーリング(時計回り)

沖縄県道82号沖縄県道235号沖縄県道197号国道390号
243

<実施日>H30.2.12(月・祝)
<車種>DAHON DASH X20
    レンタル・クロスバイク(車種不明)
<起点>ミヤコセントラルホテル
<終点>宮古島市役所
<距離>81.8m(ホテル8:00dp市役所16:05av)

<翌日:【自転車】宮古島発着・伊良部島一周ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-f9bd.html

T_img_5667
▲朝8:00宮古島市の市街地をスタート

2018年2月の連休を利用して、沖縄県の宮古島ツーリングに出かけました。最近、輪行は面倒くさいようで、誘っても来る人はいなくなってしまったので、今回も単独ツーリングになると思っていました。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲島に北部に行くと穏やかな海が見えてきました

世間話で川崎市の友人S氏にふと話してみると「面白そうだ」と興味を示し参加することになりました。もちろん、自分の自転車はありませんので、現地でクロスバイクをレンタルすることにしました。本来であれば前日(11日)に伊良部島や来間島をショートツーリングして様子見となるはずでしたが雨と強風で中止。いきなりではありますが、2月12日に時計回りの宮古島一周80kmのツーリングとなりました。宮古島と橋でつながっている来間島、伊良部島、下地島、池間島なども含めて1周する方も多いですが、初めての人に5島は無理ですので、宮古島だけとしましたが、それでも十分楽しいはずです。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲県道230号と並行する市道はサトウキビ畑の中

T_img_5880
▲海中公園入口でクロスバイクがパンク!

投宿先で宮古島市中心街にある「ミヤコセントラルホテル」を8:00にスタート。島の北側を半周する県道83号で北上します。15分も走ると市街地が終わり、サトウキビ畑を中心としたのんびりとした南の島の風景となりますが、北風なので向かい風。途中、県道83号から分岐して池間島へと向かう県道230号で北上することになりますが、地図で見ると平行して北に向かう市道があるので、そちら側へ。サトウキビ畑の中を走る農道のような道で走る車は0。海岸線は走りませんが、遠くに海を見ながらと進みます。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲西平安名岬で記念写真

ここまで市街地を出てこれといったアップダウンもなく、南国ムードの景色ということで、S氏もはじめてのツーリングで気持ちよく、楽しそうに走っていました。しかし、『宮古島海中公園』入り口でS氏のクロスバイクがパンク。「まあ、ツーリングにはこんなこともありますよ」ということで私もチューブ交換のお手伝い。パンクの原因をタイヤ側で丹念に調べたものの何かが刺さっているようではなく、原因不明のまま約20分で作業完了。ツーリングを再開します。県道230号に戻り、さらに分岐して風力発電所を見ながら島の北西端となる「西平安名岬」へ。岬だけに、風が強い場所でしたが、池間島と海上道路が見える景色の良いところでした。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲雪塩製塩所で再びパンク。ホイール交換へ。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲マングローブ公園にも寄りました

最初のポイントとなる西平安名岬の後は、島の東側を走りながら南東端となる東平安名岬へと向かいます。ここからはほぼ追い風です。1本道の西平安名岬から戻ってくると「雪塩工場見学」の案内板がありましたので、寄ってみることにしました。工場と直売所を見て自転車に戻ってみると、またもやクロスバイクの後ろがパンク。S氏がレンタサイクルの店に電話すると「ホイルを持ってくる」とのこと。雪塩工場の隣のカフェで、サーターアンダーギーなどを食べて待つことにしました。約50分で、店主が登場してホイルごと交換。念のため予備チューブも置いていってもらい、ツーリングの再開です。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲サトウキビの収穫時期で刈り取りが行われていました

平良地区から東海岸線に沿う市道に入り、「島尻マングーブ公園」でマングローブを見学。その先は、追い風で平坦ということで、サトウキビ畑の中を、ピッチを上げて県道83号合流点まで走りました。山という山がない宮古島ですが北東側は盛り上がっていて、海岸線も断崖になっています。西平安名岬から東平安名岬のほぼ中間地点の「城辺」地区が本日のピークとなります。ピークといっても標高100mなのでそんなにキツクはないのですが、S氏はなんといっても本日が初ツーリング。崖下に太平洋が広がってみえる景勝地などもありますが、坂はきつそうです。見晴らしの良い休憩所で昼ごはんにすることにしました。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲宮古島東岸は断崖の海岸線。標高も100mほど。

食事を取って無事にピークを越えて、ゴルフ場の脇からは一気に下り坂を下り、海に突き出た一本道を進み東平安名岬に到着しました。ここは西平安名岬に比べるとたくさんの観光客がいて人気の場所のようです。サイクリストもたくさんいて、高級なロードバイクがたくさん停めてありました。我々も岬で記念写真です。ここまで本日の行程は50kmを終え、後は残り約30km。県道83号、県道235号で海岸線に沿って走りますが、シギラリゾートまでは小刻みなアップダウン。南海岸の道は海岸線近くを走るため、海を見ながらの景勝ルート。それに合わせるように高級そうな小さなホテルも多くなってきました。途中、休憩していると地元の方があのホテルは1泊●万円などと教えてもらい高級リゾート地区に入ったことを理解しました。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲東平安名岬にて記念写真

シギラスイートアラマンダホテルのところからリゾート地区を横切って海岸線へ。その先に「琉球の風アイランドマーケット・南国屋台村」がありましたので、寄ってみることにしました。2月のオフシーズンということで、お客はまばら。もうすぐ15時ですが、昼食が軽かったので、誰もない屋台村で沖縄そばを食べることにしました。ここも他の観光地同様に、お土産屋は日本人というよりもアジア外国人だらけでした。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲東平安名岬からシギラリゾート方面へ

シギラのはずれにある「うえのドイツ村」を見ながら再び県道235号で海岸線に沿って走ります。途中から道は北西方向になるために、徐々に向かい風。ラストで向かい風は少々メンタルに効いてきます。県道235号でさらに海岸線をトレースしたいところですが、S氏もけっこう疲れがたまっているようで県道197号で国道390号へショートカットすることにしました。下地地区から国道390号を走りましたが、さすが国道。交通量が一気に増えました。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲シギラリゾートの施設の脇を通り抜ける

宮古島空港に着陸する飛行機を真上に見ながら、ロードサイド店舗が集まる下里交差点から県道243号で市街地に入ってきました。信号待ちで、S氏と終点を市役所にすることに決めて、市街地のメイン通りを通って、16時過ぎに「宮古島市役所」に到着。宮古島一周達成です。S氏も初めてのツーリングながらパンクや坂などいろいろと辛いことを乗り越えて完走で、達成感があふれていました。ついでに、「本格的に自転車やらない」と営業活動をしてみましたので、もしかすると「輪行仲間に?」今後の展開に期待です。

<翌日:【自転車】宮古島発着・伊良部島一周ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-f9bd.html

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲リゾートの一角南国屋台村へ

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲沖縄そばをおやつに

仲間が増えるかはさておき、一般的に離島ツーリングは、距離の割に標高差があって、ハード行程となりがちですが、宮古島はアップダウンがとても少なく、走りやすく、その上、景色は海岸線やリゾート地が点在するなど南国ムードが満点で初心者が楽しむには最高の場所のようです。橋で繋がる離島も含めれば距離も伸ばすことも可能なので、サイクリストにとってはとてもベストな島のようです。

久しぶりに複数人数のツーリングでしたので楽しい1日でした。

【自転車】宮古島一周ツーリング(時計回り)
▲16時過ぎに宮古島市役所に到着。一周完走

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】鉄道建築ニュース2018年4月号(No821)

Img_025

鉄道建築協会の会報、鉄道建築ニュース2018年4月号が届きました。
<目次>
◆特集
■JR東日本における研究開発
◆ステーション・開発
■中央線小淵沢駅 
■山陽本線有年駅橋上駅舎及び自由通路
■仙台駅新幹線中央改札内コンコース整備
■大糸線一日市場駅待合所コンパクト化
■佐倉駅・館山駅ホーム待合所~地域性を考慮したデザインの取り組み~
■東北新幹線郡山駅・新幹線ラチ内トイレ改良
■山陽新幹線徳山駅トイレリニューアル
■磐梯町駅・山寺駅地下道上家改築
■東京駅丸の内広場整備
◆インターアラン
◆駅舎ニュース・ミニニュース
◆協会催事・お知らせ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2018/4 No.268

Img_024

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2018年4号が届きました。
<目次>
REGULARS
Headlights
Headline News
French Railways shake-up in view, Munchen plans major urban rail expansion, Helsinki Tallinn tunnel plan, new Siemens electric loco.
Light Rail News
New trains for Paris, new tram for Brussels and Cluj, second metro ring line Moskva.
Mail train
News Round Up
New freights through the Channel Tunnel, Eurostars for scrap, Hungray M62s in action, Vossloh DE 18s approved in France.
Heritage News
Wagons Lits coach saved, hope for Mohon depot, Italian luxury EMU saved, Portuguese Mallets for scrap?
Railtour Diary
Reviews
FEATURES
Endangered species: DB class 120
Keith Fender looks at the design, career and future of these once ultra modern locos.
Eurostar to Amsterdam
David Haydock redes on the inaugural train, stopwatches the journey, and asks if Eurostar could go even faster.
A Swedish island railway
Philip Groves visits the presented narrow gauge Blase quarry railway and documents its interesting history.
Rail passes for Germany
Alan Yearsley describes the many passes available to visit German railways. Including national offers, cross border passes and those for the Lander and city areas.

<表紙 アムステルダム中央駅を出発したユーロスター>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】川尻 定著/鉄道ふしぎ探検隊(日経プレミアムシリーズ)

Img_022

日経プレミアムシリーズの鉄道をテーマにした新書です。同新書から出ている『東京ふしぎ探検隊』の続編的な位置づけとなっていて、首都圏の話題が中心となっています。内容は鉄道がメインではなく、鉄道にまつわる歴史・地理のエピソードという感じになっています。首都圏在住者鉄道利用者や首都圏の鉄道に詳しい人には、楽しめる内容だと思います。

著者:河尻 定
定価:870円+税
新書: 256ページ
シリーズ:日経プレミアシリーズ(新書)
出版社: 日本経済新聞出版社 (2018/2/9)
言語: 日本語
ISBN-10: 4532263662
ISBN-13: 978-4532263669
発売日: 2018/2/9
梱包サイズ:  17.4 x 11 x 1.4 cm

<目次>
第1章 新幹線のヒミツ
「東北~東海道」はつながるはずだった
東京駅、1つだけカーブする東海道新幹線のホームの謎
東北新幹線のキャッチコピーは「ひかりは北へ」
1980年代に直通計画が再浮上
JR東日本と東海、計画中止をめぐって火花を散らす
リニア開業でどうなる―北海道から鹿児島までつながる?
東海道新幹線が、品川で折り返せない理由
 品川駅は大量の折り返しを想定していない
 乗務員の手配、乗客の移動も難題
 品川駅と車両基地は直結してない
 そもそも品川駅の構造に問題があった
 JR東海と東日本、品川駅開業をめぐって「兄弟げんか」
 かつて新幹線の遅延は冬の風物詩だった
東京駅、中央線ホームがなぜ高い
 なぜか高架上にある中央線ホーム
 北陸新幹線の乗り入れでホームが不足
 地下には、国賓が通るための通路があった
 東京発の新幹線、1号車は先頭?それとも最後尾?
 京葉線東京駅は、成田新幹線計画の名残
 東海道新幹線の座席、幅が一番広いのは・・・
東京行きの長野行新幹線?北陸新幹線秘話
 4つの電力会社の管轄を通り、周波数が3回変わる
  E7系はJR東、W7系はJR西、ではN700系のNは?
  北陸新幹線?長野行新幹線?名前をめぐり紛糾
  東京~直江津なら北陸新幹線より北越急行
  金沢・富山への移動時間への移動時間、首都圏が関西に逆転!
第2章 東西、関東・・・境界線はどこ?
富士急は関東の鉄道か、山梨と静岡は関東なのか?
 教科書の関東は「1都6県」、スポーツは+山梨県
 関東が広域化する裏に「政治力な力」
 静岡も関東?-お役所の管轄
 かつては濃尾平野も関東だった
JRの境界はどこに―福井や三重は東日本?
 中部地方は東日本か西日本か―割れる辞書の記述
 東西を分ける「糸魚川静岡構造線」
 日本語のアクセント、新潟・長野・岐阜・愛知が東京式
 天気予報は福井・岐阜・三重までが東日本
 高校野球、石川県はかつて東日本だった
北関東は「宇都宮県」に―幻の28道府県案
 1871年、3府302県から3府72県に
 1876年、3府35県に―四国は愛媛と高知だけ
 名古屋圏、金沢県、松江県・・・衝撃の府県統合案
町田駅はかつて神奈川県だった
 町田駅は神奈川県だと思っていましたが・・・
 多摩の東京移管問題の背後に政治的思惑?
 東京でコレラ流行、水資源管理が問題に
 「反権力」の自由党を東京へ―神奈川県知事の思惑
 西多摩、南多摩では抗議運動―北多摩では賛成論も
 武蔵県、千代田県、多摩県・・・乱立する構想
東京にも領土問題 千葉・埼玉と紛争
 京葉線の開業時のイメージキャラ、その名も「マリン」
 京葉線、東京と千葉の境界は?
 東京湾の境界線―東京は真南、千葉は西南を主張
 海ほたるは神奈川県?それとも千葉県?
 旧江戸川と江戸川の分岐で生まれた「番外地」
 東京都葛飾区と埼玉県三郷市、ため池をめぐる抗争
 全国では17カ所もある「未確定地域」
第3章 歴史を変えた?かもしれない幻の計画
富士山に登山鉄道―過去には頂上への計画も
 河口湖から5合目、スバルラインを鉄道に衣替え
 「ハイヒールで日帰り登山」-60年代に地下ケーブルカー計画
 高尾山と山中湖を結ぶ構想もあった
 終戦直後、登山鉄道と地下ケーブルを組み合わせた構想も
井の頭線、吉祥寺から延伸構想
 吉祥寺から北上、西武池袋線に接続
 西武鉄道は多摩川線延伸で対抗
 京王・西武が狙う「日本一の野球場」へのアクセス権
 東京スダディアムは、なぜ1年しか稼働しなかった?
西武鉄道、幻の奥多摩開発―第二の箱根に
 「豊島園の倍の努力と資金」を奥多摩に
 ホテルや遊園地、ケーブルカー、そして温泉も整備
 西武秩父線、軽井沢延伸構想の真相は?
 西武幹部が述懐「やらなくてよかった」
 失敗続きの秩父開発
東京駅から6キロ 夢の島に空港計画があった
 羽田より東京駅に近い夢の島―飛行場建設が決定
 夢の島、名前の由来は海水浴場―「東京のハワイ」
 神田や日本橋、赤坂、麻布にもゴミの埋め立て地があった
 晴海や豊洲にかつて貨物鉄道があった
第4章 五輪と鉄道
1940年、幻の東京五輪-渋谷~成城の鉄道計画
 東京横浜電鉄「渋谷から成城学園前」を構想
 同じ年に札幌でも冬季五輪が開催予定だった
 日中戦争で批判を浴び、開催権を返上
 代々木、青山、品川、駒沢・・・決まらない主会場
 昔の五輪では「綱引き」が正式種目だった
 陸上の60メートル走があった―金メダルは7秒ちょっうど
 五輪と同時に東京万博が予定されていた
 晴海に日本館、豊洲に外国館
 東京万博の入場券は大阪・愛知万博でも使われた
 1940年の日本の分岐点
駅名だけ残った「原宿」-五輪で消えた町名
 JR原宿駅、住所は神宮前―原宿という町名はない
 「五輪前にわかりやすい住所を」-町を再編成
 新宿駅は「新宿」ではなく角筈?
 大塚の北に南大塚?-各地で珍現象
 有楽町はあわや有楽1丁目―神田では旧町名が復活も
 東京は「水の都」だった
第5章 東京、鉄道の謎
山手線は「やまてせん」か「やまのてせん」か
 内回りと外回りと、とっさに見分ける方法
 ヨドバシカメラのテーマソング、歌詞を変更していた
 標高1位は代々木駅、最低は品川駅―その差40m
 鉄道発祥の地、実は品川駅だった?
 かつて山手線の車体は、カナリア色だった
池袋駅、なぜ「東が西武で西、東武」なのか
 先に駅を作ったのは東上鉄道―「東京と上州を結ぶ」
 東上線、新潟への延伸構想がった
 池袋がターミナルになったは偶然だった
 山手線も池袋を通らない予定だった
快速、急行、快速急行・・・もっとも速いのは?
 東急東横線→副都心線、急行が途中から各駅停車に
 東武東上線では、快速が急行より速い
 急行と通勤急行、どっちが速い?
 各停なのか?それとも普通なのか?
二子玉川園や向ヶ丘遊園―私鉄遊園地はいま
 京成電鉄の谷津遊園、プロ野球・巨人発祥の地だった
 ニコタマの二子玉川園は一時期、読売遊園だった
 京王多摩川駅前の京王閣「東京の宝塚」?
 向ヶ丘遊園の「花の大階段」は廃墟に
 向ヶ丘遊園、開園当初は無料、園内に俳優学校も
 ロッキード社のモノレールがあった
 としまえんが、練馬区にある不思議
 横浜ドリームランド、奇抜なホテルは図書館に
 小山ゆうえんちはショッピングセンターに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2018年4月号

Img_023

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2018年4月号No964が手に入りました。
<目次>
NEWS
German cities reject suggestion of free public transport; US draft budget causes uncertainty for LRT project; Montreal light metro works to begin in April; Munich’s EUR5.5bn urban rail masterplan.
LRT ROLLING STOCK EXCELLENCE
Howard Johnston summarises the key points form the latest LRT Excellence Day.
ROLLING STOCK MARKET ANALYSIS
Michael Taplin looks ahead at the current tram and LRV order books and makes his predictions for rolling stock investment.
WORLDWIDE REVIEW
Avignon councilors agree to extend tramline; Wurzburg looks to replace entire fleet; Test running begins on Izmir’s Konak tramline; Transport for London fare income projected to fall below expectations.
MAILBOX
Questioning Wellington’s ‘progress’ remembering a key Metrolink figure.

<表紙 シドニーのLRT>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »