« 【自転車】小豆島一周[その2](土庄港→北回り→福田港)+寒霞渓ツーリング | トップページ | 【書籍】松波成行著/国道の謎 »

【書籍】平沼義之著 日本の道路120万キロ大研究

Img_008

そもそも日本の道路とは、どのような制度の上にあるのか、国道から市町村道までの定義、歴史や構造などこれ一冊を読むと「日本の道路」がどのようなものなのか理解できます。道路を知り、理解することで、自転車でのツーリングがさらに楽しくなりそうです。

著者:平沼義之
定価:640円
文庫: 256ページ
出版社: 実業之日本社 (2015/7/16)
言語: 日本語
ISBN-10: 4408456535
ISBN-13: 978-4408456539
発売日: 2015/7/16
梱包サイズ:  15 x 10.4 x 1.4 cm

<目的>
はじめに
序章「道路」に感じる長年の疑問
1.国道の番号には、何か法則はあるの?
2.車が通れない「国道」・・・酷道に込められた意味とは?
3.海の上には道路はないのに、「国道」がある?
4.「国道1号」は横浜で終わり!?次は伊勢神宮?
5.県道って2種類あるの?
6.林道や農道にある「公道でない」の意味するところは?
7.道路標識に書かれている地名って、誰がどうやって決めているの?
8.トンネルの脇に、小さな怪しい分かれ道がよくある気がする
第1章「道路法」で定義される道路
1.「道路」には名前と種類がある!
2.道路法の道路の全容と、その一生
3.国道を知る
4.都道府県道の深淵なる世界
5.主要地方道とはどんな道?
6.市町村道は暮らしの最前線の道
7.高速自動車国道
8.一般有料道路と都市高速道路
9.自転車専用道路
第2章「道路法」にない道路
1.農林水産省や環境省も道路を造っている
2.「林道は公道とは違い・・・」という看板の意味
3.森林鉄道の「林道」である
4.「農道」は、誰が走ってもいいの?
5.港湾にある道路
6.公園道。都市計画道路
7.民間による有料道路(一般自動車道と専用自動車道)
8.道と里道「認定外」の道路たち
第3章道路法制の変遷 道路の魅力の源泉
1.旧道路法制定以前 明治から大正まで
2.大正道路法の制定 大正~戦前
3.終戦後の道路政策と原稿道路法の策定
第4章 道路で出会う風景
1.橋から見える、道路の優しさ
2.トンネルは、道路交通近代化の立役者
3.道路標識の面白さ
4.道路上にあるいろいろなもの
5.線形・・・運転しやすい道とそうでない道の差
6.踏切道と立体交差
7.積雪地の道路
8.道路の改良
第5章 道路で出会う「不思議な」表情
1.酷道
2.道路の通行止め
3.道路の地域色
4.未成道とは何か
5.廃道という、道路の終着地
参考文献

|

« 【自転車】小豆島一周[その2](土庄港→北回り→福田港)+寒霞渓ツーリング | トップページ | 【書籍】松波成行著/国道の謎 »

自転車」カテゴリの記事

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】平沼義之著 日本の道路120万キロ大研究:

« 【自転車】小豆島一周[その2](土庄港→北回り→福田港)+寒霞渓ツーリング | トップページ | 【書籍】松波成行著/国道の謎 »