« 【書籍】水戸岡鋭治著/カラー版 電車のデザイン(中公新書) | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2018年1月号(No818) »

【自転車】冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング

福島県道19号国道399号福島県道41号
<実施日>H29.12.24(日)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>磐越東線・船引駅(有人・売店あり)
<終点>常磐線・四ツ倉駅(有人・自販機あり)
<距離>70.4km(船引駅10:40dp四ツ倉駅14:20av)

<この前の区間はこちら>
【自転車】冬の阿武隈山地越え(南相馬・川俣・船引)ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-790b.html

<ここの次の区間はこちら>
【自転車】東北外周ツーリングのゴール!(四ツ倉・勿来・湯本)ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-d17a.html

冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング
▲曇り空で気温も低い船引を出発

H29.12.24(日)阿武隈山地ツーリングの2日目は、船引駅から太平洋側にある四ツ倉駅までの約70km。船引町は阿武隈山地の頂上付近にあるために、本日は太平洋に向かう下り坂が基本。コース的には楽なので、お気楽にやってきたものの、前日と打って変わって曇り空で、しかも標高があるだけに厳しい寒さ。寒くてダメなら磐越東線に逃げる覚悟で、10:40に船引駅をスタートしました。

冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング
▲船引の街中を抜けて

船引駅を出て市街地を抜けて小野新町方面へ向かうことになりますが、県道19号と国道349号の二つのルートがあります。アップダウンがなく、しかも交通量が少なく走りやすい県道の方をチョイス。フラットに見える船引―小野新町間ですが、微妙に登り坂で、小野新町市街地の少し手前が本日のピークとなっています。

冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング
▲県道19号で船引から小野新町へ

ルート上の一区切りということで、小野新町駅で休憩を取りますが、この辺りは阿武隈山地の高地部分で標高は約430mあります。道路の温度表示は気温5度で、道路脇の日陰の部分には雪が残っていました。そして、小野新町からは県道41号に入ります。この県道は別名「小野四ツ倉線」で途中、国道399号線と重複する区間がありますが、基本的にはこの道を走れば四ツ倉まで行くことができます。

冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング
▲小野新町町で小休止

小野新町駅から小川郷駅までは夏井川沿う道で景色もよく、なんといっても交通量が少ない上に、一方的降り坂。本数が極端に少ない磐越東線の列車も運が良ければ出会うことができます。次の夏井駅付近から標高差約300mをほとんど漕がずに快調に小川郷まで降りてきました。相変わらず寒いのですが、ここまで来るとあと一息と思いきや天気が怪しくなってきました。ついには、ポツポツと雨が降り出し、ウエアーにも雨粒の跡が残るぐらいになってしまい、コンビニに避難して様子見です。

冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング
▲夏井川に沿って小川郷まで一気に下ります

小川郷のコンビニでホットコーヒーを飲みながらスマホで情報収集するとどうやら雨雲の本体の雨ではないようです。あと数キロなので四ツ倉へ向かうことにしました。小川郷からは国道399号、県道41号重複区間なので、道路のグレードも少し上がったかと思ったら交通量も増加です。途中から左折して県道41号単独区間に入ると交通量は少なくなりました。丘陵地を抜けて、常磐道の下をくぐれば四ツ倉地区。途中、常磐線のオーバーパスの手前に、昔は踏切で鉄道とクロスしていたと思われる旧道を発見。そちらを走ってみると線路の手前で道が終わっていて「やばい」と思ったものの、近づいてみると、線路をアンダーパス自歩道ができていました。線路の下を潜り、それから線路に沿って走って四ツ倉駅には14:20に到着です。

冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング
▲小川郷の夏井川には白鳥がいました

駅で記念撮影などをしていると本降りの雨。到着後は四ツ倉駅近くの海岸にある蟹洗温泉に行こうと思っていたのですが、断念です。幸い駅前にはスーパーマーケットがあったので、惣菜とお酒を買って常磐線で帰路につきました。

原発事故がなければ、原ノ町駅と四ツ倉駅の間は簡単に1日で走り抜ける距離ですが、自転車が走行できない区間があることから、2日に分けて大きく迂回するはめになってしました。季節的に寒い時期ではありましたが、面白い迂回ルートでした。地元の人の情報では、12/24のこのツーリングの後に、雪が降ったりやんだりの天候が続き、峠では積雪になったろか。そう考えると2017年最後の阿武隈山地ツーリングだったかもしれません。

<ここの次の区間はこちら>
【自転車】東北外周ツーリングのゴール!(四ツ倉・勿来・湯本)ツーリング
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-d17a.html

冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング
▲県道41号で四ツ倉へ。あと少し

冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング
▲常磐線と県道41号の旧道には自歩道がありアンダーパス

冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング
▲四ツ倉駅到着と同時に本降りの雨

|

« 【書籍】水戸岡鋭治著/カラー版 電車のデザイン(中公新書) | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2018年1月号(No818) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】冬の阿武隈山地(船引・小野新町・四ツ倉)ツーリング:

« 【書籍】水戸岡鋭治著/カラー版 電車のデザイン(中公新書) | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2018年1月号(No818) »