« 【書籍】運輸と経済2017年10月号 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2017年11月号 »

【鉄道】黒磯直流化を前に交流車を撮りに行く

H29.10.9(祝)磐越東線の記念きっぷと4連を撮った帰路に、10月改正で交流車が走行しなくなる新白河~黒磯にかけて撮ることにしました。撮ることにしたものの、701系やE721自体が廃車になる訳ではないので、単なる走行写真では面白味はなく、各駅の雰囲気と交流車を合わせた感じで撮影することにしました。

E721系(東北本線・白坂駅)
▲白坂駅を出発するE721のP2編成2連=4両編成の2130M

701系(豊原―白坂間)
▲白坂―豊原間を走る701系F2編成の2132M

E721(豊原駅)
▲豊原駅を出発する2134MはE721系のP4編成でした

E721(豊原駅)
▲豊原駅の交流電車もいよいよ見納め2135M

701系6両編成(黒田原駅)
▲701系6連の2136Mは6両編成(黒田原駅)

E721系4両編成(黒田原駅)
▲黒田原駅に進入するE721系2137M

Dsc_9013
▲2139M郡山駅は701系6両。郡山行も見納めです

Dsc_9043
▲高久駅に到着した2138Mは701系のワンマンでした

Dsc_9151
▲郡山行2141M。黒磯駅の交流車もいよいよ過去帳入りです

Dsc_9239
▲黒磯駅のごちゃついた架線柱も見収めかもしれません

|

« 【書籍】運輸と経済2017年10月号 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2017年11月号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】黒磯直流化を前に交流車を撮りに行く:

« 【書籍】運輸と経済2017年10月号 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2017年11月号 »