« 【書籍】鉄道建築ニュース2017年8月号(No813) | トップページ

【自転車】奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング by DAHON DASH X20

国道401号国道400号
博士峠(福島県)


<実施日>H29.8.13(日)
<車種>DAHON DASH X20 
<起点>磐越西線・会津若松駅(有人・売店あり)
<終点>只見線・会津川口駅(有人・売店あり)
<距離>74.7km(8:30dp13:30av)

H29.8.13(日)奥会津の国道401号線『博士峠』にチャレンジしました。

会津若松から会津高田を抜けて、そこから先は国道401号線の一本道で博士峠へ。1000mオーバーの峠ですが、勾配はそれほどキツクなく、その分つづら折りのダラダラ坂。景色と雰囲気から、そろそろ頂上かと思わせながら、なかなか到達しないという感じです。峠付近に到着すると会津若松側は厚い雲がかかっていて、眺望はまったく期待できませんでした。たぶん、晴れていれば、素晴らしいような気がします。

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲8:30に会津若松駅をスタート。天気予報が外れて厚い雲り

峠の昭和村側は晴れて青空が見えていて、このあたりを境に天気も変わっているようです。頂上から昭和村へと一気に下り、途中から国道400号線へ。道の駅で小休止ののち、会津川口駅に13:30に到着しました。次の列車は、15:27発会津若松行。この待ち時間を有効活用して、2.5km先の会津中川駅前にある「中川温泉」へ。ラッキーなことにお盆特別料金100円となっていました。空いていたので、ゆっくりと浸かり、汗を流して、会津川口駅から只見線に乗車しました。

若松側は小雨がぱらつく天候でしたが、峠を越えると夏の天気。奥会津をツーリングすると、山岳で厳しいことはあるものの、日本の原風景的な集落が多いので、どのルートも魅力的です。

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲会津高田の街中を抜けて峠へ

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲新宮川ダムを通過

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲ダムから先は電話も圏外。

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲ダムの先にあるトンネル群はスノーシェッドでつながっていて2kmほどありました

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲峠が近づくと小雨がぱらついてきました

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲勾配はキツクありませんが、なかなか頂上につきません

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲ようやく博士峠に11:30到着。あとは下るだけ

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲国道400号線で金山町(会津川口)方面へ

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲道の駅「からしむ織の里・しょうわ」でソフトクリーム

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲入母屋造りや倉がある集落が多い奥会津地方

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲川べりにある会津川口駅に到着

T_img_6541
▲中川温泉「ゆうゆう館」はお盆特別料金で100円でした

奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング
▲只見線の景色を見ながらのんびりと帰りました

|

« 【書籍】鉄道建築ニュース2017年8月号(No813) | トップページ

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/65662390

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】奥会津・国道401号『博士峠』ツーリング by DAHON DASH X20:

« 【書籍】鉄道建築ニュース2017年8月号(No813) | トップページ