« 【世界の乗り物】福島空港にやってきたDC-3旅客機を見に行く | トップページ | 【自転車】宮城の辺境・雄勝半島ツーリングby DAHON Dash X20 »

【自転車】南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20

岩手県道18号宮城県道18号国道45号宮城県道225号
宮城県道221号国道398号宮城県道30号宮城県道33号

<実施日>H29.5.28(日)
<車種>DAHON DASH X20
Tyrell FSX
    Pinarello FP1 
<起点>大船渡線・矢越駅(無人・自動販売機なし)
<終点>仙石線・石巻駅(有人駅・売店あり)
<距離>108.9km(矢越駅9:10dp石巻駅18:20av)

<前回の区間はこちら>
【自転車】気仙沼大島一周ツーリングby ダホン DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/by-dash-x20-33f.html

<この次の区間はこちら>
【自転車】宮城の辺境・雄勝半島ツーリングby DAHON Dash X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/bydahondashx2-1.html

前回の東北沿岸ツーリングは本吉駅まで走りましたので、今回はその続きです。本吉は輪行ではアプローチしにくい場所であるため、岩手県の矢越駅を起点として、矢越→本吉→歌津→志津川→神割崎→石巻と走りました。

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲大船渡線・矢越駅を出発

矢越駅をスタートして、県道18号を使って三陸方面へと南下します。『矢越・本吉間』には、サミットと岩手・宮城の県境があります。しかし、よくある「峠=県境」というスタイルではなく、境目のだいぶ手前がピークとなっていました。矢越からは追い風の上に、とても緩やかに登ってゆく感じで「あれ?、ピークを越えた?」とメンバーと話しをしているうちに下り坂となり、宮城県入りです。

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲岩手・宮城にまたがる県道18号で太平洋へ

天気予報では「晴れ」でしたが、ポツポツ雨が降り始めた。スマホの雨雲レーダーでは、ちょうど、このあたりに雨雲がかかりはじめていて、沿道にあった集会場の軒先を借りて雨宿り。本降りの中を走ることは避けることができました。待つこと15分で雨もあがり、再スタートです。しばらくして本吉市街地に入ると濡れた道路と乾いた道路の境目を発見。太陽光線が差し、雨の降った形跡すらありませんでしたので、先程の雨は局地的だったようです。

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲宮城県入りです

本吉からは国道45号を走ることになります。本吉からは内陸方面の国道もあるため、『気仙沼・本吉』に比べると交通量は減りますが、最初に通った県道とは雲泥差。日曜で大型車は少ないとはいえ、どんどん車はやってきます。そんな状態に加えてアップダウンもあります。途中、歌津半島、清水浜から志津川までは県道でつなぐことができるため国道を使わずにそちらを経由しました。国道からも海は見えますが、やはり、交通量の少ない県道からの方が落ち着いて海を見ることができます。

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲にわか雨で雨宿り

志津川では、オープン以来すっかり観光地となっている「さんさん商店街」で大休憩。気温も上がってきましたので喫茶店でアイスコーヒーを飲みました。予定ではこの先、国道398号で神割崎を経由しますが、走り始めるとショートカットルートはないので、一応メンバーにモチベーションの確認です。みなさんケロっとしてまったく問題ありませんので、志津川の先から国道398号に入ることにしました。

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲歌津半島まで来ると天気がよくなってきました

国道398号は、震災後に改修が進んだため狭隘区間はほとんどなく、集落ごとにアップダウンはありますが、岩手県内の三陸地方のようや激坂はもちろんありません。しかもトンネルで直線化された区間も多いのでたいへん走りやすい道となっていました。途中、神割崎で休憩と観光をしました。地図で見ると分かるのですが、神割崎を超えると進路は南西方面。当日は西風で、これまでは山が上手に風をブロックしてくれていましたが、いよいよ向かい風。北上川の河口が見えてくると吹き曝しで完全に向かい風となってしまいました。

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲歌津岬にはこれから向かう神割崎方面が見えました

北上川にかかる国道398号新北上大橋を渡り、北上川の南岸を走る県道30号へ。完全に向かい風でひたすら漕ぐことになりました。強風で走行抵抗が大きくなっているので、このあたりからみなさんのモチベーションが著しく低下。3台バラバラの走行となってしまいました。堤防は見通しがよく景色もよいのですが、向かい風では先は見えるだけに気がなえてくるようです。

県道30号から市道でショートカットして県道33号に入り石巻へとラストスパートです。車は増えましたが、風は弱まり、サイドとなったのでようやく走りやすくなしました。旧北上川を渡り、駅近くにある銭湯「鶴の湯」で汗を流してから石巻駅に向かい本日終了となりました。

最後の堤防上の風はいただけませんでしたが、山から海にでて海岸線をたどる楽しいルートでした。

<この次の区間はこちら>
【自転車】宮城の辺境・雄勝半島ツーリングby DAHON Dash X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/bydahondashx2-1.html

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲歌津湾を見ながら走る

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲南三陸さんさん商店街でコーヒータイム

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲きれいに整備された国道398号。志津川湾を見ながら走る

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲神割崎で休憩

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲北上川の河口まで来ると風が出てきました

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲向かい風の中北上川の堤防を走る

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲まいどおなじみの「鶴の湯」で汗を流してから駅へ

南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20
▲石巻駅に到着です

|

« 【世界の乗り物】福島空港にやってきたDC-3旅客機を見に行く | トップページ | 【自転車】宮城の辺境・雄勝半島ツーリングby DAHON Dash X20 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/65544895

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】南三陸沿岸ツーリングby DAHON DASH X20:

« 【世界の乗り物】福島空港にやってきたDC-3旅客機を見に行く | トップページ | 【自転車】宮城の辺境・雄勝半島ツーリングby DAHON Dash X20 »