« 【書籍】梯 久美子著/廃線紀行 | トップページ | 【鉄道】仙台市・西公園にある蒸気機関車C601の清掃に参加 »

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)

常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)

国道113号国道114号
宮城県道228号旗巻峠(宮城・福島県)
福島県道34号福島県道257号
<実施日>H29.4.2(日)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>阿武隈急行・角田駅(自販機あり)
<終点>常磐線・浪江駅(自販機あり)
<距離>78.4km(角田駅8:20dp浪江駅12:40av)

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲阿武隈急行・角田駅をスタート。阿武隈川まではすぐ

H28年末の浜吉田―原ノ町に続いて、H29.4.1から常磐線の小高―浪江間が復旧し、これにより仙台方面から浪江までは鉄道で一本続きとなりました。輪行愛好者の私にとっては非常にうれしい限りで、福島中通りと浜通りを結んだり、宮城県部と福島県浜通りを結ぶなどのツーリングルートの設定ができるようになりました。

H29.4.2は北風の予報でしたので、宮城県南部の角田市から一山越えて浪江までの78kmを走って、浪江駅から常磐線の試乗を兼ねて輪行することにしました。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲阿武隈川左岸(上流に向って)を進みます

角田駅からは阿武隈川に出て、左岸(上流に向かって)の堤防の上を走り丸森へ。ここから国道113号に出ますが、このまま相馬まで国道を走っても面白くないので、途中の大内集落から県道228号に入り、宮城福島県境となる旗巻峠を経由します。このルートは途中の青葉温泉まで片側1車線の良い道で、しかも車はほとんど通りませんので快適な走りができました。そして、温泉から先は道が狭隘区間となり勾配もきつくなりますが、行き違い車は0。今回の峠となる旗巻峠の近くには、戊辰戦争では戦場になったところがあるそうで「古戦場」の案内板もありました。峠まで来ると、使われなくなった鉄のゲート。立ち入り制限のときのもので、ここから先は福島県・相馬市となります。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲県道228号青葉温泉から先は狭隘区間

峠を過ぎてば、下り坂で一気に相馬市街地と向かいます。相馬から原ノ町へと向かいますが、この区間は以前海ルートを走っていますので、今回は県道34号で原ノ町~浪江へと走り抜けます。この県道は阿武隈山地の裾を走るため海ルートに比べるとアップダウンをくりかえしながらと南下します。相馬~原ノ町は、あまり高低差はありませんが車が多く走っていました。ただ、県道34号は原ノ町市街地を通らず、西側を通りますので、市街地方面へ向かう県道12号との交差点を過ぎると交通量がぐっと減りました。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲鉄のゲートが残る旗巻峠

県道34号を引き続き南下しますが、小高付近まで来るとあまり人が帰還していないのか、あまり人気がなく民家の生活感もありません。除染作業により沿道の木々が切られているところが多くむしろきれいになっています。廃棄物の仮置き場や設置された線量計などを見ながらさらに南下して、立ち入り制限が解除されたばかりの浪江町へと入りました。小高あたりまではときどき庭で作業している人もいたのですが、浪江町に入ると走っている車はほとんどおらず、住宅などもあってもほとんど人はいないので静かなものです。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲県道34号で浪江へ。南相馬市馬事公苑付近を行く

地図上で県道34号を国道114号とぶつかるところまで行けるものかと思って進んだのですが、途中、立ち入り禁止で通行止め。道を少し戻って県道257号から国道114号に出て浪江市街地にある浪江駅を目指しました。国道114号に出るといろいろな建物がありますが、どこも休業状態。「食べ物を買うところはない」と事前にアドバイスを受けていましたので、食べ物は持参してきましたが、自動販売機を含めて何も買うことはできませんでした。走っている車も少なく、それも見物人と思える県外ナンバーばかり。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲浪江町の県道34号の通行止め地点

12:40に浪江駅に到着。駅にある自動販売機が稼働中でした。次の電車まではかなり時間があるので、駅員氏に買い物ができるところがあるか尋ねると国道6号沿いの仮設商店街で可能とのこと。駅から出て、ホームセンター、コンビニ、ショッピングモール、商店街など市街地を一周して仮設商店街まで行きましたが、どれも地震で止まったままで、歩いている人もおらずまさにゴーストタウンとなっていました。

仮設商店街も日曜日ということで大半休業。幸い酒屋は開いていたので、少々のお酒を買うことができました。天気は晴れ、日向にいると寒くないので、駅前のベンチで持参した食べ物をつまみに一杯やりながら電車を待つことにしました。常磐線の復旧でこちら方面のツーリングも多くなりそうです。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲12:40浪江駅に到着。地元の人はほとんどいません

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲休業したままのショッピングモール

|

« 【書籍】梯 久美子著/廃線紀行 | トップページ | 【鉄道】仙台市・西公園にある蒸気機関車C601の清掃に参加 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江):

« 【書籍】梯 久美子著/廃線紀行 | トップページ | 【鉄道】仙台市・西公園にある蒸気機関車C601の清掃に参加 »