« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

【自転車】平泉・千厩大回りツーリング by DAHON DASH X20

岩手県道14号国道343号国道456号


<実施日>H29.4.9(日)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>東北本線・平泉駅(有人駅・売店あり)
<終点>大船渡線・千厩駅(有人駅・自販機あり)
<距離>46.4km(平泉駅8:30dp千厩駅12:00av)

H29.4.9(日)天気予報が怪しいまま陸前高田に向かったものの、途中で雨雲レーダーなどを見ると三陸沿岸部は雨が降りそうな気配。無理してゆくことはあきらめて、平泉からスタート。雨雲を避けるようにして北上川をさかのぼりますが、盛岡まで行くと雨のようなので、雨に当たらないにしかも西風を背負うようにして水沢から山を越えて摺沢へ。ここまではなんとか雨は降りませんでした。

少し走りたい気もしていたので、雨が避けられるならば千厩から気仙沼までと思ったのですが、千厩で降ってきましたので、今回はここで終了することにしました。

【自転車】平泉・千厩大回りツーリング by DAHON DASH X20
▲県道14号から国道343号へ。交差点に蘇民祭のオブジェ

【自転車】平泉・千厩大回りツーリング by DAHON DASH X20
▲国道343号のトンネルを抜けて摺沢へ

【自転車】平泉・千厩大回りツーリング by DAHON DASH X20
▲摺沢市街地に残る古い町並み

【自転車】平泉・千厩大回りツーリング by DAHON DASH X20
▲摺沢→千厩の間で、JR気仙沼線の気仙沼行が追い越していきました

【自転車】平泉・千厩大回りツーリング by DAHON DASH X20
▲雨が降ってきたので、本日は千厩で終了です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】仙台市・西公園にある蒸気機関車C601の清掃に参加

H29.4.8仙台市青葉区西公園に保存されているC601の保存団体である「仙台市蒸気機関車C601保存会」の総会兼清掃会があり参加してきました。はじめての清掃会ということで、地元や首都圏などから多くの人が集まり蒸気機関車本体と周辺の清掃を行いました。次回は11月に実施するとのことです。

Img_5197

Img_5183

Img_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)

国道113号国道114号
宮城県道228号旗巻峠(宮城・福島県)
福島県道34号福島県道257号
<実施日>H29.4.2(日)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>阿武隈急行・角田駅(自販機あり)
<終点>常磐線・浪江駅(自販機あり)
<距離>78.4km(角田駅8:20dp浪江駅12:40av)

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲阿武隈急行・角田駅をスタート。阿武隈川まではすぐ

H28年末の浜吉田―原ノ町に続いて、H29.4.1から常磐線の小高―浪江間が復旧し、これにより仙台方面から浪江までは鉄道で一本続きとなりました。輪行愛好者の私にとっては非常にうれしい限りで、福島中通りと浜通りを結んだり、宮城県部と福島県浜通りを結ぶなどのツーリングルートの設定ができるようになりました。

H29.4.2は北風の予報でしたので、宮城県南部の角田市から一山越えて浪江までの78kmを走って、浪江駅から常磐線の試乗を兼ねて輪行することにしました。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲阿武隈川左岸(上流に向って)を進みます

角田駅からは阿武隈川に出て、左岸(上流に向かって)の堤防の上を走り丸森へ。ここから国道113号に出ますが、このまま相馬まで国道を走っても面白くないので、途中の大内集落から県道228号に入り、宮城福島県境となる旗巻峠を経由します。このルートは途中の青葉温泉まで片側1車線の良い道で、しかも車はほとんど通りませんので快適な走りができました。そして、温泉から先は道が狭隘区間となり勾配もきつくなりますが、行き違い車は0。今回の峠となる旗巻峠の近くには、戊辰戦争では戦場になったところがあるそうで「古戦場」の案内板もありました。峠まで来ると、使われなくなった鉄のゲート。立ち入り制限のときのもので、ここから先は福島県・相馬市となります。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲県道228号青葉温泉から先は狭隘区間

峠を過ぎてば、下り坂で一気に相馬市街地と向かいます。相馬から原ノ町へと向かいますが、この区間は以前海ルートを走っていますので、今回は県道34号で原ノ町~浪江へと走り抜けます。この県道は阿武隈山地の裾を走るため海ルートに比べるとアップダウンをくりかえしながらと南下します。相馬~原ノ町は、あまり高低差はありませんが車が多く走っていました。ただ、県道34号は原ノ町市街地を通らず、西側を通りますので、市街地方面へ向かう県道12号との交差点を過ぎると交通量がぐっと減りました。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲鉄のゲートが残る旗巻峠

県道34号を引き続き南下しますが、小高付近まで来るとあまり人が帰還していないのか、あまり人気がなく民家の生活感もありません。除染作業により沿道の木々が切られているところが多くむしろきれいになっています。廃棄物の仮置き場や設置された線量計などを見ながらさらに南下して、立ち入り制限が解除されたばかりの浪江町へと入りました。小高あたりまではときどき庭で作業している人もいたのですが、浪江町に入ると走っている車はほとんどおらず、住宅などもあってもほとんど人はいないので静かなものです。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲県道34号で浪江へ。南相馬市馬事公苑付近を行く

地図上で県道34号を国道114号とぶつかるところまで行けるものかと思って進んだのですが、途中、立ち入り禁止で通行止め。道を少し戻って県道257号から国道114号に出て浪江市街地にある浪江駅を目指しました。国道114号に出るといろいろな建物がありますが、どこも休業状態。「食べ物を買うところはない」と事前にアドバイスを受けていましたので、食べ物は持参してきましたが、自動販売機を含めて何も買うことはできませんでした。走っている車も少なく、それも見物人と思える県外ナンバーばかり。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲浪江町の県道34号の通行止め地点

12:40に浪江駅に到着。駅にある自動販売機が稼働中でした。次の電車まではかなり時間があるので、駅員氏に買い物ができるところがあるか尋ねると国道6号沿いの仮設商店街で可能とのこと。駅から出て、ホームセンター、コンビニ、ショッピングモール、商店街など市街地を一周して仮設商店街まで行きましたが、どれも地震で止まったままで、歩いている人もおらずまさにゴーストタウンとなっていました。

仮設商店街も日曜日ということで大半休業。幸い酒屋は開いていたので、少々のお酒を買うことができました。天気は晴れ、日向にいると寒くないので、駅前のベンチで持参した食べ物をつまみに一杯やりながら電車を待つことにしました。常磐線の復旧でこちら方面のツーリングも多くなりそうです。

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲12:40浪江駅に到着。地元の人はほとんどいません

【自転車】常磐線・浪江駅復旧再開記念ツーリング(角田→浪江)
▲休業したままのショッピングモール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】梯 久美子著/廃線紀行

Img

女性鉄道ファンの梯 久美子氏が日本各地に残る鉄道の廃線跡を巡った紀行です。明治時代から平成までの間に廃止され、象徴的な遺構が残っているもので、比較的誰でもアプロ―チしやすいものをセレクトしているので、廃線紀行というよりも鉄道遺産のガイドとしても参考になりそうです。新書ですがカラーの地図や写真も掲載されているので、読み進めていくと何か所かに行きたくなりました。

著者:梯 久美子
定価:1000円+税
新書: 205ページ
出版社: 中央公論新社 (2015/7/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4121023315
ISBN-13: 978-4121023315
発売日: 2015/7/24
商品パッケージの寸法:  17.9 x 12.2 x 1.8 cm

<目次>
はじめに―歩く鉄道旅のすすめ
北海道・東北
下夕張森林鉄道夕張岳線
国鉄根北線
国鉄手宮線
定山渓鉄道
岩手軽便鉄道
くりはら田園鉄道
山形交通高畠線
国鉄日中線
関東
鹿島鉄道
日鉄鉱業羽鶴専用鉄道
足尾線
JR信越本線旧線
日本煉瓦製造専用線
東武鉄道熊谷線
陸軍鉄道連隊軍用線
東京都港湾局専用線晴海線
横浜臨港線・山下臨港線
中部
JR篠ノ井線旧線
布引電気鉄道
JR中央本線 旧大日影トンネル
国鉄清水港線
名鉄谷汲線
名鉄美濃町線
名鉄三河線(猿投―西中金)
名鉄瀬戸線旧線
近畿
三重交通神都線
国鉄中舞鶴線
蹴上インクライン
江若鉄道
JR大阪臨港線
姫路市営モノレール
三木鉄道
関西鉄道大仏線
天理軽便鉄道
近鉄東信貴鋼索線
紀州鉄道(西御坊-日高川)
中国・四国
JR大社線
下津井電鉄
鞆軽便鉄道
国鉄宇品線
JR宇部線旧線
琴平参宮電鉄(多度津線・琴平線)
住友別子鉱山鉄道(上部鉄道)
九州
JR上山田線
九州鉄道大蔵線
国鉄佐賀線
大分交通耶馬渓線
高千穂鉄道
鹿児島交通南薩線
おわりに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】阿武隈の里ツーリング(アウトドアショップ・ゆうゆう館親睦会)

349
<実施日>H29.3.26(日)
<車種>DAHON DASH X20  他5台
<起点>東北本線・岩沼駅(売店あり)
<終点>福島交通・飯坂温泉駅(売店あり)
<距離>72.6km(岩沼駅7:50dp飯坂温泉駅12:50av)

最近は、周りを輪行に誘っても断られるばかりで、すっかり単独ツーリングが定番となっていましたが、H29.3.26(日)仙台でお世話になっているアウトドアショップからお声がかかり親睦輪行ツーリングに参加しました。

岩沼駅前に集合したあとは、阿武隈川の右岸(上流に向かって)走り、途中。槻木大橋から左岸へ、そして再び右岸を走り丸森へ。丸森からは、車がほとんど通ることがない左岸の町道を走りました。この道、途中に放し飼いの犬がいて、予想通りものすごい勢いで吠えかかってくるのはいつも定番、誰も噛まれることなく、そのあとはちょっとキツイ山道を超えて、阿武隈急行・あぶくま駅で休憩。その先は国道349号で梁川、そして再び阿武隈川の堤防を通り、再度は国道399号で飯坂温泉へと向かいゴールしました。

飯坂温泉ではみなさんと風呂に入り、駅前食堂などで食事をしました。日ごろは完全にソロ状態だけに久しぶりに賑やかなツーリングで楽しい一日となりました。

【自転車】阿武隈の里ツーリング(アウトドアショップ・ゆうゆう館親睦会)
▲7:50に岩沼駅西口を出発

【自転車】阿武隈の里ツーリング(アウトドアショップ・ゆうゆう館親睦会)
▲岩沼駅西側に広がる田んぼの中を抜けて阿武隈川へ

【自転車】阿武隈の里ツーリング(アウトドアショップ・ゆうゆう館親睦会)
▲丸森までは阿武隈川の堤防の上を走ります

自転車】阿武隈の里ツーリング(アウトドアショップ・ゆうゆう館親睦会)
▲天気も良く軽やかに進んでゆきます

【自転車】阿武隈の里ツーリング(アウトドアショップ・ゆうゆう館親睦会)
▲丸森かわ県境までは阿武隈川左岸(上流に向かって)を通りますが、途中、放し飼いの犬が襲ってきます

【自転車】阿武隈の里ツーリング(アウトドアショップ・ゆうゆう館親睦会)
▲阿武隈急行・あぶくま駅で休憩

【自転車】阿武隈の里ツーリング(アウトドアショップ・ゆうゆう館親睦会)
▲12:50に全員で飯坂温泉に到着!お疲れさまでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【鉄道】ついで参り(43)秋田で見かけたいキハ40系の5連

「ついで参り」は良くないというけれど、所用で出かけた移動の途中、『ついでに』ちょっと寄って撮った写真です。


H29.3.25由利高原鉄道アシストクラブの総会があり、会場となり前郷駅前の料理店まで行きました。総会が終わり、前郷から羽後本荘で乗り継ぎ秋田に到着すると、4番線にキハ40系の5連が停車中。ホームの表示を見ると1143D 秋田19:39発男鹿行普通列車で、この日たまたまだったのか、それともレギュラーで5連なのかは不明ですが、めずらしい5連ということで慌てて写真に収めました。

いずれ蓄電池車に置き換えることになるはずなので、たいへん貴重な5連を見ることができました。

男鹿線キハ40系5連(1143D/秋田駅)
▲秋田駅で出発を待つ1143D秋田発男鹿行普通列車はキハ40系の5連

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】鉄道建築ニュース2017年4月号(No809)

Img_001

鉄道建築協会の会報、鉄道建築ニュース2017年4月号がきました。

鉄道建築ニュース 2017年4月号
<目次>
◆特集
■インバウンド対応の駅・鉄道 特別委員会PARTⅠ
 Ⅰ「インバウンド対応の駅・鉄道」特別委員会を終えて
 Ⅱインバウンドの過去・現在・未来
 Ⅲ先進事例踏査報告
◆ステーション・開発
■東日本大震災に伴う災害復旧
 常磐線新地駅・坂元駅・山下駅
■男鹿線脇本駅改築
■北陸新幹線佐久平駅コンコース待合室
■空港第2ビル駅訪日旅行センター改良
■東武アーバンパークライン大宮公園駅家畜
■東海道本線新所原駅橋上化及び自由通路
◆インターアラン
■サンドラ・ウェッデル氏講演会
◆駅舎ニュース・ミニニュース
■鉄道建築魂
■私のオフタイム
■私の仕事場
◆協会催事・お知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No61 2017春号」

Photo

日本民営鉄道協会の広報誌である「みんてつ」のNo61.2017春号がなんとか手に入りました。

<目次>
四つの季節の鉄道ものがたり
淀川の向こうから
特集/まちに溶け込みまちを支える路面電車
「“市電”と呼ばれて90年―豊橋鉄道市内線の魅力」
INTERVIEW
路面電車とともに生きるまち豊橋
TOPINTERVIEW
豊橋のシンボル・路面電車を守り続ける
REPORT
市民・行政・鉄道事業者の三位一体となった交通まちづくり
CLOSE UP
豊橋の冬の風物詩
10年目を迎えた「おでんしゃ」の魅力
SPECIAL INTERVIEW
豊橋市民のこころにある
「市電のある風景」

基調報告47
まちを「黒字」に
―公共交通に思い切ったサポートを

みんてつだより
日本民営鉄道協会
「私とみんてつ」小学生新聞コンクール第10回表彰式を開催
西武鉄道・東武鉄道・東京メトロ・西日本鉄道
この春 各社の新型車両が次々運行を開始

連載29 地方民鉄紀行
銚子電気鉄道株式会社
連載39 大正・昭和の鳥瞰図絵師 吉田初三郎の世界
濱まつ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20

_三原山登山道(東京都道_207号)

<実施日>H29.3.20(祝・月)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>東海汽船・元町港(自動販売機あり)
<終点>東海汽船・元町港(自動販売機あり)
<距離>18km(元町港7:10dp三原山山頂口8:45av10:10dp元町港10:45av)

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲元町市街地あら三原山登山道へショートカット

伊豆大島関係はこちら
【自転車】三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/by-dahon-dash-x.html

【自転車】観光スポット各駅停車で伊豆大島一周
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-8d45.html

伊豆大島2日目は三原山へ

前日(H29.3.19)に伊豆大島を一周できましたので、翌日は伊豆大島の象徴ともいえる三原山に自転車と徒歩で登ることにしました。午前中にツーリングは終了して、午後の熱海行ジェットホイルで本土に戻りたいので、早起きをして元町港にある宿屋を朝7時に出発しました。

三原山へは、通称三原山登山道路(都道207号)で山頂口まで自転車で登り、そこから山頂展望台までは徒歩で往復。下山は御神火スカイランを通って元町まで戻ってくる18kmの周回ツーリングです。登りを三原山登山道、下り御神火スカイラインとしたのは、勾配のキツサを考えてその方から楽というからです。

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲三原山登山道も高度を稼ぐと眺望が開けてきます

朝早く元町港を出発すると、東京からの夜行便で岡田港に到着したサイクリストたちが温泉に行くのでしょうか、街中ですれ違いました。元町からは登山道路へ斜めにショートカットする脇道があるので、そちらへ走りましたが、距離が短い分出発早々に急坂に突入です。まもなく三原山登山道合流点という地点までくると、ひっきりなしに行きかう大型車の音がします。最初は道を間違えて大島一周道路にきてしまったのか思ったのですが、間違いなく三原山登山道に合流でした。音はダンプカーで登り、下りともに次々とやってきます。こんな島の山の中でと思いながら走っていると、「椿の森公園」の手前に廃棄物処理施設があり、東京から船で廃棄物を運び、さらにダンプでここに搬送しているようでした。よく見ると東日本大震災のガレキ輸送で使ったコンテナもあったので、ここで処理されたのかもしれません。

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲廃棄物処理場を過ぎると車はほとんど来ませんでした

廃棄物処理場のダンプの多さに少々びっくり

施設を過ぎると一般車も含めて車はほとんど通らなくなり、静けさが戻ってきました。勾配はもちろんありますが、激坂というレベルではないので、途中何度か休みながらゆっくりでも確実に登ってゆくことができました。大島公園方面からの「あじさいレインボーライン」と合流し、坂道は三原山温泉入り口までとなるのでラストスパートです。温泉入り口から先にも少し坂はありますが、だんだん緩やかになってカルデラの外側へと道が続きます。カルデラの端にある新火口展望台からは三原山が雄大に見えましたので、ここで記念写真です。そんなことをしていると激坂の御神火スカイライン側を上がってきたサイクリスト集団とすれ違いました。

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲登山口近くにくると勾配が緩やかなになり牧場がありました

登り切ると以外にフラットな三原山頂口付近

新火口展望台から山頂口まで少し下り坂で山頂口駐車場かに到着しました。まだ9時前ということで観光客はおらず閑散としていました。この駐車場も眺望がとてもよく眼下に元町の市街地がよく見えて、島の沖合を行き交う船も見えます。入り口に自転車を止めて、ここから先は徒歩で山頂展望台を目指しました。徒歩といっても山頂付近までは舗装されていて、かつカルデラ内はしばらく平坦で最後にちょっと坂があるぐらいなので、登山といってもちょっとした散歩といってもよいかもしれません。歩くこと約1時間で山頂展望台に到着しました。そこからはカルデラ内が一望でき、その外側に太平洋が見えるという雄大な景色です。展望台付近に誰もおらず3連休といってもこんな感じなのかと思いながら食事としました。食べ終わって坂道を下っていくと、意外にもこれから登る人たちとどんどんすれ違います。自分と同じく自転車で来た人たちもたくさんいて、山頂口駐車場まで戻ってくると、朝の静けさは消えていて車やバスが止まっていて、自転車もたくさん止めてあって、三原山の記念写真ポイントはたいへんな賑わいとなっていました。どうやら山頂に人がいなかったのは、単に自分が早く来すぎただけのようでした。

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲新火口展望台からの三原山

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲新火口展望台から山頂口へはほぼフラット

山頂口から急坂を下って30分で元町港に到着

山頂口からは「御神火スカイライン」で一気に元町まで下ります。この道、標高約550mから海抜0まで7kmで下ってしまう道で、つづら折りが続きでしかも激坂です。太平洋と元町市街地が見えるパノラマとなっていて景色はたいへんすばらしのですが、油断するとスピードが上がってしまうので、前後ブレーキでコントロールです。自分は、ここの激坂にびびり、三原山登山道を登りにしましたが、この道にチャレンジしているたくさんサイクリストすれ違いまして、その脚力に感心。そうこうしていると、あっというまに元町市街地で、時間にして山頂口から30分弱で降りてきました。昨日と同じく元町港にまでいって伊豆大島ツーリング2日目を終了としました。

2日目は距離18kmとたいしたありませんでしたが、三原山の雄大な景色が楽しめる素晴らしい山岳コースで、チャレンジしてよかったとほんと思いました。予定ではもっとかかるかなと思ったのですが、早く降りてくることができました、宿屋にいって荷物を受け取り、予定よりも1本早いジェットホイルで熱海に向かい、熱海でひと風呂あびて東海道線で帰路につきました。

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲時間が早く、誰もいない三原山山頂口

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲山頂の展望台近くの三原神社にお参り

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲御神火ラインで元町へ

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲つづら折りの道で下ってゆきます

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲これから下っていく道が見えています

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲崩落しやすい土地のようで、工事も行われていました

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲元町港にある宿屋に到着

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲ジェットホイルは東京便満席のため熱海経由で帰路へ

三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
▲熱海の福島屋でひと風呂あびてから東海道線・熱海駅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】観光スポット各駅停車で伊豆大島一周

_20801
<実施日>H29.3.19(日)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>東海汽船・元町港(自動販売機あり)
<終点>東海汽船・元町港(自動販売機あり)
<距離>45.5km(元町港8:00dp波浮港11:00av元町港13:00av)

伊豆大島関係はこちら
【自転車】三原山周回ツーリングby Dahon DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/by-dahon-dash-x.html

【自転車】観光スポット各駅停車で伊豆大島一周
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-8d45.html

都の復興支援で割安の伊豆大島へ

前々から気になっていた伊豆大島に3月の三連休(H29.3.18-20)に自転車で一周するために行ってみました。3月に入ると気温も上がり走りやすくなるのはもちろんですが、3月末までならば都から災害復興支援があり、船代は割引、宿泊代も割引になるという特典がありますので、これを逃すのはもったいない話。週間天気予報で晴れることが確認してからでしたが、連休H29.3.18(土)の夜行便(船)の予約が取れました。帰りは東京へ向かう便が軒並み満席となってしましたが、熱海便は空いているようですので、帰路の予約を持たずに島に向かいました。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲東京・竹芝港を22:30に出向する「さるびあ丸」

連休中日に到着する夜行便なので、空いているのかと思って竹芝旅船ターミナルに行くとものすごい数の輪行者がいて、大会でもあるのかと思うほどです。乗船するのは、「さるびあ丸」でけっこう大きな船で、ジェットホイルと違い輪行袋に入れると無料となります。乗客は多く、船内に入ると輪行袋所有者は誘導され、外デッキに置くように指示されましたが、ぱっと見100台ぐらいあるのではないかと台数でした。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲さるびあ丸のデッキに置かれた自転車。

さるびあ丸は定刻2230に定刻竹芝桟橋を出港し、東京湾の夜景を見ながら横浜を経由しますが、ベッドに入るとすぐに寝てしまい、5:30に大島到着と起床のアナウンスで目を覚ましました。船はほぼ定刻の550に伊豆大島北部にある岡田港に到着しました。船はこの先、神津島まで行きますが、伊豆大島で大部分の乗客はここで下船のようで、桟橋ではたくさんのサイクリストが自転車を組み立てていました。ほとんどの人がこの港から自転車をこぎ出すようです。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲宿に荷物を置いてまずは早朝営業の御神火温泉へ

まずは朝風呂でさっぱりしてから島一周へ

自分は、というとは泊まりの荷物を持ってツーリングするのはしんどいので、岡田港からバス輪行で投宿地の元町港まで行きます。宿屋に荷物を預かってもらい軽量化して、さらに元町港に近い御神火温泉で温泉につかりました。温泉で汗を洗い流して、休憩スペースで1時間ほどゴロゴロして体力を充電しました。まわりを見ると船で一緒だった人が何人かいたので港からここまで走ってきてまずは風呂ということなのでしょう。気持ちも体もさっぱりしたところで、8:00に元町港を出発しました。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲元町港にある観光協会で宿泊割引券をGETして、出発

今回も島一周は海側の車線を走る定番の時計周りです。地図上では、元町からは通称;大島一周道路の都道208号もありますが、元町―岡田間は、さらに外周できる『サンセットライン』がありますので、そちらを走ります。天気は快晴、風は木寄りで向かい風となりますが、波打ち際を走る平坦ルートなので、ほとんど気になりません。伊豆大島の観光パンフレトにはレンタサイクルのオススメルートとなっているだけに海を挟み伊豆半島を見ながら岸ベタに北に進んで行きます。日没の時間ならば名前の通り「サンセット」が楽しめることでしょう。サンセットラインは、島の北端の「野田浜」行き止まりとなりますが、敬意を表して野田浜までいってみましたが、観光客はおらずスキューバーの方々がこれから潜る準備をしていました。浜から200mほど戻り、坂となっている脇道に入って大島空港の滑走路の下を抜けて、大島牛乳などを直売している「ぷらっとハウス」に寄ってみました。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲波打ち際を走るサンセットラインは平坦で走りやすい

小さいお店ですが、お客さんで賑わっていて、中に入るのもたいへんそうなので外からチラッと見ただけに留めて出発することにしました。この先もダイレクトに大島一周道路ではなく民家や学校などもある生活道路を使って岡田地区へと走りますが、車はおろかツーリングの自転車も走っておらず裏道はまさに静かな島の佇まいという感じでしょうか。岡田地区で大島1周道路合流しましたが、車は多くなりませんが自分の前も後ろにも自転車がいて、ものすごく多いなという感じです。一周道路と今朝降りた岡田港を結ぶ交差点にきて、港までいってみようかと一瞬思ったのですが、港へは急坂の下っていくのでパスして一周道路を進むことにしました。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲大島一周道路から岡田港が見える

島一周は時計周りがベスト?

岡田の先に一部トンネルで海岸線をパスしているところがありましたので、せっかくなので旧道も通りましたが、多くの旧道は閉鎖のようで結局トンネルを通ることになりました。走っていると前後には常に自転車がいますが、すれ違い数は少なめなので、圧倒的に時計周りが多く、抜いたり、抜かれたりしますが休憩所などで一緒になりほぼ同時進行。ちなみに車種は圧倒的にロードバイクで、その次がクロスバイク系、しかし自分と同じミニベロも以外に走っていて、自分以外のDASH X20が走っているのを初めてみました。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲旬が過ぎてしまった椿のトンネル

秋の浜地区の先まで行くと島の名所の一つとなっている「椿トンネル」があります。道の両側にある椿が生茂ってトンネル状になっていているのですが、少し椿が咲いているだけで旬を過ぎていたようです。一応、ここで記念写真。ここ区間は、椿の保存のためにバイパスが工事中でした。椿トンネルからしばらく走ると再び島の観光ポイント『大島公園椿園』があります。公園の中には椿資料館や売店があり、観光バスやサイクリストなで賑わっていて自分も資料館を見学して、椿といってもかなりの種類があることを知りました。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲大島公園内にある椿博物館で休憩

大島公園から先はいよいよ三原山山麓の上る勾配区間の開始で、いままでとは違う勾配でとなります。脚力の差が出る勾配ですので、グループツーリングの方々もけっこうばらけれて走っていますが、そんな中でアッというまに抜いてゆく健脚サイクリストもおりました。自分は何回か休憩をいえて高度差で300mほど登りきりました。道は山のすそ野を走っているため登り切ると多少アップダウンしますが、その高度をほぼ数キロほど走ることになります。途中、三原山の大砂漠ルート登山口という看板があり、山頂へと続く石ころだけの谷が見えまた。もう少し行くと山頂に近いところまで行ける「月と砂漠ライン」という名前がついた道との分岐がありましたが、あまり行く人はいない感じでした。この道の分岐点の先からは波浮地区への下り坂となります。大島一周の難所はこの裾野登りとなりますが、大島公園を過ぎると筆島海岸・波浮地区まで人家はまったくなく、自動販売機もないので飲料水は公園で調達したいところです。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲三原山裾野を登ります

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲登り切ると遠くに太平洋を望む山岳風景

三原山のすそ野から一気に海岸線へ下る絶景区間

標高360mの三原山すそ野からは急こう配と連続カーブで一気に筆海岸まで下ってゆきます。勾配がきついたねブレーキを握る手が疲れるほどで、しかもたくさんの自転車が下ってくるので、周囲への警戒を怠ることはできません。それでもカーブの先で途中これから向かう波浮集落と太平洋が眼下に広がるところなどもあり、ダイナミックな下り坂でした。坂を下り切ると景勝地「筆島海岸」が見えてきて、先ほどの展望と合わせて大島一周コースのハイライト区間かもしれません。反時計周りだと登るにはたいへんな坂となるはずで、やはり時計回りがよさそう・・・。筆海岸で記念写真を撮り、さらに波浮港の手前にある観光客の立ち寄りスポットの「波浮港展望台」に寄ってから波浮港に寄り、昔ながらの街並みを見てから昼ご飯としました。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲下りながら波浮の集落が見えてきました

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲たくさんの自転車が下ってくるので油断できません

波浮港から元町港へも引き続き都道208号大島一周道路を通りますが、島の東に比べて西側は地形が穏やかで人家や商店もあり、車もときどきやってきます。波浮―元町間の勾配のピークは観光地・千波地層切断面付近ですが標高差は100mもないのであとは楽勝です。地層切断面付近来ると見事に地層が波打っているのがきれいに見えていて、そして海側では伊豆大島の南にある島々が見ていて、まさに絶景ポイント。ここでも観光客やサイクリストたちが記念写真を撮っていました。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲坂を下りきると筆島海岸

切断面を過ぎると元町までは約5km、右手には三原山がきれいに見えています。ラストスパートしてもまだ日は高く時間があるので元町市街地の入り口にある「火山博物館」に寄ることにしました。伊豆大島の成り立ちや過去の大島での火山災害などを紹介のほか、世界の火山も紹介していて、なかなか興味深く面白いい博物館でしたが、サイクリストには不評なのか館内にいたのは私一人だけでした。博物館を出ればすぐに市街地で、13:00予定よりもかなり早く、朝出発した元町港に到着。伊豆大島一周完走です。

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲波浮港の古い町並みを散歩

この日は船の出航が元町港となっていたために、港周辺は賑わっていてお土産屋などを見てまわり、お酒などを買って宿で海を見ながら一杯やることにしました。天気も良かったので、部屋から海に沈む夕日が見えてなかなか良い一日でした。

明日は三原山に自転車と徒歩で登ります。
<続く>

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲11:00なので昼食にしました

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲千波地層切断面はもはやアート的

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲三原山を見ながらラスト区間へ

自転車で伊豆大島一周(DAHON DASH x20)
▲13:00に岡田港へ。ちょうど東京へ向かうさるびあ丸がいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【世界の乗り物】宮城の山奥で動態保存中の昭和46年製の雪上車(SM30型)

H29.3.5に宮城県栗原市の栗駒山にある温泉宿「ハイルザーム栗駒」にいったところ、昭和46年製のレトロ雪上車が動き回っていました。ハイルザーム栗駒では、毎年積雪時期に『スノーパーク』という雪遊びコーナーを設けていて、土日は希望すれば敷地内を体験乗車することができます。

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲大原鉄工所・昭和46年製の中型雪上車(SM30型)

説明看板によると、この雪上車は新潟県長岡市の「大原鉄工所」が昭和46年に製造した中型雪上車で形式はSM30型。この形式は、南極観測船「宗谷」に積み込まれて、南極で輸送に活躍したそうで、国内で現存してしかも稼働できるものは、ここにある1両だけとのことです。もともとは、ハイルザーム栗駒の近くにあった「いこいの村」で所有していたものを同施設の閉館に伴って譲りうけたそうで、業務用というより冬季間の体験乗車イベントに使用することで実質の動態保存となっています。

ひと昔前の車のようにレトロなデザインの雪上車は、たいへん珍しくしかも乗車もできるので、雪上車を目的だけでも行ってみる価値はあると思います。冬期間はハイルザーム栗駒へ。

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲雪上車正面のヘッドライトもレトロな感じ

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲乗り込みは後部扉から

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲ロングシートとなっている室内

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲駆動はタイヤ

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲サイドには今はなき「いこいの村」のロゴが残っています

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲敷地内を体験試乗中の雪上車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2017/4 No.256

Img_006

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2017年4月号が届きました。
<目次>
REGULARS
Headlight
Headline News
Luxembourg- France line blocked, SNCF buys into BLS Cargo, Athina goes live.
Light Rail News
Grand Paris Express contracts, first tram in Luxembourg, Flexity tram for Zurich.
Mail train
News Round Up
Brussels ready for e320s, more new trains for Paris, OBB to buy more 2016s.
Heritage News
French station and stock preserved, Finnish loco to run again, SBB to store loco?
Railtours Diary
FEATURES
Class MR/MRD DMUs:
Soldiering on in Denmark
Rory Wilson details the history of these DMUs which are soon to be withdraw.
Colas Rail launches RAMFER
David Haydock visit Colas Rail’s depot at Grenay in France to see how the company is systemizing locomotive maintenance.
The Slovak “Blue Arrow”
Andrew Thompson describes the history of the scenic Nice – Cuneo line and explains why the line is now grave danger.

表紙:スイス Kumm付近を走るBLS CARGOの電気機関車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2017年4月号

Img_005

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2017年4月号No952が手に入りました。

<目次>
NEWS
New LRT lines in Denver and Rio de Janeiro; Manchester opens its Second City Crossing; Washington Metro’s funding crisis; Charleroi’s modernization plan explained.
THE MOBILE REVOLUTION
Russel McCullagh on How HCE will transform ticketing for operators and passengers alike.
2017 ROLLING STOCK REVIEW
Michael Taplin reviews the (bulging)order books of the world’s tram manufactures.
LEADING THE TRANSIT ION
UITP Secretary General Alain Flausch looks forward to the 2017 Montreal Summit.
CHEMNITZ MODEL MOVES ON
Tony Streeter returns to the German city to assess its tram train progress.
PHOENIZ: AMBITIPUS LRT GROWTH
The Arizonan capital builds on LRT success with major expansion projects, inclulding a new urban streetcar. Vic Simons report.
SYSTEM FACT FILE: NANTES
Neil Pulling explores the future plans for the pioneer of the French tramway revival.
WORLD WIDE REVIEW
Approval given for Liege’s revised PPP tram scheme ; Waterloo welcomes Bombardier deliveries; Budapest’s M2 expansion study; Warsaw launches tender for a new fleet.
MAIL BOX
Tram automation; TR editor remembered
CLASSIC TRAMS : WASHINGTON
The first part of Mike Russell’s tour of Washington State’s heritage lines.

表紙:アメリカ・アリゾナ州フェニックスのLRT



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ