« 【書籍】Today’s railways Europe 2017/4 No.256 | トップページ | 【自転車】観光スポット各駅停車で伊豆大島一周 »

【世界の乗り物】宮城の山奥で動態保存中の昭和46年製の雪上車(SM30型)

H29.3.5に宮城県栗原市の栗駒山にある温泉宿「ハイルザーム栗駒」にいったところ、昭和46年製のレトロ雪上車が動き回っていました。ハイルザーム栗駒では、毎年積雪時期に『スノーパーク』という雪遊びコーナーを設けていて、土日は希望すれば敷地内を体験乗車することができます。

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲大原鉄工所・昭和46年製の中型雪上車(SM30型)

説明看板によると、この雪上車は新潟県長岡市の「大原鉄工所」が昭和46年に製造した中型雪上車で形式はSM30型。この形式は、南極観測船「宗谷」に積み込まれて、南極で輸送に活躍したそうで、国内で現存してしかも稼働できるものは、ここにある1両だけとのことです。もともとは、ハイルザーム栗駒の近くにあった「いこいの村」で所有していたものを同施設の閉館に伴って譲りうけたそうで、業務用というより冬季間の体験乗車イベントに使用することで実質の動態保存となっています。

ひと昔前の車のようにレトロなデザインの雪上車は、たいへん珍しくしかも乗車もできるので、雪上車を目的だけでも行ってみる価値はあると思います。冬期間はハイルザーム栗駒へ。

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲雪上車正面のヘッドライトもレトロな感じ

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲乗り込みは後部扉から

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲ロングシートとなっている室内

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲駆動はタイヤ

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲サイドには今はなき「いこいの村」のロゴが残っています

中型雪上車(SM30型)・ハイルザーム栗駒
▲敷地内を体験試乗中の雪上車

|

« 【書籍】Today’s railways Europe 2017/4 No.256 | トップページ | 【自転車】観光スポット各駅停車で伊豆大島一周 »

世界の乗り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/65123399

この記事へのトラックバック一覧です: 【世界の乗り物】宮城の山奥で動態保存中の昭和46年製の雪上車(SM30型):

« 【書籍】Today’s railways Europe 2017/4 No.256 | トップページ | 【自転車】観光スポット各駅停車で伊豆大島一周 »