« 【書籍】鉄道建築ニュース2017年2月号(No807) | トップページ | 【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No60 2017冬号」 »

【鉄道】ついで参り(42)山田線・茂市駅に寄ってみる

「ついで参り」は良くないというけれど、所用で出かけた移動の途中、『ついでに』ちょっと寄って撮った写真です。


H29.2.26宮古市に用事がって、その途中山田線の茂市駅に寄ってみました。

山田線の上米内―川内は相変わらず不通状態で、宮古―盛岡の直通列車がないので、もともと閑散としていたところがさらに静まりかえっているような感じです。
この駅は、岩泉線が走っているときに訪れたことがあるのですが、駅舎は国鉄時代からの木造駅舎で、駅入り口に代替えバス向けに作られた屋根以外は変わりなく、線路配置も岩泉線の部分が駅のはずれで切られている以外はそのままで、ローカル線同士の分岐の構造を伝えてくれます。無人化されずに駅員も配置されていて、駅を取り巻く環境は大きく変化しているものの駅自体に変化がないことが魅力的なところかもしれません。待合室には、岩泉線の記録も展示されていているので、これも見どころの一つかもしれません。

駅前から代替バスが出ていますが、時刻表を見ると鉄道のあったころとダイヤはほとんどおなじ。山田線+バスでは岩泉が行き難いところであることにも変わりはないようでした。

山田線・茂市駅
▲代替えバス用に屋根を新設したら駅名が見えなくなりました

山田線・茂市駅
▲岩泉線が現役のころと変わらない駅構内

山田線・茂市駅
▲待合室には岩泉線の展示コーナーがあります

山田線・茂市駅
▲岩泉駅前の代替えバス停。3往復+区間1本だけ。

|

« 【書籍】鉄道建築ニュース2017年2月号(No807) | トップページ | 【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No60 2017冬号」 »

ついで参りシリーズ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/64949123

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】ついで参り(42)山田線・茂市駅に寄ってみる:

« 【書籍】鉄道建築ニュース2017年2月号(No807) | トップページ | 【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No60 2017冬号」 »