« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

【書籍】鉄道建築ニュース2017年1月号(No806)

Aran1701

鉄道建築協会の会報、鉄道建築ニュース2017年1月号がきました。
<目次>
◆特集
―平成28年度第61回協会賞作品部門―
■入賞作品紹介
■応募作品一覧
■鉄道建築協会賞「作品部門」審査概要
◆ステーション・開発
■東海道本線草薙駅橋上化及び自由通路
■新幹線駅におけるベビー休憩室計画とデザイン
◆すまい
■JRJP博多ビル
◆技術・ノンセクション
■2017年酉年「としおとこ・としおんな」
◆駅舎ニュース・ミニニュース
■鉄道建築魂
■私の仕事場
◆協会催事・お知らせ
■平成28年版 鉄道建築ニュース 総目次
■平成28年版会員名簿正誤表
■協会だより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】運輸と経済2016/12

1712

運輸調査局の運輸と経済の2016年12月号が1月に入り届きました。

運輸と経済2016/12
<目次>
特集:世界史と世界地理のスケールで考える現代の交流戦略
 ~でっかい地図と長い時間軸の上で語ろう!~
●カバーストーリー 
 パナマ運河拡張成る!(協力:日本郵船株式会社)
●特集の趣旨
 世界史と世界地理のスケールで語る現代の交通戦略/家田 仁
●鼎談
 世界史的・世界地理的な視点から
 「大きなスケール」で語る国土と交通
 /中村英夫/宮崎正勝/家田 仁
●特別インタビュー
 中東・エネルギー・地政学/寺島実郎/大串葉子
●パネルディスカッション
 アジア・ユーラシアの地政学と交通の今と未来
 柴崎隆一/山田吉彦/水谷 誠/根本敏則
●インダビュー
 揺れ動くEU―統合の基本理念と実際・展望・課題/吉井昌彦
●論稿
Ⅰ.大きな空間の交通条件変化を俯瞰する
 世界海運のチョークポイントとこれまでとこれから
 -二大運河を中心に/柴崎隆一
 北極海航路(North Sea Route)の過去、現在、未来/大塚夏彦
アメリア貨物鉄道における地政学的視座/越川正治
Ⅱ.世界のクリティカルエリアにおける交通戦略
 国境を越える中国の交通インフラ政策に潜む国際戦略性/町田一兵
 ユーラシア物流の台頭と新たな日本海物流の胎動/荒井洋史
 中東地域におけるシーレーンの安全保障問題
  紛争下する交通量と今後の課題/村上拓哉
Ⅲ.大きな空間における経済戦略と交通戦略
 地球的視野からFTAゲームを鳥瞰する/浜中慎太郎
 空間革命と航空企業の戦略/泉 正史
 シンガポールとドバイの港湾政策/舘野美久
●本号関連の書籍紹介
海外トピックス
 イギリスの旅客鉄道におけるフランチャイスの変遷/小役丸幸子
●次号予告(2017年1月号)
特集:交通の博物館


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2017/1 No.253

Today1701

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2017年1月号が届きました。

<目次>
REGULARS
Headline News
Including: End of Swiss paper timetables, reopening’s and closer in France, Talgo wins Spanish high speed train contract, no more regular DB class 103 passenger workings.
Light Rail News
Including: Budapest commemorates 1956 uprising, Zagreb TMK 201 trams in decline.
Mail train
News Round Up
Heritage News
Railtours News
Reviews
FEATURES
The Beograd – Bar railway
A guide to the delightfully scenic route between Serbia and Montenegro, by Toma Bacic.
Rail Fever in Samedan
A two page photo feature from the club 1889 preservation group’s 20th anniversary celebrations on the Rhatische Bhan, by Carlo Hertogs.
Rail Holidays 2017
Our annual guide to rail based holidays on offer in 2017, for enthusiasts and non-enthusiasts alike.
Where to go, what to see in 2017
We take a look at main events and attraction anticipated on the railways of Europe during 2017
Narrow gauge steam in Serbia and Bosnia: an update
Roland Beier describes the present day narrow gauge steam scene.
<表紙 モンテネグロのポドゴリツアの北部を走るルーマニア製機関車が牽引するバール発ベオグラート行快速列車>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】徳川弘樹著/軌道回廊

Photo

鉄道トンネルを中心に橋梁、スノーシェルターなどの閉鎖空間を撮影した写真集で、光と構造物が織りなす独特の雰囲気に、このような鉄道施設対する表現アプローチがあることを教えてくれます。写真集には詳しく記載がありませんが、撮影時の状況やエピソードも気になります。

著者:徳川弘樹
定額:2800円+税
単行本(ソフトカバー): 104ページ
出版社: 実業之日本社 (2016/5/21)
言語: 日本語
ISBN-10: 4408111937
ISBN-13: 978-4408111933
発売日: 2016/5/21

<紹介されている場所(駅)>
神泉
高輪台
菊川
上飯田
錦糸町
新橋
大阪上本町
青井
湯檜曽
天王洲アイル
高島町
船橋日大前
大開
桜新町
大阪難波
大島
武蔵小山
人形町
陸前原ノ町
荏原中延
長町南
Bergen Street
36 Street
3Avenue-138Street
西早稲田
代官山
新富町
月島
今福鶴見
新高島
仙台
勝沼ぶどう郷
土合
淀川橋梁
三河安城
さっぽろ
14Street
高輪架道橋
Parsons Boulevard
West4 Street
Fulton Center
馬車道
国会議事堂前
善光寺下
筒石

181 Street
押上
本所吾妻橋
Grand Army Plaza
59 Street
新冨町駅
末広町
大倉山
千川
榴ケ岡
御徒町
中津
中田
五反田
なにわ橋
Whitehall Street South Ferry
155 Street
竜飛海底
九段下
国領
馬喰町
藤崎
九段下
近鉄日本橋
渋谷
小竹向原
中野坂上
日本大通り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】京都鉄道博物館ガイド

Kyouto_2

この本は3部構成されていて、第1部ではメインコンテンツとなる京都鉄道博物館の展示車両及び展示物のひとつひとつ丁寧に説明していいます。第2部は日本の鉄道の歴史を京都鉄道博物館に展示車両・物と連携させながら解説しています。第3部は、著書オススメの鉄道博物館施設が紹介されています。行く前に読んでよし、行って現物を前に読んでヨシの本です。

著書:来往憲治
定価:1200円
単行本: 168ページ
出版社: 創元社 (2016/4/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4422240730
ISBN-13: 978-4422240732
発売日: 2016/4/26
商品パッケージの寸法:  21.2 x 14.9 x 1.1 cm

保存車両が語る日本の鉄道史

京都鉄道博物館ガイド

<目次>
第1部 京都鉄道博物館まるごとガイド
第1章 鉄道の夜明け
 日本の鉄道創成期
 ■7100形テンダ式蒸気機関車7105号機(幌延鉄道1号「義経」)
 各地に延びるレール
 ■1800形タンク式蒸気機関車1801号機(工部省鉄道局56号)
 ■1070形タンク式蒸気機関車1080号機(旧6200形6289号機)
 ■230形タンク式蒸気機関車233号機(鉄道作業局895号)
第2章 国産技術の確立
 国産主力蒸気機関車の登場
 ■9600形テンダ式蒸気機関車9633号機
 ■8620形テンダ式蒸気機関車860号機
 標準タイプの確立
 ■ワム3500形有蓋貨車ワム7055
 ■D50形テンダ式蒸気機関車140号機(旧9900形19939号機)
 ■C51形テンダ式蒸気機関車239号機(旧8900形38938号機)
第2章 蒸気機関車黄金時代
 国際技術の定着
 ■EF52形機直流電気機関車
 ■C53形テンダ式蒸気機関車45号機
 ■スシ28形食堂車 スシ28 301(旧スロシ38000形)
 ■C11形タンク式蒸気機関車64号機
 ■D51形テンダ式蒸気機関車1号機/200号機
 ■C55形テンダ式蒸気機関車1号機
 ■C57形テンダ式蒸気機関車1号機
 ■マロネフ59形1・2等寝台緩急車1号舎マロネフ59 1
 ■C58形テンダ式蒸気機関車1号機
 ■C56形テンダ式蒸気機関車160号機
 戦時下の鉄道
 ■B20形タンク式蒸気機関車10号機
 ■D52形テンダ式蒸気機関車468号機
第4章 復興期の鉄道
 貨物輸送から旅客輸送へ
 ■C59形テンダ式蒸気機関車164号機
 ■C61形テンダ式蒸気機関車2号機
 ■C62形テンダ式蒸気機関車1号機/2号機/3号機
第5章 電車時代の到来
 長距離電車の開発
 ■80系直流電車クハ86形普通制御車クハ86001、モハ80形普通中間電動車モハ80001
 新性能電車の誕生
 ■103系通勤型直流電車キハ103形普通制御車クハ103-1
 ディーゼル特急出現
 ■80系特急形気動車キハ81形普通ディーゼル動車キハ81 3
 電車特急王国
 ■489系特急形交直流電車クハ489形普通制御車クハ489-1
 ■583系特急形交直流電車クハネ581形普通寝台制御車クハネ581-35
第6章 機関車の魅力
 新型電気機関車の登場
 ■EF58形直流電気機関車150号機
 ■EF65形直流電気機関車1号機
 ■EF81形交直流電気機関車103号機
 ■EF66形直流電気機関車35号機
 ■DD54形液体式ディーゼル機関車33号機
 ■DD51形液体式ディーゼル機関車756号機
 ■ヨ5000形車掌車ヨ5008
 豪華列車は客車から
 ■オハ46型普通客車オハ46 13
 ■オハフ50型普通客車オハフ50 68
 ■20系特急形客車ナシ20形食堂車ナシ20 24
 ■24系特急形客車スシ24型食堂車スシ24 1
 ■24系特急形客車オロネ24形A寝台車オロネ24 4
 ■24系特急形客車スロネフ25形A寝台個室寝台車スロネフ25 501
 ■24系特急形客車オハ25形サロンカー オハ25 551
 ■24系特急形客車カニ24形電源車カニ24 12
第7章 時代を拓いた新幹線
 新幹線時代の夜明け
 ■0系新幹線電車21形普通制御電動車21-1/22形普通制御電動車22-1
 ■0系新幹線電車16型中間グリーン電動車16-1
 ■0系新幹線電車35型中間普通ビュフェ合造電動車35-1
 ■100系新幹線電車122形普通制御電動車122-5003
 新幹線の高速化
 ■500系新幹線電車521形普通制御電動車521-1
第8章 保存車両だけじゃない! 京都鉄道博物館のみどころ
 現役の扇形車庫・転車台
 SLの検修の現場
 国内屈指の巨大ジオラマ
 運転シュミレーション体験
 鉄道のあゆみを学ぶ
 車両のしくみを実感する
 鉄道の施設をお勉強
 楽しむ鉄道、役に立つ鉄道
 駅のサービスを体験
 列車のサービスを学ぶ
 JR東海も私鉄も楽しもう
第2部 保存車両でたどる日本の鉄道史
第1章 鉄道の夜明け
 日本の鉄道創成期
 鉄道は港から/義経号登場
 各地に延びるレール
 山を越える鉄道
 長距離輸送も鉄道へ
 機関車の高性能化
第2章 国産技術の確立
 国産主力蒸気機関車の登場
  貨物機9600形登場
  旅客機8620形登場
 標準タイプの確立
  国産パシフィック登場
  国産「ミカド」登場
  電車用電気機器の国産化
第3章 蒸気機関車黄金時代
 国産技術の定借
  3シリンダ機登場
  流線型時代
  デゴイチ登場
  汎用制式機登場
 動力近代化の芽生え
  幹線用電気機関車の国産化
  拡大する電車区間
  ガソリンカー登場
戦時下の鉄道
  戦時形車両
第4章 復興期の鉄道
 貨物輸送から旅客輸送へ
  旅客用機の再増備
  生まれ変わる貨物用蒸気機関車
  鋼対化客車の登場
第5章 電車時代の到来
 長距離電車の開発
  湘南電車登場
  電化区間の延伸
 新性能電車の誕生
  101系から始まった
 ディーゼル特急出現
  ディーゼルカーの発達
  80系特急形気動車登場
 電車特急王国
  長距離輸送も電車で
  交直流電車登場
  181系特急直流電車登場
  481系特急形直流電車登場
  581系特急形交直流寝台電車の登場
  峠を越える特急
第6章 機関車の魅力
 新型電気機関車の登場
  旧型電気機関車最終世代
  万能電気機関車登場
  本線用ディーゼル機関車の開発
 時代はコンテナへ
  コンテナ特急誕生
 豪華列車は客車から
  固定編成客車登場
  新系列客車登場
  豪華列車の時代
第7章 時代を拓いた新幹線
 新幹線時代の夜明け
  東海道新幹線開業
  西に延びる新幹線
  新幹線は北へ
 新幹線の高速化
  300km/h時代の幕明け
 新幹線と在来線
  新幹線乗継はもう古い
  在来線の高速化
第3部 見ておきたいJR・関西の鉄道ミュージアム・保存車両
 小樽総合博物館
 三笠鉄道村
 鉄道博物館
 青梅鉄道公園
 リニア・鉄道館
 津山まなびの鉄道館
 四国鉄道文化館
 九州鉄道記念館
 長浜鉄道スクエア
 吹田総合車両所
 下関総合車両所
 鉄道総研・米原
 近江鉄道ミュージアム
 梅小路市電ひろば
 加悦SL広場
 阪急正雀工場
 京阪寝屋川車両工場
 近鉄五位堂検修車庫
第4部 資料編
 前身となる2つの博物館―交通科学博物館と梅小路機関車館
  交通科学館のあゆみ
  梅小路蒸気機関車館のあゆみ
 鉄道用語の基礎知識

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】田赤輝美著 ローカル鉄道という希望

Photo

きびしい経営環境にさらされているローカル鉄道ですが、そんな逆境にも負けずにがんばって、さらには乗車人数を増やしている鉄道会社15社の成功事例を紹介しています。全体的に「ローカル鉄道を守っていこう!」と力強い訴えはありませんが、1社ずつ丁寧に事例紹介されているので、掲載対象15社に乗りに行くときなどは、事前に必要情報を仕入れることができる本です。

著者:田中輝美
定価:1500円
単行本: 208ページ
出版社: 河出書房新社 (2016/8/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4309226760
ISBN-13: 978-4309226767
発売日: 2016/8/26


ローカル鉄道という希望
新しい地域再生、はじめる
<目次>
はじめに
第1章
どん底からの希望―変わるローカル鉄道
 銚子電鉄の現場から
 修理費480万円を集めた地元高校生
 「ぬれ煎餅」から時代が変わった
 ローカル鉄道とは
 苦境になりやすい「宿命」
 ローカル鉄道復活のうねり
第2章 呼び込む鉄道―人・モノ・カネを動かす
 トイレと駅が地域自慢の”名所”-北条鉄道
  頭を下げ続けた無報酬の「再生請負人」
  寄付が寄付を呼ぶ好循環
  パン屋にお坊さん
  駅がにぎわいの拠点に
 「日本一」のレストラン列車―肥薩おれんじ鉄道
  「他がやっていないことをやろう」
   社員が総出で藪地を開墾
   人が、地域が、変わる
 リアル「電車でGO」が大人気―一畑電車
  合計740回を越えた人も
  「できるわけないだろう」をくつがえす
  全国唯一の専用線をつくる
 「700万円持参」運転手も呼び込む―いすみ鉄道
第3章 解決する鉄道―移動しやすい地域へ
 制服を来た「何でも屋」-えちぜん鉄道
  「お困り事がございましたら」
  「負の社会実験」
  お金がないなら、知恵を出す
 車もバスも「敵」じゃない―熊本電鉄
  ちょっと変わったガイドマップ
  「市街地の運転は怖い」を助ける
  静かな「革命」
  「地道」こそが最強―ひたちなか海浜鉄道
 みんなが乗れる地方交通―京都丹後鉄道
  新しい「市場」の可能性
 ネットワークこそ生命線
 鉄道会社のまちづくり、ひとづくり
第4章 稼ぐ鉄道―地域全体を黒字に
 過疎の町の救世主―若桜鉄道
  「鉄道は手段」公募社長の気付き
  「かかし」でも、稼ぐ、つながる
  地元のスキー場のお客を運ぶ
 改札を出た先の仕掛け―天竜浜名湖鉄道
 めざせ、地域の黒字化―わたらせ渓谷鉄道
  企業とのコラボでグッズ160点
  駅構内から一歩も出ない客
  鉄道がなくなって栄えたまちはない
 ローカルも鉄道も「フォロンティア」-高松琴平電気鉄道
  全国初の駅ナカパブ
  「安全第一」は禁句です
  まちに、未来に、貢献する
第5章 鉄道と地域の未来―可能性を生かす
 誰に、何の価値を提供するのか
 地元の役に立つ鉄道
 赤字という名「罠」
 「協働」「自分ごと」「役割分担」
 災害からどう復活するか
 「なってから気づく」
おわりに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】とろりい・らいんず2016/12 No269

とろりいらいんず1612

日本路面電車同好会の会報「とろりい・らいんず」2016年12月号が届きました。

<目次>
ループ化から1年を迎えた札幌市電 今後の課題は?
速報!宇都宮市長選・栃木県知事選でLRT推進の現職勝利
Trolley Report 豊橋まつり2016
Information 阪堺電車
大分交通別大線の名残りを訪ねる
横浜市電 車掌さん・運転士さんにお話しを聞く会
蔵出し写真館
CLUBだより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2017年1月号

Trut1701

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2017年1月号No949が手に入りました。

<目次>
NEWS
Investigations continue into Tramlink crash; US ballots approve major transit funding; CRRC in Skoda acquisition discussions; Modertrans unveils first low floor tram.
PRESTON’S GUILD LINE
Professor Lewis Lesley of Trampower outlines the plans for an all new UK tramway scheme.
DC STREET CAR DEVELOPMENTS
Vic Simons examines the role the new street car in the US capital is taking in the region’s regeneration and growth.
MOSCOW GOES FULL CIRCLE
Witold Urbanowicz visits the new ring metro and looks at the tram plans that promise a transport revolution for Muscovites.
SYSTEMS FACTFILE : BONN
Neil Pulling surveys the contrasting and complementary light rail offerings in the former seat of German government.
WORLDWIDE REVIEW
Vancouver opens SkyTrain extension: Passenger testing on Wuhan’s first tramline; HKL exercises Artic option; Berlin announces new tram plans; Bucharest approves metro line 6; Detroit completes Qline track work.
MAIL BOX
Thoughts on Sandikands; Is metrolnik the world’s best? Why not an Oxford Monorail?
CLASSIC TRAMS :BRATISLAVA
Mike Russel discovers the seldom seen heritage gems in the Slovakian capital.
<表紙>モスクワのLRT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年・2017年

2017年 謹賀新年

今年も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

各関係へ送った年賀状につかった画像をアップいたいます。

鉄道関係者向けは、2016年12月で終了した719系の8連運用、阿武隈急行A417系と上下分離で復活となるJR只見線。

719系8連(東北本線/大河原・北白川間)
2016.12をもって仙台地区では8連が廃止され、基本は6両へ

阿武隈急行A417系
阿武隈急行のA417系も2016.3で定期運用を引退

只見線キハ40(会津川口駅)
▲厳しい地方鉄道の時代を迎える中で、只見線復旧決定は明るいニュースでした


自転車関係者向けには、鹿児島県奄美群島の加計呂麻島と三陸鉄道と自転車

鹿児島県・加計呂麻島
男はつらいよのロケ地となった加計呂麻島(2016.2)

三陸鉄道南リアス線と自転車
▲三陸駅近くで自転車と記念写真(2016.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »