« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年12月号 | トップページ | 【自転車】三陸沿岸紅葉ツーリング(釜石→三陸)by DAHON »

【鉄道】まもなく終焉・719系の8連運用~仙台地区は最大6連に

平成28年12月ダイヤ改正から仙台地区(東北本線・常磐線)で使用されている719系が順引退となりE721-1000に置き換わることになっています。ダイヤ改正のチラシによると仙台地区は最大6連となるとのことで、現在719系が8連で運用されている2576M(小牛田→白石)と429M(白石→利府(8連は仙台まで)も減車されることになりましす。2つの列車にダイヤ改正後、いつまで719系が運用に入っているか不明ですが、いずれにしても8連はダイヤ改正の前夜までとなります。

以前、719系の8連は日中に福島県内で走っていたりとそれほど珍しくなかったのですが、ダイヤ改正毎に編成数が減少して、気づけば宮城県内で走る前述の2列車のみ。しかも1本は夜間となってしまうために撮影は限定的です。

そんな訳で、H28.10月の下旬に719系の9連を撮ってみました。実質1日1回の列車なので、あと何回撮れるかどうか・・・。南東北・仙台地区の顔的な存在の電車も引退が近くなりました。

9系8連(東北本線・大河原・槻木間)
▲719系8連を組む429M(白石→利府行)但し、8連は仙台まで(H28.10.23)

719系8連(仙台駅)
▲仙台駅に進入する719系8連の429M(H28.10.25)

719系(一ノ関)
▲一ノ関行(521M)とその折り返し仙台行(574M)は数少ない一ノ関までの運用

|

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年12月号 | トップページ | 【自転車】三陸沿岸紅葉ツーリング(釜石→三陸)by DAHON »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/64573473

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】まもなく終焉・719系の8連運用~仙台地区は最大6連に:

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年12月号 | トップページ | 【自転車】三陸沿岸紅葉ツーリング(釜石→三陸)by DAHON »