« 【書籍】鉄道建築ニュース2016年11月号(No804) | トップページ | 【書籍】とろりい・らいんず2016/10 No268 »

【自転車】沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON dash x20

鐘撞堂峠_福島県道33号国道49号福島県道43号

福島県道151号福島県道343号福島県道237号国道400号



<実施日>H28.10.30(日)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>磐越西線・広田駅(無人駅)
<終点>只見線・会津川口駅(有人駅・自動販売機あり)
<距離>61km(広田駅10:00dp会津川口駅15:00av)

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲広田駅は立派なつくりですが無人駅です

10月末に「奥会津の紅葉もいい頃だろうな」と思い、帰路は只見線に乗ることを前提にして、会津若松の広田から会津坂下を経由し、そして紅葉を見ながら只見川沿いにさかのぼり、ついでに沼沢湖を経由して会津川口までのツーリングをしました。

今回のスタート地点は、会津若松駅のひとつ手前の広田駅。ここで降りると会津坂下町でショートカットするような感じアプローチすることができます。広田駅から県道33号と国道49号を使いますが、会津盆地のど真ん中の平坦ルートであるため約30分強で到着しました。ここから会津川口まで行くなら、国道49号と国道252号を使うのが無難なルートと思えますが、紅葉シーズンということで車は多くまたスノーシェルターやトンネルなどもあるので、快適ルートとはいえません。会津坂下から先は、なるべく国道252号を避けて会津川口を目指す脇道ルートをたどってゆきます。

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲広田から会津坂下までは平坦直線ルート

会津坂下を出発して旧国道49号の塔寺の丘を上って行きます。そのまま峠を越えてゆくと国道49号に出てしまいますので、合流手前で右折して県道43号に入り鐘撞堂峠を越えてから、県道340号、県道341号を乗り継いで只見川のほとりにでました。もうここまで来るとほとんど車の通行はなくなってしまいました。この先は、只見川の西岸を行く県道151号を走りながら会津柳津へと向かいます。対岸には車が次々に走る国道252号がときどき見えますが、こちらの県道151号は狭隘でアップダウンこそありますが、すれ違う車もなく快適。湖のようになっている只見川と山々の紅葉がきれいな抜群の紅葉ルートでした。そのまま会津柳津では市街地を通り抜けて国道252号にしますが、合流してすぐの飯谷大橋を渡って対岸の県道343号へ。川を渡ってしまうと集落は少なくさきほどと同じく狭隘道路で、通行車両は皆無。このたたりでは川面から50m近くまでを登ったり下ったりするので、川べりというよりも眺望が楽しめるルートでした。途中、西会津方面から来る狭隘道路である国道400号に合流してしばらく走って会津宮下に到着です。

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲古い町並みが残る会津坂下中心部

会津宮下から会津川口へは、これまでのように只見川の両サイドに道はないため、国道252号で行くか、それとも県道237号を使って沼沢湖を通るかの2者選択となります。国道でゆけば、アップダウンの上、スノーシェルターの連続なのでさほど景色もよくないだろうと沼沢湖経由の県道としました。まあ予想通り、走っている車はなく紅葉の中に只見線の線路が見えるという鉄道絶景ともいえるところでしたが、只見川から沼沢湖へのアプローチが10%前後の激坂が続く連続勾配。今更断念する訳にもいきませんので、休み休み登り沼沢湖へ出ることができました。

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲塔寺にある文化財・旧五十嵐家住宅から磐梯山が見えました

沼沢湖は、紅葉した林に囲まれた静かな湖で、湖畔にある公園でしばらく小休止し、この先のルートを考えます。湖からはそのまま只見川沿いの会津水沼に降りてゆく町道コースもあったのですが、「せっかく県道237号来たので、この道で会津川口へ抜けよう」とへんなこだわりを見せたものが間違いで、湖から行くと再び坂道でさらに200mほど高度を稼ぐことに。既に湖まで登ってくるのにエネルギーと使っているので、体にはほんとこたえます。かっといってここで休みすぎると只見線の列車が15時半を逃すと次は19時。既にモチベーションは下がっていますが、時間も気になりますので、なんとかピークを越えて国道400号に合流しました。ここまでくれば会津川口駅ももうすぐで、なんとか15時半には乗車可能となりました。

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲鐘撞堂峠を越えて只見川へ下ってゆきます

会津川口駅は15:00着。当初の予定よりもかなり遅れて到着なので、温泉は断念。いそいで自転車を組み立てているうちに折り返し会津若松行きとなる列車が到着し、観光バスの団体客などが乗り込み始めました。こちらも駅前の商店で飲み物などを購入してようやく只見線の列車に乗り込みました。列車は、紅葉シーズンということで団体客もいて、列車は3両編成でしたが2両はロングシート車両となっていて、なんとも味気ありません。
空いているのが唯一の救いで、車窓から見る只見川と紅葉は素晴らしく。本日自転車で通ったルートなどを再度違う角度から眺めながら帰路に着けるという楽しい輪行で、風はなく、天気もよく、少々坂で疲れましたが素晴らしい会津の紅葉ツーリングとなりました。

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲県道341号で只見川を渡ります

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲県道151号沿線にあった大きな銀杏は、紅葉がはじまったばかり

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲只見川と紅葉を見ながら

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲只見川にある柳津発電所の堰堤

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲湖のような只見川と只見線の鉄橋

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲只見線の線路と只見川を見ながら県道237号沼沢湖へ

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲沼沢湖へはつづら折りの激坂

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲山の中にあり観光客もほとんどいない沼沢湖

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲かねやまスキー場のつづら折りを一気に下って会津川口へ

沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON Dash x20
▲15:00にようやく駅に到着

会津川口15:27発会津若松行き・只見線
▲大部分がロングシートの只見線

会津川口15:27発会津若松行き・只見線
▲15:27会津川口発会津若松行き

|

« 【書籍】鉄道建築ニュース2016年11月号(No804) | トップページ | 【書籍】とろりい・らいんず2016/10 No268 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/64511737

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】沼沢湖経由只見川紅葉ツーリング(会津若松→会津川口)by DAHON dash x20:

« 【書籍】鉄道建築ニュース2016年11月号(No804) | トップページ | 【書籍】とろりい・らいんず2016/10 No268 »