« 【書籍】鉄道建築ニュース2016年10月号(No803) | トップページ | 【書籍】米屋こうじ著/あなたの知らない大阪「駅」の謎 »

【自転車】JR気仙沼線(柳津線)駅巡りby DAHON dash x20

宮城県道61号宮城県道257同宮城県道29号宮城県道21号


宮城県道43号宮城県道204号宮城県道27号


<実施日>H28.10.10(祝)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>気仙沼線・柳津駅(有人駅・自販機あり)
<終点>仙石線・本塩釜駅(有人駅・自販機あり)
<距離>82.3km(柳津駅9:45dp前谷地駅13:10dp本塩釜15:20av)

JR気仙沼線(柳津線)駅巡りby DAHON dash x20
▲前谷地から柳津への列車はほぼ貸切状態でした

東日本大震災でJR気仙沼線は大部分がバス転換されてしまい、わずかに残った柳津―前谷地間でのみ鉄道運行が行われていて、いわゆる柳津線化されています。気仙沼・志津川方面のBRTも柳津発着が多くなっていることから完全に閑散線区で、今のところ廃止表明はありませんが、いつ完全バス転換されてもおかしくない状況となってきました。ということで、JR気仙沼線の鉄道部分の駅を自転車でチェックしながら仙台方面へとツーリングすることにしました。

JR気仙沼線(柳津線)駅巡りby DAHON dash x20
▲柳津で折り返し小牛田へ向かう列車を見送って出発

小牛田から石巻行き1629Dで前谷地へ、そこで乗り換えて925Dで柳津に到着しました。柳津駅前で自転車を組み、折り返し小牛田行となる2926Dを見送ってからスタートしました。このあたりは、北上川と旧北上川の分岐しているために、柳津駅の隣・御岳堂駅にゆくためには、北上川をわたり、旧北上川を渡ってぐるりとまわる必要があります。県道61号から中州となっている北上川河川歴史公園を通って、気仙沼線と並走する県道257号へと出てきました。

JR気仙沼線(柳津線)・柳津駅
▲柳津駅は民間委託駅ということで職員がいます

県道257号に面してある御岳堂駅に立ち寄り、写真を撮ります。柳津線として昭和40年代に作られたことからホーム1面とコンクリートの待合室だけのシンプルな造りの駅となっていました。御岳堂駅から再び県道257号を走り、線内で唯一となった行き違い施設を持つ次の陸前豊里駅へ向かいます。この駅は、沿線ではもっとも大きな規模で駅舎は『がんばる館』という地場産品の直売所となっていて、買い物にやってくる人がいるので、少しにぎわっています。

JR気仙沼線(柳津線)駅巡りby DAHON dash x20
▲北上川の堰では網で鮭を取っていました

JR気仙沼線(柳津線)駅巡りby DAHON dash x20
▲このような鮭が網で捕れていました

残る駅は、2つだけとなりましたが、のの岳駅が旧北上川と江合川と旧迫川に囲まれた半島の先端のような場所で、道路橋がないため、県道からはかなり遠回りしながら駅に向かうこととなります。民家の庭先のようなところにあるのの岳駅をチェック。次の和渕駅に向かうためには、江合川を遡り、及川橋を渡って再び江合川を下ることになり、鉄道距離の倍以上の移動となります。

JR気仙沼線(柳津線)・御岳堂駅
▲県道にある駅名看板と御岳堂駅

和渕の集落に入り県道のこ線橋の脇にある和淵駅に到着です。カーブに設けられた駅ですが、御岳堂と似たようなホームと待合室だけの駅で没個性的な駅でした。一応、これで柳津線の駅めぐりは終了ですが、起点となっている前谷地駅にも立ち寄ってみます。和渕駅から県道21号経由で前谷地へ。途中、このあたりは田んぼで平坦ということもあって、石巻港から小牛田へ向かうコンテナ貨物列車が見えました。約15分で前谷地駅到着。BRTの発着時の増設ということで木造駅舎がどうなるかと思ったのですが、いってみると駅舎はそのままでほっとしました。

ここで一息休んだあとは、駅によることはありませんので、ピッチをあげて国道108号、県道43号、県道204号で鳴瀬川まで、そして県道27号、国道45号を経由して本塩釜駅で走って終了としました。

JR気仙沼線(柳津線)・陸前豊里駅
▲陸前豊里駅は行き違い可能駅

JR気仙沼線(柳津線)駅巡りby DAHON dash x20
▲前谷地行を途中で撮影(陸前豊里-御岳堂間)

JR気仙沼線(柳津線)・のの岳駅
▲道路の場合は隣の駅とは大回りしなければ行き来ないのの岳駅

JR気仙沼線(柳津線)・和渕駅
▲カーブ途中にある和渕駅

気仙沼線・石巻線・前谷地駅
▲BRT発着後も木造駅舎が健在の前谷地駅

JR気仙沼線(柳津線)駅巡りby DAHON dash x20
▲鳴瀬川の堤防を走って奥松島へ

JR気仙沼線(柳津線)駅巡りby DAHON dash x20
▲仙台市内を走るのはメンドーなのでここから輪行で帰路へ

|

« 【書籍】鉄道建築ニュース2016年10月号(No803) | トップページ | 【書籍】米屋こうじ著/あなたの知らない大阪「駅」の謎 »

自転車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/64383279

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】JR気仙沼線(柳津線)駅巡りby DAHON dash x20:

« 【書籍】鉄道建築ニュース2016年10月号(No803) | トップページ | 【書籍】米屋こうじ著/あなたの知らない大阪「駅」の謎 »