« 【書籍】運輸と経済2016/7 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2016/8 No.248 »

【自転車】牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20

39822002


<実施日>H28.7.31(日)
<車種>DAHON DASH X20
        他 16台
<起点>仙石線・石巻駅(有人駅・売店あり)
<終点>石巻線・渡波駅(有人駅・自販機あり)
<距離>74.8km(石巻駅9:00dp渡波駅16:30av)

H28.7.31(日)いつもお世話になっているアウトドアショップ主催の親睦ツーリングに参加ました。集合・スタート地点石巻総合運動公園でしたが、自分は車を持っていないので、JRを乗り継ぎ石巻駅をスタート。途中、浦宿のコンビニで本体をつかまえることにしました。

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲浦宿のコンビニで本体と合流できました

当日は17名17台参加ということで、年齢も力量もバラバラ。石巻総合運動公園をスタートして県道202号コバルトライン入口に着くころまで先頭と最後尾でたいぶ差が開いてしまいました。入口で最後尾をみんなで待っているうちに、力余るパワーチームは待ち切れずコバルトラインではなく、半島外周で距離がありアップダウンの厳しい町道ルートに出発してしまいました。

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲コバルトラインの入口でみなさんを待ちます

15台がようやく揃いコバルトラインを走り始めますが、すぐに登り坂となりここからが本日の山場です。天気は晴れですが、やませの影響で心地よい海風のため暑さはたいしたことがありません。しかし、5月末から漕いでいないので体に堪え、みなさんにどんどん抜かれて最後尾へ。一方的坂道を1時間ほど漕ぎ本日の最高地点近くにある展望台で休憩となり、その昔、シーカヤックでたいぶ通った五部浦湾などはきれいに見えていました。

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲入り口からしばらくは一方的な登り坂

ここまで来ると本日の難所は越えたということで、あとはアップダウンを繰り返しながら半島の先端へ走ってゆきます。この先も自分はほぼ一定のペースなのですが、みなさん、最初の坂でがんばり過ぎたのか、自分の順位が少しずつ上がってきました(笑)。集合地点の御番所公園は、先頭パワーチームが道を誤りこともあって着いたときは先頭グループ入り。

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲展望台からは五部浦湾や出島などがきれに見えました

御番所公園で集合し、一息をついて再び集団となり鮎川港へと一気に下ってゆきました。予定コースは、鮎川からは県道2号で渡波・石巻方面へと走ることになりますが、14:50発の石巻行きのフェリーがあるので、ここで10台がリタイヤ。自分もフェリーにかなりなびきましたが、JR利用(輪行)チームのメンバーが「がんばる」ということなので、一緒にツーリング継続となりました。

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲コバルトラインは尾根伝いの道なので、海がよく見えます

とはいえ、鮎川→石巻の県道2号経由も決して平たんという訳ではなく、しかもコバルトに比べると交通量が多いので、モチベーションは低下。最初のコンビニぐらいまでは先頭集団と一緒でしたどんどんおいて行かれ、気づけばピナレロ氏と2人となっていました。「あれれ、いつもと同じだねぇ」と言いながら桃浦漁港で日陰にはいり水分補給。そうしていると後続部隊がダラダラと坂を上って行く姿が見え、押して歩いている人も。後から聞いたところでは水分がなくなり脱水ぎみだったそうです。牡鹿半島の各集落は津波被害でものを買えるところが限定的なので、水だけは多めに持っておきたいものです。

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲半島先端の御番所公園からは金華山が見えます

桃浦まで来るとあともう少しです。登り坂ですが、この先は海岸線まで降りてそれを相殺することはないのでラストスパート。最後のピークとなる風越トンネルと越えて渡波地区へとようやく入ってきました。先頭チームに着いて走っていったFSXが渡波のコンビニで待っていてくれて、先頭チームは既に石巻へ向けてスタート済。聞けば、FSX氏はここで1時間も待っていたそうで、先頭チームのスタミナの違いをまざまざと見せてくれました。ここで輪行チームがそろいましたので、渡波駅からJRにて帰路につきました。

コバルトラインを自転車で初めてはしりましたが、水を補給できるところが自動販売機を含めてないので、充分に準備が必要です。鮎川→渡波も限定的なので、予備の水は必要かと思いました。

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲御番所から一気に鮎川へ下ってゆきます

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲復興工事中に鮎川市街地

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲風越トンネルを抜けて万石浦を見ながら下ってゆきます

牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20
▲渡波駅に到着。列車まで一時間も待ちました

|

« 【書籍】運輸と経済2016/7 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2016/8 No.248 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/64085060

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】牡鹿半島一周(コバルトライン)ツーリングby DAHON DASH X20:

« 【書籍】運輸と経済2016/7 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2016/8 No.248 »