« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

【書籍】運輸と経済2016年6月号

1607

運輸調査局の運輸と経済の2016年6月号がようやく届きました。

運輸と経済2016/6
<目次>
特集:ネット通販時代の交通・物流
●特集の趣旨
ネット通販時代の交通・物流/根本敏則
●座談会
ネット通販の進展と物流の課題
小菅泰治/羽尾一郎/三村優美子/根元敏則
●論稿
Ⅰ.ネット通販時代の流通・物流政策
電子商取引の発展と流通政策/丸山正博
EC時代の迎えた宅配便の持続可能性確保に向けた課題と対応/木村 大
Ⅱ.流通・物流面での課題
ネット時代の物流革新/林 克彦
宅配便事業者のラストマイルにおける配送施策
―「チーム集配」の影響についてー/宮武宏輔
サイバースペースへの買い物行動を考える/谷口 守
無人航空機による物流の課題と展望/鈴木真二
Ⅲ.物流の現場から
アメリカのネット通販と物流/斉藤 実
中国向け越境ECの現状と物流事業者の支援体制/石原伸志
国際物流拠点としての沖縄ハブ/
株式会社ANAcargoソリューション企画部
ネット通販を支える物流の労働力問題/大島弘明
海外交通事業
海外の鉄道建設と国際開発金融機関による援助業務/黒崎文雄
海外トピックス
オークランド市の公共交通整備における合意形成に向けた取り組み/金谷牧代
●次号予告
特集:「地域における公共交通網の形成・再編に向けて」(仮)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2016/7 No.247

Today1607

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2016年7月号が届きました。

<目次>
REGULARS
Headlights
Headline News
Including: Wolsztyn roundhouse revival, DB part privatization plan bock track, new RhB AGZ train in service, OBB to expand night train network, Gotthard Base Tunnel officially opened, flooding in Paris area, strikes hit France and Belgium.
Light Rail News
Including; New metro trains for Geneva, old Praha trams for sale, Skoda wins Riga tram order, Alstom unveils new Paris metro train design, Dresden Tatras back in service.
Mail train
News Round Up
Heritage News
Including: Austerity WD 196 back in steam, Haute Somme centenary, regular service for Zubrnice branch, two new Hungarian narrow gauge lines open within a month.
Railtours Diary
Reviews
FEATURES
Endangered species: DB class 151&155 six axle electrics
Keith Fender looks back over the lives of these distinctive loco and tell us where the remaining examples can be found in use.
Steam returns to Transylvania
Chris Baily reports on the revival of steam hauled special train in the Transylvania province of Romaina.
Gurand rail tour of North Korea
Keith Jones describes the variety of train of European origin sampled during a tour of the North Korean rail network.

<表紙 DBの151形電気機関車>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No58 2016夏号」

Photo

日本民営鉄道協会の広報誌である「みんてつ」のNo58.2016夏号が手に入りました。

<目次>
四つの季節の鉄道ものがたり 夏
乗ってみたら 見えた
特集/愛されて100年。そして次の世紀へ
[市民とともに築いた広島電鉄「路面電車王国」]
TOP INTERVIEW
広島のまちと歩んだ100年。
新しい時代を地域とともに生きる
●広島電鉄株式会社 代表取締役社長 椋田 昌夫
REPORT
未来につながる
「路面電車王国」
Ⅰ軍都・広島と原爆投下
Column
時を越えて被爆時と現在の広島をつなぐ
Ⅱ「廃止やむなし」から軌道優先へ
Column
路面電車の目指すものは警察と合致している
Ⅲ 路面電車ルネッサンス
Column
日本初の100%完全超低床車両を開発
Ⅳ これからも広島とともに
Column
社員が安心して働ける会社をともにつくる
Interview
階層性のある交通ネットワークで都市機能とまちの魅力を高める
みんてつインフォメーション
西武鉄道/相鉄グループ/日本民営鉄道協会
連載26地方民鉄紀行
上田電鉄株式会社
連載36 大正・昭和の鳥瞰図絵師 吉田初三郎の世界
秩父鉄道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20

岩手県44号国道45号岩手県道248号

<実施日>H28.5.29(日)
<車種>DAHON DASH X20
Tyrell FSX
<起点>三陸鉄道・田野畑駅(有人駅・売店あり)
<終点>三陸鉄道・宮古駅(有人駅・売店あり)
<距離>61.7km(田野畑駅8:20dp宮古駅13:20av)

<前回は【自転車】[輪行]北三陸ツーリング(久慈→田野畑)byミニベロ
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/by-b843.html

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲早朝の三陸鉄道で宮古から田野畑へ

平成27年度の東北沿岸ツーリングは、三陸鉄道・田野畑駅で終了しましたので、平成28年度分がスタート地点は田野畑駅となります。今回のツーリングは前年の続きで、田野畑駅から小本・田老を経由して宮古までの約60km。交通量の多い国道45号をなるべく避けたいと思い地図で事前に道を探したものの、残念ながらありません。田野畑駅からの県道を走ったのちは、国道45号を走ることとなました。

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲田野畑駅を出発

田野畑に宿を取れればよかったのですが、予約が取れないことから宮古に投宿。そいうことで、宮古7:03発の三陸鉄道の列車に輪行して田野畑駅へ向かいます。観光客で混むというイメージがある三陸鉄道ですが、早朝でシーズンオフということで乗客は自分たちもいれて5人で、田野畑駅で降りたのは、自分とFSX氏の2人でした。

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲のんぶりと海岸線を走るのは田野畑~島越

前日に続いて、天気も風もなく絶好のツーリング日和です。駅前で自転車をセットして8:20に出発です。県道44号で海岸線に沿って走りはじめますが、海が見えていたのは田野畑駅の隣の島越駅付近までで、その先は、一気に200mほど登って国道45号合流地点へと向かうこととなり、さっそく劇坂の洗礼で、出発してすぐということでなかなか堪えます。国道45号に合流しましたが、小休憩をかねて「鵜の巣断崖」見物のためにすぐに脇道へ。きれいに整備された展望台で、北山崎展望台同様、高さが100m以上ある断崖が続く海岸線が見えます。

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲島越付近は海岸線ぎりぎりを走る

鵜の巣入口付近から小本にかけての国道45号は、タダ高速・三陸道との並走区間となるため大部分の車そちらを走り、交通量はあまりありませんでした。2ケタ国道を余裕で漕ぐことができましたが、島越からせっかく上った200mを相殺するように小本の街へと海岸の高さまで一気に下りました。

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲海から一気に200mを上ります

小本からは高速道路からの車が合流してぐっと交通量が増えたことを実感し、再び登り坂となります。一部海岸に沿って走る区間もありましたが、この先国道45号線は宮古までは内陸寄りルートとなるので、宮古まで海を見ることはありません。だらだら坂を登って、登り終えたなと思ったら、緩やかなカーブを描いて摂待の集落へと再び降りてゆきます。三陸鉄道の摂待駅の下を越えれば、再び登り坂へと突入です。次の街となる田老へは再び200mの山を越えることになります。

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲国道が高いところを走っていますので、谷を渡る橋は高い!

もちろん田老まで行けば、海岸まで降りて再び山を越えて宮古に向かうことになります。分かってはいるものの、登った努力がまったく無になってしまうアップダウンが連続で、最初あったモチベーションはガタ落ち・・・。途中「道の駅たろう」で休憩するものの、いつもならば坂道で力強く先頭を上るFSX氏も無口になっていましたので、どうやら自分と同じく心が折れかかっているようです。

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲鵜の巣断崖の展望台。遥かに田野畑が見える

道の駅を出てしばらく走って、急こう配を下り田老へ。津波被害が大きかった田老地区では国道45号高台移設が完了していて、新しくなった道を通過していきますが、建物は少なく本格的に街が戻るのはまだまだ先のようです。田老から先も再び宮古への山越えとなりますが、この先は国道45号線にトンネル群があり、ナーバス区間です。交通量は多く、自分の脇を常に車がすり抜ける状態で、さらに上登り勾配のトンネルなどもあるので、さきほどにもましてモチベーションが低下です。

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲小本へ降りる下り坂の注意看板

トンネル群の先にある県道259号で国道からははずれる予定でしたが、分岐地点を見落としてそのまま県立病院の方まで国道を進んでしまい県道248号でようやく国道から分かれることができました。県道に入れば車は少なく「ほっと」しながら、有名景勝地「浄土ヶ浜」に寄って小休止です。ここまで来ると終点・宮古駅まですぐで、時間に余裕がありましたので、途中の市街地にある「たらふく」でラーメンを食べてから宮古駅前で終了となりました。

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲心折れかかって「道の駅たろう」へ

日ごろはなるべく車が走っていないところを狙ってツーリングをしているだけに、今回の区間はアップダウンがきびしいことに加えて交通量やトンネルという試練にやれられました。土曜だと大型ダンプが大量に走っているそうなので、三陸は日曜に限るようです。

いつもならば、宮古駅から山田線で輪行となるところですが、土砂崩れで宮古―盛岡を鉄道利用が不可。代替輸送の106急行バスで盛岡まで向かうことになります。心配したバス輪行ですが、岩手県北交通は夜行を除く高速バスは輪行OKで問題なく盛岡に到着できました。

次回は宮古→釜石となりそうですが、やはり日曜日を狙いたいところです。

<この続きは、【自転車】三陸・重茂半島ツーリング(宮古→釜石)by DAHON dash x20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/bydahon-dash-x2.html

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲田老から宮古にかけてはトンネル群があります

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲景勝地「浄土ヶ浜」

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲時間があったので中華そば専門店「たらふく」

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲シンプルかつボリューミーが魅力的

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲13:20宮古駅に到着

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲JRのきっぷを買うとバスの振替乗車票がついてきました

【自転車】三陸海岸ツーリング(田野畑→宮古)by DAHON DASH X20
▲JR運賃で106急行バスで盛岡へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年7月号

Utt1607

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2016年7月号No943が手に入りました。
<目次>
NEWS
Rio tramway opens for Olympics ; LA Metro service reaches Santa Monica; Bank Holiday opening for Midland Metro New Street service ; Washington’s year of Metro safety shutdowns; Two big orders for Bombardier.
NGT ‘NO’ LIGHT RAIL ‘YES’
Tony Streeter looks in detail at the decision to cancel the Leed trolleybus scheme.
OBSERVATIONS FOR KAOSIUNG
With trails well underway, Ciril van Hattum explores Taiwan’s first modern tramway.
RZESZOW MONORAIL PLANS
Mare Ustrobinski explains to Witold Urbanowwicz how this Polish city orefers an elevated monorail to surface light rail.
SIEMENS IN NORTH AMERICA
Vic Simons is given a given a guided tour of Siemens Sacramento manufacturing facility.
SYSTEM FACTFILE: MISKOLC
Neil Pulling visits this intriguing Hungarian city that now calls its reinvigorated tramway “the Basic pillar of public transport.”
WORLD WIDE REVIEW
Waterloo- Kitchener LRVs delayed; Fuzhou metro opens; Paris T6 extends to Viroflay Rive Droite; State regulators threaten Atlanta Streetcar suspension after poor audit; UK tram train face further delays.
MAIL BOX
Advice for London’s new Mayor; Should guided busways come under LRT regulation?
CLASSIC TRAM: HAGEN’S LEGACY
Mike Russell concludes the fascinating story of the trams that served the German city of Hagen, Which closed its network 40years ago.

表紙:台湾高雄のLRT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »