« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年6月号 | トップページ | 【自転車】宮城・福島県道101号自転車ツーリング"(仙台/丸森)by Dahon Dash x20 »

【鉄道】石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20

274462

<実施日>H28.5.3(火)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>石勝線・新夕張駅(有人駅・自販機)
<終点>石勝線・追分駅(有人駅・自販機)
<距離>26.1km(新夕張15:25dp/追分駅16:25av)

石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20
▲スーパーとかち8号で新夕張駅に到着

H28.5.3(火)滝川駅から根室本線で新得へ、続いて、新得―新夕張―南千歳―札幌と列車で移動したいところですが、今年3月のダイヤ改正で新夕張―追分の間の普通列車が激減してしまい、普通乗車券だけで札幌方面に向かうと下記の通りとなり、新夕張2時間待ちで所要は4時19分となります。けっこう時間がかかり不便です。
※特急列車の自由席で新得―新夕張内の乗車であれば普通乗車券のみでOK

スーパーとかち8号 新得14:07―新夕張15:12
2632D    新夕張17:10→千歳18:26

石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20
▲バタバタと準備をして出発です

そこで今回は、新夕張まではスーパーとかち8号で行き、新夕張から追分までは自転車で代行して、追分始発16:57発の2630D千歳行をつかまえることにしました。2630Dに乗れれば列車利用よりも1時間以上早くつくことができますし、もし途中でアクシデントがあっても2632Dに拾ってもらえるので、価値はありそうです。ルートを調べてみると新夕張駅から追分駅まではほぼ一方的な下り坂、距離は約26km。与えられた時間は、1時間45分ですが、輪行の準備時間を考えるとノンストップでがんばって漕ぐ必要はあります。まあ、なんとかなるだろう列車代行自転車にチャレンジです。

石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20
▲国道274号でどんどん下ってゆきます

新得駅からは「スーパとかち8号」札幌行に乗車します。ホームの自由席のところには20人ほどが並んでいましたが、そんなに混んでおらず全員が着席することができました。途中、車掌氏が検札に来ましたが、検札では「新夕張ですね」と車掌から念押される人が多かったので、普通乗車券だけで石勝線を抜けることを目的にしている人がけっこういるようです。時刻表では、新夕張までに、トマム、占冠しか駅はありませんが、距離的には90kmぐらいあり、特急列車であっても1時間ほどかかりますので、特急料金なしで乗っているのでお得感はあります。お散歩きっぷであればさらにお得なので、新夕張で2時間待ちはへっちゃらという人もたくさんいる訳です。

石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20
▲国道274号は舗装が悪いところが多く気を抜けません

スーパーとかち8号は定刻15:12に新夕張駅に到着します。乗ってきた列車の写真を撮りましたら、急ぎ足で改札を出て駅前広場で、列車代行自転車の準備に入ります。テキパキと作業をして、約10分でセット完了し、15:25、新夕張駅と自転車のツーショット写真を撮って出発をしました。

駅前を走る国道274号に出て札幌方面へと走りはじめますが、高速道路を並走区間なのでそれほど車は多くないと読んでいたが大外れ。交通量が多くしかも大型車の割合が高くなっていて、みな飛ばしています。大型車が大量かつ高速では走っているので舗装の痛みが激しく、左側は轍になっていてしかも蓮の葉状にアスファルトが割れているところも非常に多くなっています。こちらも坂道を利用して飛ばしていますが、ハンドルにはかなりの振動が伝わってきます。舗装は悪いのですが、国道は夕張川に沿って走るので景色は悪くありません。途中、湖のように堰き止められているところもありますが、何せ後ろからどんどん車がきますし、路側帯が砂利で追われているところもあって、脇見をしていると危険でので、チラ見程度にしておきました。

石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20
▲国道274号と道道462号との分岐となる川端駅前の交差点

車にあおられるようにして坂道を飛ばし、国道274号と道道462号が分岐する川端駅前のT字交差点までノンストップでだいたい45分で走り抜けました。川端駅から先は、追分へのショートカットルートである道道462号に入りました。車はみな、国道へと行きますので、交通量は激減。舗装もよくほぼ直線で緩やかな下り坂。しかも、周囲は牧場地帯のようで走っていて気持ちよい区間です。いつもならば停まって写真を撮るところですが、下り坂を利用して飛ばしてゆきました。国道234号との交差点までノンストップで残り2kmぐらいで、時間は16時を少しすぎたところ。これでほぼ目的の列車に乗ることは確実となりました。追分の町に入り、駅の南側にあるセイコーマートで、ビールとつまみを購入してから追分駅へ行き16:25に到着し。列車代行自転車完了です。

16:57追分発の2630Dはキハ40単行で、乗客は10人ぐらいでした。本日はもう自転車に乗りませんので、サッポロ・クラッシック500mlをプシュとあけて千歳へ向かいました。

石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20
▲道道に入ると舗装もよく、車両もかなり少なくなりました

石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20
▲かんばって列車に間に合う時間に到着!

石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20
▲追分発16:57の千歳行きに乗れました

|

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年6月号 | トップページ | 【自転車】宮城・福島県道101号自転車ツーリング"(仙台/丸森)by Dahon Dash x20 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/63745091

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】石勝線(新夕張―追分)列車代行自転車 by DAHON DASH X20:

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年6月号 | トップページ | 【自転車】宮城・福島県道101号自転車ツーリング"(仙台/丸森)by Dahon Dash x20 »