« 【書籍】Today’s railways Europe 2016/6 No.246 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年7月号 »

【自転車】北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON

岩手県道15号国道281号国道340号国道455号

<実施日>H28.5.28(土)
<車種>DAHON DASH X20
            Tyrell FSX
<起点>東北新幹線・二戸町駅(有人駅・売店あり)
<終点>三陸鉄道・岩泉小本駅(有人駅・売店あり)
<距離>110.2km(二戸駅9:10dp岩泉小本駅16:20av)

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲二戸駅をスタート

今年も東北海岸線ツーリングの季節がやってきました。今年は三陸鉄道・田野畑駅から海に沿って南下することになりますが、岩手県から南の太平洋沿岸部は復興工事が続いていて、土曜日は工事が休みでないことから、大型車両の通行がとても多くなっています。このようなことから土曜日は工事車両を避けて岩手内陸部・二戸から小本へと走り、工事が休みとなる日曜日に田野畑から宮古への沿岸部を走ることにしました。

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲二戸市内の旧4号線では橋の工事。押して通れました

今回のコースは、二戸から一戸まで国道4号、一戸からは県道15号で葛巻、そして国道281号、国道340号、国道455号で岩泉を経由して三陸海岸の小本まで。岩手内陸北部から沿岸部へのルートは、国道395号や国道281号が一般的なので、今回のルートであれば交通量は少ないだろうという読みと、内陸からだらだら緩やかにと国見峠へと登り、その先は太平洋に向かってどーんと下る勾配からでした。

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲一戸町中心部に残る古い町並み

東北新幹線・二戸駅を9:10に出発して、旧国道4号線を走り始めました。途中、車両通行止めの看板がありましたが、いってみると自転車と歩行者はOKということで、橋を渡してもらえましたが、その先でいよいよ天下の1ケタ国道4号線へ。県道15号と分岐する一戸町小鳥谷地区までは代替えルートがないので、国道4号線を走らざろう得ません。乗用車や大型トレーラーと次々とやって、風圧、騒音はそうとうなものですが、このあたり馬淵川の渓谷となっていて、幹線国道の脇にこんなところがあるのをはじめてしりました。

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲国道4号線の脇には馬淵川の渓流がありました

小鳥谷でようやく国道4号と別れ、県道15号線へ。これまでの騒音がうそのような静かな道で、馬淵川に沿うようにして、左右ヘアピンを描きながら葛巻へと少しずつ高度を稼いでゆきます。進行方向のはるか先には嶮しい山々がたちはだかるので、この先に激しい峠があるように思えるのですが、実際には馬淵川と道は山と山の間をクネクネと走っているため激しい登り坂はありません。渓谷となっているところなどには狭隘区間があるものの全般的には片側1車両・白点線のセンターラインの良い道で、特に苦労することなくなく葛巻町に到着しました。

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲岩手県道15号は山と山の谷をぬってはしります

葛巻から岩泉の間は、コンビニ類がないので、葛巻で昼食・大休憩としました。葛巻市街地のはずれで国道281号(久慈方面)と国道340号(岩泉方面)が分岐しますが、ほとんど車は国道281号(久慈方面)へいってしまうので、国道340号の交通量はかなり少なくなっていまいました。再び馬淵川に沿うルートですが、開けている土地で1~2km置きに集落があって勾配もゆるく、むしろ県道15号沿線よりも人口は多そうです。県道202との分岐点が峠前の最後の集落のようで、ここから先は勾配がきつくなる峠道へと入ってきました。構えて臨んだ峠道でしたが、FSX氏と「いよいよ、佳境に入ってきました。がんばりましょう」などといっているうちに、あっけなく頂上へ着いてしまいました。とはいえ高度はしっかり稼いできたので、標高は650mぐらいありますので、岩泉側ははるかに山々が連なる景色となっています。

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲岩手県道15号。山は深いが峠はなし

峠から先は岩泉へ一方的な下り坂で、気持ちよく飛ばして下ってゆきます。途中、盛岡から来る国道455号との合流地点から少し交通量が増えますが、特に気になるものではありません。ルート的には岩泉・小本方面が主ではありますが、浅内で国道番号が340から455号と変わりましたが、よく整備されていて快適に走ることができます。

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲葛巻町の馬淵川

峠から一生懸命漕ぐこともなく、岩泉に到着しました。せっかくきたので、旧街道にレトロな街並みが残る「うれいら通り」と道の駅「いわいずみ」に寄り道をしました。岩泉からは約30分で小本集落へ到着しました。震災前であれば小本には温泉があったのですが、震災で廃業・・・。三陸鉄道の列車まで時間がありますが、風呂は諦めて小本港までいって海を眺めてから、津波避難ビルとして立派になった岩泉小本駅で終了としました。

本日、これからは田野畑に向かいたいところですが、田野畑駅前に宿が取れませんでしたので、宮古へいって宿泊。明日の朝に三陸鉄道で田野畑駅へ向かうことになります。

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲葛巻町の340号にて、キツネ登場

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲岩泉町と葛巻町の境となる国境峠

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲峠から岩泉方面を見ると標高があることがわかります

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲岩泉の蔵元で記念写真

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲小本港で三陸の海を眺めます

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲岩泉小本駅に到着

北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON
▲三陸鉄道で宮古へ

|

« 【書籍】Today’s railways Europe 2016/6 No.246 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年7月号 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

いよいよ(魔の?)三陸ツアーの始まりですね。
ホイールを換えたので貧脚をカバー出来れば良いですか…
出来る限り参戦したいと考えております。
宜しくお願いします。

投稿: ピナレロ | 2016年6月26日 (日) 17時07分

どーもです。
ホイール変更ですかぁ。いいですね~
アップダウンの三陸遠征への参加お待ちしております。

次回は宮古→釜石の沿岸遠回りです。
ルートラボでシュミレーションしましたが心折れそう・・・。

まずはよろしくです。

投稿: ブログ管理人 | 2016年6月26日 (日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/63832938

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】北上山地越え・馬淵川ツーリング(二戸・小本)by DAHON:

« 【書籍】Today’s railways Europe 2016/6 No.246 | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2016年7月号 »