« 【自転車】札沼・留萌線駅巡りツーリングby Dahon dash x20 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2016年5月号(No798) »

【鉄道】留萌本線の廃止予定区間(留萌/増毛)に乗ってみる

T_dsc_2318
▲廃止は終点となる留萌駅。国鉄時代からは変わりません

H28.5.1 砂川駅から新十津川駅を経由して留萌駅まで自転車で走って<【自転車】札沼・留萌線駅巡りツーリングby Dahon dash x20 http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/by-dahon-dash-x.html>きましたが、また午後4時と日没まで時間もあるので、夕方の列車で留萌から増毛までの廃止予定区間を1往復乗車することにしました。ちょうど留萌駅の窓口が16:30まで空いているので、留萌―増毛の往復切符と記念入場券を購入して記念にすることができました。

乗車したのは、
4929D 留萌17:08→増毛17:39
4934D 増毛17:47→留萌18:17
で、この時期ですとまだ日があるので、明るいうちに往復すること可能です。

T_dsc_2321
▲留萌から増毛まで360円。駅には券売機が1台

4929Dは旭川発増毛行なので、鉄道ファンも多いかなと思ったものの、留萌に到着すると大部分のお客が降りてしまい、そうでもなく留萌→増毛間は10人ぐらいのファンと地元客1名という陣容で、増毛に向かいました。途中の乗り降りはないものと予想していたのですが、駅に降りることを目的としている方などがいて、区間利用も方も何人かいました。

T_dsc_2331
▲留萌で大部分の乗客降りてしまい増毛まで乗っているのは鉄道ファンばかり

留萌―増毛間は、ずいぶん昔に乗っていますが、海が近いことと増毛駅以外はあまりよく覚えていないので、車窓から見る景色は新鮮です。線路は留萌を出発すると、海岸段丘を切通でかわして、そのまま海岸に出てしまい以降、増毛までほぼ海岸段丘の下を走っています。近年、留萌線は冬から春先にかけて雪崩の恐れで運休になっていますが、崖の下を走っているところがほとんどなので、これでは雪が崩れ落ちる訳です。

T_dsc_2337
▲瀬越付近からは車窓に日本海と雄冬崎が見えます

窓の外に日本海や雄冬崎など見えていますが、沿線には民家も多く、駅も北海道らしからぬ1~2kmにあります。今でこそ利用者も少ないようですが、以前は沿線の足となっていたことと思います。留萌―深川に比べるとよっぽど人口があるように思いますが、利用者は少ないようです。

4929Dは定時に増毛駅に到着。乗ってきた方々は、みなさん乗ってきた列車で折り返しなので、わずが10分たらずですが、写真を撮ったり、駅舎を覗いたりとそれぞれに忙しそうで、自分も明日自転車で来ることはわかっていましたが、写真をずいぶんと撮りました。

T_dsc_2364
▲増毛駅舎は小さな売店が入っています

17:47 4934Dで折り返します。気温は低く本州の真冬並みですが、天気は快晴で車窓は夕陽でオレンジ色になっていました。帰りは、ちょっと散歩をかねてと思い留萌の一つ手前で海の目の前にある瀬越駅で降りて、留萌駅前の宿まで歩くこととしました。

瀬越駅に降りるともう目の前の日本海に夕陽が沈むところで、なんとも良い雰囲気。天候に恵まれて、この駅で降りてみたことは正解でした。今年いっぱいでこの区間も廃止ということで、こういう駅がなくなるというのは、なんとも残念なことです。

明日はいよいよ、自転車で留萌-増毛間の駅巡りと撮り鉄活動です。

T_dsc_2376
▲訪れる人が多くなって立ち入り禁止のポールが立てありました。

T_dsc_2400
▲瀬越駅で下車。列車は留萌方面へ

T_dsc_2407_2
▲夕陽に染まった瀬越駅。駅から夕陽も見られます

|

« 【自転車】札沼・留萌線駅巡りツーリングby Dahon dash x20 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2016年5月号(No798) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/63651310

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】留萌本線の廃止予定区間(留萌/増毛)に乗ってみる:

« 【自転車】札沼・留萌線駅巡りツーリングby Dahon dash x20 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2016年5月号(No798) »