« 【鉄道】2015秋・関西鉄道めぐり<その2>北条鉄道 | トップページ | 【鉄道】2015秋・関西鉄道めぐり<その3>山陽電鉄・網干線に乗る »

【自転車】2016初漕ぎ・利根川堤防ツーリング(古河→取手)by輪行




Photo_2


<実施日>H28.1.1(金)
<車種>ARAYA MuddyFox(MF26EXP-K)
<起点>東北本線・古河駅(有人/売店あり)
<終点>常磐線・取手駅(有人/売店あり)
<距離>63.4km(古河駅12:40dp/取手駅16:20av)

<この区間の続きは【自転車】利根川下流ツーリング(取手→銚子)by DAHON
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/bydahon-9985.html

今シーズンは、ほんと気温が高めなので元旦ではありますが、初漕ぎに出かけました。DAHONは相変わらず休車中なので、Muddy foxを担いで古河駅まで輪行してスタートです。

利根川堤防ツーリング
▲西風がびゅーびゅーと吹いている中、古河駅を出発

気温が高めといっても冬ではある訳で、陽も短いので日中の2~3時間、それも平坦ルートということで利根川の堤防を走ってみることにしました。以前、渡良瀬川自転車道を古河まで走ったことがあるので、今回のその続きということで、渡良瀬川の堤防までいってから利根川に沿って取手を目指します。駅から渡良瀬川までは西向きに走ることになりますが、予報通りの強い西風で進むのがたいへん。堤防に上がってからも横風で油断している進路を逸脱しまいそうです。但し、利根川に入ってからは風を背負うことになりますので、こちらに期待です。利根川の堤防(渡良瀬・利根川自転車道)に入ると風は完全に追い風、その上微妙に下りですから、電動アシスト自転車状態でいつもなら出ないようなスピードで走行できました。渡良瀬川の堤防から境大橋まで写真撮影の停止も含めて所要30分で来たので、単純計算で平均33km以上というトンデモ記録となりました。下りの追い風、オソルベシです。

利根川堤防ツーリング
▲渡良瀬川堤防から利根川堤防へと入ります

境大橋からは橋を渡り千葉県側となる利根川の右岸に移ります。左岸は、古河坂東自転車道の標識がありましたが、こちらにはなく単なる堤防をということなのかもしれませんが、きちんと舗装されていて走行環境は抜群です。堤防だけに風景は単調で、ときどきやってくる橋が位置確認のポイントをなります。このまま順調に堤防の上を走れるものかと思っていたら野田市パブリックゴルフ場があって、堤防からそのまま一般の道路へと繋がってとなっていて堤防は終了。この先はスマホ・ナビを頼りに、大通りを避けながら集落の中を進みましたが、もう脇道はなく、とうとう県道7号に出てしまいました。

県道7号線は、関宿町から我孫子方面へ抜ける道だけの元旦でも非常に車が多く、いままでの堤防とは走行環境が激変です。数キロ先からは再び堤防に戻りますが、モチベーションが一気に低下して、途中のコンビニでコーヒ+ドーナッツの休憩となりました。気持ちを切り替えて、県道7号と利根運河がクロスするあたりから再び利根川の堤防へ戻ることができました。陽も落ちてきて風も弱くなってきましたが、相変わらず追い風で好調に走って行きました。

利根川堤防ツーリング
▲風は強いのですが天気はよく群馬の山々が見えていました

と、このまま順調に行くだとうと思いながら、新大利根橋をくぐり、利根川にかかる国道6号、常磐線の橋も見えてきて、取手駅前のビルも見えてきました。ここまで来ればあと数キロで本日終了と思っていたら、堤防上の舗装が突然、砂利道へ。マウンテンバイクなので、強気でひるむことなく走ったものの、走りにくいこと、走りにくいこと。その上、振動でミラーを落としたことに気付き、戻るハメになってしまいました。路面を凝視しミラーを探し、見つかったものの、舗装→砂利になってすぐの数十メートルで落としていて、砂利道走行はまったくの時間の無駄となってしまいました。

利根川堤防ツーリング
▲利根川・江戸川分岐地点の境町の常夜灯記念碑前にて

この先、どういうルートがベストかと周囲を見ると、走ってきた堤防の内側にさらに堤防を発見。そこを走ることにしましたが、この堤防も1km強で砂利道となっていて走行は不可。河川敷には、車が数珠つなぎで走っている農道もあったのですが、そこを走る気にはなれず、この場に及んでスマホで利根川情報を収集し、結局、新大利根橋を渡り、茨城県側の利根川左岸を走ることにしました。こちらは大部分が舗装されていましたが、国道6号の橋の手前数キロにはゴルフ場が河川敷にあって、はやり砂利道となっていました。しかし、江戸川学園の脇から一般道に入りることができましたので、問題なく取手駅に向かうことができました。

利根川堤防ツーリング
▲境大橋を渡って、千葉県側へ

最初は、好調に走って利根川でしたが、途中迷子になってことで1時間以上ロスしてしまったようです。利根川は平野部の河川だけに舗装された堤防がずっと続いているものだと勝手に思っていましたが、一部に非舗装区間もあることを知りました。新年初漕ぎで利根川の実態をはじめて知ったのでした。

それにしても、新大利根橋から国道6号線まではそんな距離でもないので舗装しても良さそうです。今後の整備に期待です。

<この区間の続きは【自転車】利根川下流ツーリング(取手→銚子)by DAHON
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/bydahon-9985.html

利根川堤防ツーリング
▲新大利根橋の南側で舗装が突然終わってしまいます

利根川堤防ツーリング
▲茨城県側へ渡って、取手方面へ

利根川堤防ツーリング
▲道に迷いましたが取手駅に到着。輪行で帰路へ

|

« 【鉄道】2015秋・関西鉄道めぐり<その2>北条鉄道 | トップページ | 【鉄道】2015秋・関西鉄道めぐり<その3>山陽電鉄・網干線に乗る »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/63064500

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】2016初漕ぎ・利根川堤防ツーリング(古河→取手)by輪行:

« 【鉄道】2015秋・関西鉄道めぐり<その2>北条鉄道 | トップページ | 【鉄道】2015秋・関西鉄道めぐり<その3>山陽電鉄・網干線に乗る »