« 【自転車】SPDペダル輪行試運転(白坂→烏山)byARAYA MuddyFox | トップページ | 【鉄道】謹賀新年・・・2015年の年賀状 »

駅を旅する(3)間もなく解体される木造駅舎/東北本線・安達駅

JR東日本・仙台支社のwebサイトを見ていたら東北本線の安達駅がH28.1.23から新駅舎になるとのアナウンスを発見。共用開始後、すぐさま工事用フェンスが張られ古い駅舎はもちろん取り壊しとなるはずです。さっそく最後の姿を撮るべく安達駅を訪ねてみました。新駅舎は現駅舎の北側に作られているので、仮駅舎を作ることなく現行駅舎を最後まで使うことになっています。

東北本線・安達駅(h27.12.29)
▲外壁は補修されていますが、まさ古い駅のスタイルです

入母屋造りに軒を付けている姿は大正時代や昭和初期の駅舎の雰囲気が伝わってきます。駅の開業は大正6年(1917)とのことなので、改築や改装はしていても、もしかすると開業からの建築物の可能性がありそうです。線路側改札の脇に閉塞機や信号扱い機器などを操作していた凸型の部屋。昭和40年の構内配線図を見ると、上りに側線がありますので、複線化が行われても信号操作などは行っていたことでしょう。ホームと駅舎の位置からすると当初は、跨線橋がなかったでしょうから、下本線を横断してホームと駅舎を行き来してにいたに違いありません。

東北本線・安達駅(h27.12.29)
▲「さよならイベント」のためのイルミネーションの塔が正面に・・・

外見こそ、古い駅舎の面影がありますが、待合室や出札窓口などはすっかり改造されて、小荷物窓口があった思われるところには自動券売機も埋め込まれて、古さをあまり感じませんが、有人駅であるために、待合室では掃除されてストーブが焚かれていて、荒れた感じはしませんでした。

せっかく来た安達駅を、ぜひ正面から撮りたいと思ってやってきたのですが、撮影をじゃまするかのように「さよなら」と書いたケバケバしいイルミネーション用の塔が「どーん」と置かれています。もっとも、最近は地区に駅があっても関心も寄せず、なんとも思われずに解体される駅舎も多くあるなかで、これだけ盛大にさよならセレモニーをやってくれる地元グループがあるということはたいへんすばらしいだと思います。とはいっても、きれいに駅舎の写真を撮りたかった・・・。

東北本線・安達駅(h27.12.29)
▲駅舎入り口

東北本線・安達駅(h27.12.29)
▲線路側から駅舎を見る信号操作室も見えます

東北本線・安達駅(h27.12.29)
▲島式ホームの先端に駅舎が位置しています

東北本線・安達駅(h27.12.29)
▲駅舎の南隣にある石造りの倉庫これもレアものでは?

東北本線・安達駅(h27.12.29)
▲駅の裏にある材木屋の倉庫も石造りでした

東北本線・安達駅(h27.12.29)
▲H28.1.23から供用開始になる新駅舎も外構工事を残すだけ

昭和40年・国鉄安達駅構内配線図
▲<参考>昭和40年の国鉄安達駅構内配線図

|

« 【自転車】SPDペダル輪行試運転(白坂→烏山)byARAYA MuddyFox | トップページ | 【鉄道】謹賀新年・・・2015年の年賀状 »

駅を旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅を旅する(3)間もなく解体される木造駅舎/東北本線・安達駅:

« 【自転車】SPDペダル輪行試運転(白坂→烏山)byARAYA MuddyFox | トップページ | 【鉄道】謹賀新年・・・2015年の年賀状 »