« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/10 No.238 | トップページ | 【鉄道】2015.10月の三連休2日目~インパクトがありすぎの妖怪列車・境線 »

【鉄道】2015.10月の三連休2日目~長門市→米子クロスシート車で乗り鉄

<【鉄道】2015.10月の三連休初日~山口宇部空港からJR宇部線へ乗り換え
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/201510-776d.html
の続き>

2015.10月連休2日目は、長門市から米子、境線往復して、鳥取へ。そこからは特急列車で一気に京都へ向かう丸一日の乗り鉄活動です。

長門市駅
▲駅前の安宿から見た長門市駅

山陰本線は、国鉄時代に全線を乗り通しているので未乗区間はありませんが、JR化以降乗っていない長門市~江津については、記憶があいまいで未乗線区みたいなもの。加えて、益田と米子を3時間半かけて走る「快速アクアライナー」を乗り通してみたいと思いがあり山陰までやってきました。
ということで、本日の鳥取までの列車は下記の通りです。
1562D 長門市7:02→益田8:55 キハ47×2
3452D 快速アクアライナー 増田9:27→米子12:56 キハ126系×2
1645K 米子13:31→境港14:14 キハ40×2
1648K 境港14:22→米子15:07 キハ40×2
3426D 快速鳥取ライナー 米子16:12→鳥取17:50 キハ126系×2

駅前旅館を早起きして乗った長門市発益田行き普通列車は、キハ47の2連。山陰本線の中でも閑散区間だけにロングシートが残念なキハ120だろうと思っていただけにこれはラッキーでした。すれ違う長門市方面行き列車にはたくさんの乗客が乗っていましたが、こちらの列車の乗客は少なく、特に2両目は終始空いていて、クロスシート車に乗り、車窓には日本海が広がるという贅沢な列車旅を満喫しながら益田に到着しました。

山陰本線.1562D
▲休日は長門市始発となる1562Dはキハ47を使用

益田からは少し待って俊足の「快速アクアライナー」の米子行きに乗車します。益田駅の売店では快速列車の乗客と思える方がビールやつまみを購入(自分も同じく)していて、酒類を買わないにしてもちょっと口にできるものを買う人も何人かしました。所要は米子までは3時間半、出雲市までの2時間ですから乗る前に買っておこうということでしょう。折り返しとなる列車の到着前には、ホームに大きな荷物を持った乗客のちょっとした行列ができていて、近くの駅までの利用ではなく席を確保するぞという意気込みを感じます。

山陰本線・三見駅
▲途中、三見駅でキハ120の1562D長門市行と交換

3452D 快速アクアライナーは、片側2ドアでクロスシートとなっているキハ126で、最近の普通列車用の車両としては非常に快適な車両で、これならば3時間半も苦になりません。同じ形式でも0番代と10番代の違いあるようで、イスの肘掛がパイプだったので0番代のようです。益田出発時点でボックスの2/3ぐらいの座席が埋まり出発しました。出雲市や米子方面への乗客が多いようですからの荷物棚には大きな荷物、飲んでいる人、食べている人など車内は優等列車のようです。

山陰本線の車窓(奈古-長門大井)
▲山陰本線の車窓はなんといっても日本海!(奈古-長門大井間)

キハ126は新系列気動車だけに走りだしは、先ほどの40系気動車とはまったく違い、まさにパワフル。振り子機能こそありませんが、俊足で駅をどんどん通過していてゆきますので、スピード感は特急並み。俊足で料金不要ということで、停車駅ごとに乗客が少しずつ増えてきて、太田市出発の時点で座席の3/2が埋まりました。出雲市で1/3の乗客が入れ替わり、ここから先は各駅停車。宍道湖が車窓に見えるあたりからは、乗客が増えてきて座席100%埋まり、デッキ付近に立つ人も出てきました。そして県都・松江でたくさんの人が入れ替わって、米子には少し空いた感じで到着しました。

キハ126(益田駅)
▲益田からはキハ126を使った快速アクアライナーに乗車

過去にこの区間を乗ったときは、キハ120のロングシートばかり、しかも乗客も多く正直イマイチでした。今回、益田―米子3時間半は、天気も良いしビールを片手に海を見ながらで大満足。やはり、大いなるローカル線である山陰本線を乗るはクロスシート車に限ります。

この先、米子からは、そのまま鳥取へ行かず境線を往復してみます。

この続きは、

【鉄道】2015.10月の三連休2日目~インパクトがありすぎの妖怪列車・境線
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/201510-e383.html

【鉄道】2015.10月の三連休2日目~因美線内は揺れる特急スーパーはくと
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/201510-f57a.html

キハ126-0車内
▲クロスシートが並ぶ車内では、汽車旅が味わえます

スーパーおき2号・しまねっ子
▲快速アクアライナーの米子着6分後に到着する後続の特急スーパーおき2号はしまねっ子カラーでした

|

« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/10 No.238 | トップページ | 【鉄道】2015.10月の三連休2日目~インパクトがありすぎの妖怪列車・境線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/62605405

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】2015.10月の三連休2日目~長門市→米子クロスシート車で乗り鉄:

« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/10 No.238 | トップページ | 【鉄道】2015.10月の三連休2日目~インパクトがありすぎの妖怪列車・境線 »