« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/7 No.235 | トップページ | 【書籍】運輸と経済2015年7月号 »

【自転車】[輪行]金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyミニベロ

1313_2399


<実施日>H27.7.11(土)
<車種>DAHON DASH X20
    Pinarello FP1
<起点>奥羽本線・かみのやま温泉駅(有人/売店あり)
<終点>福島交通・飯坂温泉駅(有人/コンビニあり)
<距離>54.8km(かみのやま温泉駅10:20dp/飯坂温泉駅16:20av)

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲かみのやま温泉駅をスタート

H27.7.11本日は、山形県上山市から奥羽山脈を越え(宮城県を通過して)福島市への3県跨ぎのツーリングです。このルートは55kmと、さほどの距離ではありませんが、上山から一気の登って金山峠(620m)を越え、さらに稲子峠(630m)と2つの峠を越えてから福島盆地へと下ってゆきます。

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲県道13号を東に向かうと本日越える山々が見えてきました

上山から県道13号を走ると峠の手前にある「楢下宿」を通過します。このルートは江戸時間からの街道ということで、旧宿場町だったそうで、文化財となっている建物も複数あり、隠れた観光地のようです。せっかくなので、旧街道を走り、こんにゃくの試食や記念写真など撮りました。ここを過ぎるといよいよ金山峠へとアプローチすることになります。南陽市への県道と分かれ、しばらくすると大型車侵入禁止の狭隘道路となり峠へ向かいます。

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲スタートして1時間もしないうちに「楢下宿こんにゃく番所」で試食

古い街道だけに、勾配はそれほどキツくなく、かつ一定で、トンネルもなく山の形に沿って、つづら折りに高度を稼いで行きます。狭い県道なので車は少ないかと思いきや5分に1回の割で通過車両があり、地元の人の移動ルートになっているようです。また、途中、何度かサルの群れが道路で出ていて、こちらが近づいても逃げるそぶりも見せず、向こうの数の方が多いだけに、こちらからはちょっかいを出すことなく通り過ぎました。

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲楢下宿には、江戸時代の建物も複数残っています

かみのやま温泉駅を出て約2時間で金山峠に到着して記念写真を撮影。ここから宮城県となりますが、宮城県側は道路が整備されていて、上下2車線の白点線道路となっていました。峠から七ヶ宿の国道113号まで緩やかな下りとなるため、約20分で国道に入り、七ケ宿町湯原集落の手打ちそばやで昼食としました。

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲知らないと引き返してしまいそうな金山峠への入り口

昼食の後は、2つめの峠となる稲子峠を目指します。この峠へは、国道113号から町道を使うことになりますが、国道から稲子集落までほぼ無人地帯。車もほとんど通らないので、熊注意ルート。出くわすのもイヤなので、ブルートゥーススピーカーから音楽を鳴らしながら峠へと向かいました。車は来ませんでしたが、峠の反対側からは4-5台の自転車とすれ違いました。国道113号から稲子峠の標高差は約150mですので、問題なく峠到着です。樹が多いので景色に広がりはありませんでした。

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲狭隘道路の割に車が通ります

ここから飯坂温泉までほぼ緩やかな下り坂。稲子集落まで下ってから国道399号へ入り、国道とは3ケタなので、狭隘なワインディングロートと樹のトンネルの中を気持ちよく下ってゆきます。そして茂庭っ湖が見えてくると道幅一気拡がり、ダムサイドロードへ。その昔、逆方向(飯坂→鳩峰峠/赤湯)を走ったことがありますが、飯坂に向かって下る方が断然景色は良いように思いました。

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲前方にさるの群れ。10匹以上いました

摺上川ダムで休憩。ここからから飯坂温泉までは13kmちょっとで、国道399号で引き続き走りますが、ダムを境に車がぐっと増えました。上下1車線ですが車線が狭い黄色のセンターライン、しかもカーブも多く、下り坂でこちらのスピードもありますので、慎重に運転しました。

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲宮城・山形県境の金山峠

標識に従って、飯坂温泉街へと入ってきました。そのまま駅には行かず、お楽しみの公衆浴場へ向かいます。本日は、飯坂温泉駅から橋を渡ったそばにある「導専の湯」へ。この浴場は、通常の熱い湯船と温い湯船(それでも熱め)の二つがありましたので、ゆっくりと浸かることができました。風呂でさっぱりしてから温泉駅でツーリングが終了となりました。

本日は、短い距離でしたが、峠二つと手打ちそば、そして湖、温泉となかかな良いルートでした。

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲宮城県側の県道13号線は整備され峠手前の集落まではバスも走る

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲七ケ宿・湯原で手打ちそばをたべました

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲国道113号から町道で稲子峠へ。ひと気も車の通行もきません。クマ注意!

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲稲子峠から福島方向を見る

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲稲子集落から国道399号をしばらく下ると宮城・福島の県境

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲崖の下に「茂庭っ湖」が見えてきました

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲摺上川ダムで休憩。飯坂温泉まではあと13キロ

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲輪行の前に2つの湯船がある飯坂温泉「導専の湯」で汗を流す

金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyダホン dash x20
▲おなじみの飯坂温泉駅から輪行

|

« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/7 No.235 | トップページ | 【書籍】運輸と経済2015年7月号 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/61955419

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]金山峠・稲子峠で3県跨ぎツーリングbyミニベロ:

« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/7 No.235 | トップページ | 【書籍】運輸と経済2015年7月号 »