« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/6 No.234 | トップページ | 【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No54 2015夏号」 »

【自転車】下北半島縦断・横断<その2>(むつ→八戸)by DAHON

国道338号青森県道19号

<実施日>H27.6.21(日)
<車種>DAHON DASH X20
        Tyrell FSX
<起点>大湊線・下北駅前の宿
<終点>東北新幹線・八戸駅(有人/売店ありあり)
<距離>123.4km(下北駅前6:00dp/六ヶ所図書館av八戸駅14:40av)

下北半島・縦横断の2日目は、下北駅前を出発して国道338号で東へ向かい太平洋へ。そこからは下北半島のまさかりの柄の部分を南下して八戸へと向かう約120キロのコースです。

<前回:【自転車】下北半島・縦横断<その1>(牛滝→むつ)by DAHON
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/by-dahon-5d00.htmlの続き>

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲下北駅前の「下北荘」を6:00に出発

6:00に宿屋のおかみさんに見送られて出発しました。西の空は快晴ですが東の空は雲がかかっていて、本日の天気は期待できないかもと思いつつむつ市街地を抜けて、国道338号へ。アップダウンを繰り返しながら途中にある横流峠を越えて、いよいよ下北半島の太平洋エリアを入ってきました。『下北半島横断』とタイトルを付けていますので、こだわりで国道から脇道にそれて「小田野沢漁港」へ。太平洋をバックに記念写真を撮りました。これで津軽海峡・牛滝から太平洋・小田野沢を走り抜き半島横断が完了しました。

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲六ヶ所村の太平洋に面した小田野沢漁港

再び国道338号へ戻り南下します。林のなかを進んでゆきますが、原発関連の敷地となっているので民家はありません。白糠集落からは太平洋沿いを走ることになりますが、風の影響か地形の影響なのか、それまで晴れていた天気が、海霧に覆われ一気に視界が悪くりました。しかも気温もぐっと下がってきて肌寒いぐらいです。白糠地区の国道338号、バイパスと海岸の峠の2ルートがあり、当然、景色を期待して後者を走ったのですが霧は厚く、景色を楽しむことをできるに通過してしまいました。もし天気がよければ本日の見せ場だっただけに誠に残念。

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲国道338号。東通原発のPR館が見えてきました

峠を越えて六ヶ所村に入り、再び道は平坦となりましたが霧は取れてくれません。本日はこのままの状態かと心配していましたが、自転車を進めて行くと霧が取れ始めました。役場がある六ヶ所の中心あたりまでくると完全に天気は回復。しかし、気温は低めのままです。六ヶ所図書館の隣にあるスーパーで早めの昼食兼休憩としました。

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲東通村・六ヶ所村境の峠は海霧で視界不良で残念

六ヶ所村からも引き続き国道338号を走ります。ここから先は、これまでと違って「ぐっ」と交通量が増えてきて、以降、八戸が近づくごとに車が増えてゆく感じです。地図で見ると道路から海は近いのですが、実際に海が見えるのは三沢飛行場ぐらいからで、基本は原生林や海岸林、そして沼地や湿地帯の景色の中を走ります。ほとんど坂はありませんのでピッチを上げて進んで行きましたが単調な道のりです。

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲六ヶ所村の尾鮫沼で記念写真

走行距離が100kmに達した三沢付近からはモチベーションが下がってしまい、タイレルのお友達から徐々に遅れるようになってしまいました。小休止をして、おいらせ町まで来ると八戸港の製紙工場の煙が見えて八戸まではあと少し。八戸港方面への県道19号へと入りしばらく走ると、片側2車線の産業用道路となりました。風景も大型倉庫などある港湾地区となりこれまでとは一転。フェリーふ頭に立ち寄って休憩したのちに、八戸駅前にある温泉で汗を流してから、本日の終点となり八戸駅で終了となりました。

東北外周の旅は、ようやく下北半島が終了しまして、半島のデカサと面白さを実感しました。

<【自転車】北三陸ツーリングby小径車(青森・岩手県境越え)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/by-d5c6.htmlに続く>

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲六ヶ所村から三沢にかけては人家がほとんどないルート

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲三沢空港近くまで来ると太平洋が見えました

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲県道16号に入ると八戸港にある工場の煙が近づいてきます

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲八戸フェリーターミナルでは北海道航路のフェリーが停泊中

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲八戸駅前のはちのへ温泉で汗を流してから駅へ

下北半島縦横断(むつ→八戸)by DAHON Dash X20
▲八戸駅に到着しました

|

« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/6 No.234 | トップページ | 【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No54 2015夏号」 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/61876756

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】下北半島縦断・横断<その2>(むつ→八戸)by DAHON:

« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/6 No.234 | トップページ | 【書籍】日本民営鉄道協会機関誌「みんてつ No54 2015夏号」 »