« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/3 No.231 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2015年4月号(No785 »

【鉄道】三陸鉄道本社へ展示物を借りに行く

三陸鉄道本社
▲久しぶりの三陸鉄道本社。宮古駅の2階にあります

東北福祉大・鉄道交流ステーション第22回企画展「鉄道の復興 その時、今、あした」(4/7~7/4)が始まるのに先立ち、H27.3月末に三陸鉄道本社へ大学関係者と一緒に資料を借りに行きました。

なんといっても目玉は、3/11の災害発生から3/31までの災害対策本部の動きを記録したノート、そして列車を本部に使って会議を開いたときにつかったホワイトボード。どれも当日の緊張感が伝わってくるものです。そのほか、震災後初列車の運転時刻表やヘッドマークなどをお借りしました。ヘッドマークやホワイトボードは会期中ずっと展示されますが、お宝である現物ノートは期間限定なので早い時期に見ることをオススメ。

三陸鉄道本社
▲災害対策本部の動きを記録したノートと運転時刻表

三陸鉄道本社
▲ホワイトボードも字が消えないに丁寧に梱包

業務終了後は、宮古駅に停車中の炬燵列車を見学。以前に比べると車両は20mの大型車になったのでゆったりしている感じです。せっかく来た三鉄なので、大学関係者には宮古から小本までこの列車に乗車してもらい、自分車で小本まで追っかけることにしました。

仕事ではありましたが、楽しい一日でした。

三陸鉄道こたつ列車
▲停車中の炬燵列車を見学

三陸鉄道こたつ列車
▲大きなテーブルが印象的な炬燵列車

三陸鉄道こたつ列車指定券
▲炬燵列車の指定券は硬券でした!

三陸鉄道36-700
▲小本駅まで向かう途中摂待駅付近で114Dとすれ違う

三陸鉄道・小本駅
▲高速道路ができると背景が大きく変わるようです(小本駅)

三陸鉄道・小本駅
▲小本駅に到着する115D

|

« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/3 No.231 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2015年4月号(No785 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

へっちさん

三鉄さんの資料借用におつきあいいただきありがとうございました。
また、いつもご協力ありがとうございます。

遠路、宮古までうかがって門外不出の資料をお借りできて良かったです。

鉄道交流ステーション 「鉄道の復興 その時、今、あした」 第Ⅰ部では
三陸鉄道のほか、仙台空港鉄道、JR貨物東北支社、仙台臨海鉄道から資料をお借りして、
民鉄と貨物を中心に、震災当時の緊張感が伝わる資料や、
鉄道魂を感じる必死の復旧、
満身創痍の中で鉄道の輸送力が牽引した被災地の復興、
そして課題も含めた現在の被災路線の姿を、
市民の皆様にお伝えできるよう展示をしております。
ぜひ、足をお運び下さい。

http://www.tfu.ac.jp/rmlc/index.html

なお、レポートにある「災害ノート」は4月18日までの展示です。
翌週からは複写を展示しますので、本物がご覧になりたい方は、ぜひお早めにおいで下さい。

鉄道交流ステーション(S)

投稿: 鉄道交流ステーション | 2015年4月11日 (土) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/61392593

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】三陸鉄道本社へ展示物を借りに行く:

« 【書籍】Today’s railways Europe 2015/3 No.231 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2015年4月号(No785 »