« 【鉄道】ついで参り(39)久ぶりの北リアス線を訪ねる | トップページ | 【自転車】DAHON DASH X20 スポーク破損でリアホイール全交換 »

【鉄道】第3回国連防災世界会議/JR東日本のパブリックフォーラム

国連防災世界会議/JR東日本「東日本大震災への対応・復旧及び今後の課題等について
」


H27.3.14-18まで仙台市で第3回国連防災世界会議が開催されていることは知っていたものの、「関係ない」特に気にすることもなかったのですが、JR東日本が会議の一環としてパブリックフォーラム『東日本大震災への対応・復旧及び今後の課題等について』を3.17に開催することのこと。関係者から席を用意するので来ないかとのお誘い受けたので、言ってみることにしました。
フォーラムとはなっていますが、パネルや意見交換はなく、基本的にはJR東日本関係者による震災以降の対策と復興の現状と今後について講演で、質疑などはもちろんありませんでした。
内容は下記の通りです。
① JR東日本における震災対策の取組み
 JR東日本 執行役員 鉄道事業本部安全企画部長 渡利千春氏
② 東日本大震災の体験談から
 ~実際にその時に何があったのか、そこから何を学んだか~
 JR東日本 仙台支社仙台運輸区長 五十嵐一博氏
③ 東日本大震災のJR東日本における鉄道復旧の取組み
 JR東日本 執行役員 総合企画本部復興企画部長 熊本義實氏

Wcdrr
▲JR東日本によるパブリックフォーラムの様子

①震災対策は、それなりに知られていることなのでそれほど新しい情報はありませんでした。②の体験談はリアルな話が聞けてなかなか興味深いものがありました。③鉄道復旧関係は、集まった方々の関心事ではあったと思うのですが、恐らく現地での説明会でも使ったと思われるパワポを使ってBRTの利便性と大船渡と気仙沼線の鉄道復旧は難易度が高いことを訴えていていました。新しい情報としては、常磐線について触れていて、高速道路の線量が除染でかなり下がることが分かったそうで、時期は明確にしませんでしたが、なんとか全線復旧はしたいとのことでした。

各講演は約1時間で計3時間の長丁場の講演でしたが、行政や学術、JR関係者をはじめ一般の方も多く参加して立ち見が出るぐらいの盛況ぶりでした。

|

« 【鉄道】ついで参り(39)久ぶりの北リアス線を訪ねる | トップページ | 【自転車】DAHON DASH X20 スポーク破損でリアホイール全交換 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/61307100

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】第3回国連防災世界会議/JR東日本のパブリックフォーラム:

« 【鉄道】ついで参り(39)久ぶりの北リアス線を訪ねる | トップページ | 【自転車】DAHON DASH X20 スポーク破損でリアホイール全交換 »